四国・中国地方のスキー場・ゲレンデでのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 四国・中国地方のスキー場・ゲレンデ

四国・中国地方(愛媛県/高知県/広島県/岡山県)|スキー場・ゲレンデでのバッテリー上がり救援サービス

四国・中国地方のスキー場・ゲレンデでのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
四国・中国地方のスキー場・ゲレンデのバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

四国・中国地方(愛媛県/高知県/広島県/岡山県)にはスキー場がたくさんありますが、冬場12月~4月位まで多いのが、スキー場・ゲレンデでのバッテリー上がりです。バッテリー上がりは、マイカーのオーナーにとって一番身近で起こり易いトラブルではないでしょうか。特に寒い冬はバッテリーが上がりやすい季節なので注意が必要です。

四国・中国地方(愛媛県/高知県/広島県/岡山県)のスキー場・ゲレンデでバッテリーが上がり、クルマのエンジンがかからない時は、すぐ駆け付けますので、生活トラブルSOSにご連絡ください。 バッテリー上がりのジャンピング(ケーブルでつなぐ)作業を出張で行い、エンジンの始動を行います。

「バッテリーが上がってエンジンがかからない!」「車が止まってしまって動かない!」等、バッテリーのトラブルは不意に起こります。スキー場・ゲレンデでバッテリー上がりでお困りの際は、生活トラブルSOSの自動車のロードサービス、バッテリー上がり対応サービスにお任せください。生活トラブルSOSのロードサービスは、24時間365日対応で電話受付しており、専門オペレーターが懇切丁寧に迅速対応させていただきます。

四国・中国地方(愛媛県/高知県/広島県/岡山県)|【スキー場・ゲレンデ】サービス対応エリア

四国・中国地方のスキー場・ゲレンデのバッテリー上がり対応情報

生活トラブルSOSのロードサービスは、全国の加盟店ならびに提携業者による均一価格で、お客様に一番近いエリア担当が、「近い、早い、安い」の格安な安心価格システムにてお伺いさせて頂きます。全店賠償責任保険加入済み店ですので、作業中の事故・損傷の場合も安心です。

年間契約等、事前の面倒な手続きはありません。必要になった時にいつでもご利用いただけます。

四国・中国地方のスキー場サービス対応エリア

  • 愛媛県
    アクロス重信/久万スキーランド/ソルファオダスキーゲレンデ/石鎚スキー場
  • 高知県
    天狗高原スキー場
  • 広島県
    吾妻山/恐羅漢/スキーパーク寒曳/スノーリゾート猫山/道後山高原/芸北高原大佐/芸北国際/県立もみのき森林公園/ひろしま県民の森/めがひら/やわたハイランド191リゾート/ユートピアサイオト/りんご今日話国スキー場
  • 岡山県
    いぶきの里/大茅/恩原高原/ひるぜんベアバレー/千屋/上蒜山/神郷第一スキー場
    ・・・など周辺地域

※上記に記載がない四国・中国地方(愛媛県/高知県/広島県/岡山県)のスキー場の場合は、お電話の際にお問い合わせ下さい。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー交換時期の判断

バッテリー上がりトピックス

車やバイクのバッテリーは消耗品ですので、ずっと使っていれば劣化して交換が必要になります。バッテリーが上がってしまい、エンジンがかからなくなってしまってからバッテリーを交換するのでは遅過ぎます。

また、バッテリーを交換するには費用がかかりますので早過ぎるのも考えものです。そのため、自分が適切と思えるタイミングを判断してバッテリーを交換するのが理想的です。

バッテリーの交換時期の判断方法は何通りかありますが、主に以下の様な方法で判断されると良いでしょう。

セルモーターの音とエンジンのかかり具合で判断する

バッテリーに問題がない時は、セルモーターは元気な音ですぐにエンジンが始動しますが、バッテリーが弱ってくるとセルモーターの音が弱々しくなり、エンジンがすぐに始動しなくなります。この様な状態になるとバッテリーは寿命を迎えていますので、なるべく早く新しいバッテリーに交換する必要があります。

バッテリーの寿命は、車の使い方次第で変わってきますが、使い始めから2年以上経っている場合は、普段からエンジンを始動する時に意識してセルモーターの音やエンジンのかかり具合を気にする様にすると良いでしょう。

ワイパーやパワーウインドウの作動状態で判断

エンジンがかかっていない状態では、ワイパーやパワーウインドウはバッテリーの電力で動いています。動きが重々しくなった場合は、バッテリーが弱っています。

バッテリー専用のテスターで計測して判断

バッテリー専用のテスターには、高価なものからお手頃価格で購入できるものなど様々ですので、ご自分の用途や必要性について検討して選ばれると良いでしょう。

お手頃価格で購入できるテスターの測定結果で不安がある場合は、そのテスターで充電不足や交換時期と計測された時にカーショップやスタンドで判断してもらうと良いでしょう。

バッテリー容量を大きくした場合のデメリット

(1)購入費用が高くなる
性能が良いバッテリーへの交換になりますので、購入時の費用は高くなります。但し、再生バッテリーを探すなどして出費を少なくする方法もあります。

(2)僅かですが車の重量が増える
容量が大きなバッテリーに交換した場合、僅かですが重量が重たくなりますので、燃費への影響が考えられます。但し、軽自動車で1トン弱、普通車のセダンなどで1~1.5トン程度、大型のミニバンやSUVでは2トン前後の重量がありますので、バッテリーの容量を大きくしたことによる重量増加は、ほとんど影響がないと言えるでしょう。

(3)バッテリーに関する専門知識が必要
安易にバッテリーを選んでしまうと、購入したバッテリーが使えない場合がありますので、多少の専門知識が必要です。そのため、バッテリー容量を変更する際は、車関係に詳しい人に相談してからバッテリー交換を行った方が良いでしょう。

バッテリー型式の頭2文字が容量の大きさを表していますが、バッテリーの大きさや端子の位置が変わってしまうと、せっかく購入したバッテリーを車に搭載できなくなってしまいます。バッテリーの中には希硫酸などの劇物が含まれていますので、取付けが不安定だと大変危険です。

四国・中国地方のスキー場・ゲレンデでのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
四国・中国地方のスキー場・ゲレンデ対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→