東海・中部地方のスキー場・ゲレンデでのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 東海・中部地方のスキー場・ゲレンデ

東海・中部地方(愛知県/静岡県/岐阜県/山梨県)|スキー場・ゲレンデでのバッテリー上がり救援サービス

東海・中部地方のスキー場・ゲレンデでのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
東海・中部地方のスキー場・ゲレンデのバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

東海・中部地方(愛知県/静岡県/岐阜県/山梨県)にはスキー場がたくさんありますが、冬場12月~4月位まで多いのが、スキー場・ゲレンデでのバッテリー上がりです。バッテリー上がりは、マイカーのオーナーにとって一番身近で起こり易いトラブルではないでしょうか。特に寒い冬はバッテリーが上がりやすい季節なので注意が必要です。

東海・中部地方(愛知県/静岡県/岐阜県/山梨県)のスキー場・ゲレンデでバッテリーが上がり、クルマのエンジンがかからない時は、すぐ駆け付けますので、生活トラブルSOSにご連絡ください。 バッテリー上がりのジャンピング(ケーブルでつなぐ)作業を出張で行い、エンジンの始動を行います。

「バッテリーが上がってエンジンがかからない!」「車が止まってしまって動かない!」等、バッテリーのトラブルは不意に起こります。スキー場・ゲレンデでバッテリー上がりでお困りの際は、生活トラブルSOSの自動車のロードサービス、バッテリー上がり対応サービスにお任せください。生活トラブルSOSのロードサービスは、24時間365日対応で電話受付しており、専門オペレーターが懇切丁寧に迅速対応させていただきます。

東海・中部地方(愛知県/静岡県/岐阜県/山梨県)|【スキー場・ゲレンデ】サービス対応エリア

東海・中部地方のスキー場・ゲレンデのバッテリー上がり対応情報

生活トラブルSOSのロードサービスは、全国の加盟店ならびに提携業者による均一価格で、お客様に一番近いエリア担当が、「近い、早い、安い」の格安な安心価格システムにてお伺いさせて頂きます。全店賠償責任保険加入済み店ですので、作業中の事故・損傷の場合も安心です。

年間契約等、事前の面倒な手続きはありません。必要になった時にいつでもご利用いただけます。

東海・中部地方のスキー場サービス対応エリア

  • 愛知県
    茶臼山高原スキー場
  • 静岡県
    大久保グラス/スノータウンYeti/リバウェル井川スキー場
  • 岐阜県
    イトシロシャーロットタウン/揖斐高原/ウイングヒルズ白鳥リゾート/郡上高原/国見岳/荘川高原/しらお/白川郷平瀬温泉・白弓/スターシュプール緑風リゾートひだ流葉/スノーウェーブパーク白鳥高原/ダイナランド/高鷲スノーパーク/チャオ御岳スノーリゾート/飛騨かわい/飛騨高山/飛騨ハイランド/ひだ舟山スノーリゾートアルコピア/平湯温泉/ひるがの高原/ほおのき平/ホワイトピアたかす/めいほう/母袋温泉/モンデウス飛騨位山スノーパーク/鷲ヶ岳スキー場
  • 山梨県
    サンメドウズ清里/ふじてんスノーリゾート/カムイみさかスキー場
    ・・・など周辺地域

※上記に記載がない東海・中部地方(愛知県/静岡県/岐阜県/山梨県)のスキー場の場合は、お電話の際にお問い合わせ下さい。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの対処方法

バッテリー上がりトピックス

車の故障で分かりやすいのはパンクですが、バッテリー上がりも比較的分かりやすいトラブルです。エンジンがかからない時は、焦らないことが大切です。上記の様な症状が確認できた場合は、ほとんどの場合がバッテリー上がりによるトラブルですので、ボンネットを開けてエンジンルームをあれこれ触わると、ケガや火傷などの二次被害につながる可能性があります。

バッテリーが寿命でなければ、他の車のバッテリーとつないだり、ジャンプスターターと呼ばれる発電機でジャンピングすればエンジンを始動できます。バッテリーケーブルを持っていれば、他の車に救援を依頼すれば良いのですが、なかなか頼み難いと思いますので、バッテリー上がりでお困りの際は、全国24時間対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」にお電話下さい。最短30分でバッテリー上がりでお困りのお客様の元に急行します。

ジャンピングでエンジンが始動できても、寿命を迎えたバッテリーはほとんど充電できませんので、すぐに再発してしまいます。バッテリー交換が必要な場合は、お電話の際に「バッテリー交換希望」とお伝え下さい。車種を確認できれば、交換できるバッテリーが分かります。実際に型番を確認する場合は、ボンネットを開けてバッテリー側面に刻印されている型番号をお伝え下さい。

電装品の使い過ぎが原因のバッテリー上がり

バッテリー上がりはエアコンを使用する機会が多い、冬や夏に起こりやすい傾向があります。車やバイクのバッテリーは、エンジンをかけて走行することによって充電されますが、電装品が使用する電力が充電量を超えてしまうとバッテリー上がりになってしまいます。特に雨が降ってジメジメと蒸し暑い夜に渋滞している道路を運転していると、少なくとも「エアコン・ワイパー・ヘッドライト・ブレーキランプ・リアデフォッガー」などの電装品を同時に使用しますので、弱ったバッテリーを使用している場合は、バッテリー上がりが起きる確率が大変高くなります。

また、ライト類の消し忘れによるバッテリー上がりも多く発生しています。ヘッドライトが点灯した状態でキーを抜くとアラームが鳴る車が多いですが、それでもヘッドライトの消し忘れによるバッテリー上がりは発生しています。室内灯は消費電力が少ないですが、一晩中点けっ放しにしていればバッテリーが上がる場合があります。

室内灯の付けっ放しは、うっかり消し忘れてしまったり、スイッチの位置が「DOOR]」になっている状態で半ドアにしたまま放置してしまった時に起きてしまいます。目的地やご自宅についてホットしてしまうのも室内灯消し忘れの要因のひとつだと思いますので注意が必要です。ドアを閉めた時に数秒間室内灯が点灯している車がありますが、その様な便利な機能も室内灯の消し忘れの原因になっている可能性もあります。

東海・中部地方のスキー場・ゲレンデでのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
東海・中部地方のスキー場・ゲレンデ対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→