九州地方のスキー場・ゲレンデでのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 九州地方のスキー場・ゲレンデ

九州地方(佐賀県/大分県)|スキー場・ゲレンデでのバッテリー上がり救援サービス

九州地方のスキー場・ゲレンデでのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
九州地方のスキー場・ゲレンデのバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

九州地方(佐賀県/大分県)にはスキー場がたくさんありますが、冬場12月~4月位まで多いのが、スキー場・ゲレンデでのバッテリー上がりです。バッテリー上がりは、マイカーのオーナーにとって一番身近で起こり易いトラブルではないでしょうか。特に寒い冬はバッテリーが上がりやすい季節なので注意が必要です。

九州地方(佐賀県/大分県)のスキー場・ゲレンデでバッテリーが上がり、クルマのエンジンがかからない時は、すぐ駆け付けますので、生活トラブルSOSにご連絡ください。 バッテリー上がりのジャンピング(ケーブルでつなぐ)作業を出張で行い、エンジンの始動を行います。

「バッテリーが上がってエンジンがかからない!」「車が止まってしまって動かない!」等、バッテリーのトラブルは不意に起こります。スキー場・ゲレンデでバッテリー上がりでお困りの際は、生活トラブルSOSの自動車のロードサービス、バッテリー上がり対応サービスにお任せください。生活トラブルSOSのロードサービスは、24時間365日対応で電話受付しており、専門オペレーターが懇切丁寧に迅速対応させていただきます。

九州地方(佐賀県/大分県)|【スキー場・ゲレンデ】サービス対応エリア

九州地方のスキー場・ゲレンデのバッテリー上がり対応情報

生活トラブルSOSのロードサービスは、全国の加盟店ならびに提携業者による均一価格で、お客様に一番近いエリア担当が、「近い、早い、安い」の格安な安心価格システムにてお伺いさせて頂きます。全店賠償責任保険加入済み店ですので、作業中の事故・損傷の場合も安心です。

年間契約等、事前の面倒な手続きはありません。必要になった時にいつでもご利用いただけます。

九州地方のスキー場サービス対応エリア

  • 佐賀県
    天山リゾートスキー場
  • 大分県
    九重森林公園スキー場
    ・・・など周辺地域

※上記に記載がない九州地方(佐賀県/大分県)のスキー場の場合は、お電話の際にお問い合わせ下さい。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

エンジンのかかりが悪い時はバッテリー以外が故障していることもあります。

バッテリー上がりトピックス

バッテリーの寿命は車の使い方に左右されますが、2~3年が寿命と言われています。もし、新車購入や新しいバッテリーに交換してから1年以内にエンジンのかかりが悪くなった場合は、オルタネーターやスパークプラグの不具合を疑う必要があります。

ジャンピングでエンジンが始動しない場合

バッテリー上がり救援のご依頼をいただいた際に、エンジンをかけようとした時のお車の症状や、ライトの消し忘れなどバッテリー上がりになった過程、そしてバッテリーの使用年数などを確認しております。しかし、現地でジャンピングやバッテリー交換を行ってもエンジンが始動できない場合は、エンジントラブルの可能性が考えられます。

エンジントラブルの際は、お客様のご自宅や最寄りの修理工場へのレッカー搬送など、別の作業が可能な場合は、ご案内しながら作業を行います。

バッテリーの状態で判断する

バッテリーの交換時期は、バッテリーの状態でも判断することができます。

(1)バッテリー液が減り、補水してもすぐに減ってしまう。
→劣化が進んでいると、バッテリー液の減りが早くなります。

(2)セルごとにバッテリー液の減り方が異なる。
→バッテリーの内部は6つに分かれています。減り方が異なる場合は局所的に劣化が進んでいる場合があります。

(3)バッテリーの本体が膨らんで見える。
バッテリー液が減り難い「メンテナンスフリー」のバッテリーも、一般的に使われるようになってきましたので、バッテリーの状態チェックまでは必要ないかも知れません。

バッテリーの日常点検

クルマのボンネットを開けて、日常的にバッテリー点検を行うことで、バッテリーの交換時期などが判断できる様にもなります。バッテリーの日常的な点検内容としては、
●バッテリーの外観:側面が膨らんだりして変形していないか? 損傷している部分はないか?
●端子:腐食したり、白っぽい粉状のものが付着していないか?
●液面:規定内の範囲に液面があるか? またセルごとに液面のバラツキがないか?
●液漏れ:バッテリー液が漏れていないか? 減っている時は補充(直接触れない様に注意)
●端子やバッテリー本体がしっかりと固定されているか?
クルマの使用状況などにもよりますが、一般的に新しいバッテリーに交換後2年くらいから性能低下が始まります。気温の低い地域に行った時など、環境の変化で突然バッテリーの性能が低下してエンジンがかからなくなってしまう場合もあります。バッテリーの日常点検、そして交換時期を知らせる症状が現れた時は、早めにバッテリー交換をされた方が良いでしょう。

九州地方のスキー場・ゲレンデでのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
九州地方のスキー場・ゲレンデ対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→