花見川区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 千葉県 > 花見川区

花見川区でのバッテリー上がり救援サービス

花見川区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

花見川区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。花見川区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

花見川区にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で花見川区内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

花見川区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

花見川区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
花見川区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

花見川区でのバッテリー上がり対応情報

花見川区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

花見川区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

花見川区でのバッテリー出張交換にも対応

花見川区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

花見川区でのバッテリー出張交換にも対応

花見川区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

千葉市花見川区:有料道路のパーキングで出張バッテリー交換

出張場所:京葉道路の幕張パーキングエリア

車  種:日産セドリック

コメント:車の運転を始めてから30年は経っていますので、今までに2回ほどバッテリー上がりで困ったことがあります。いずれもバッテリー上がりで困る前にバッテリー交換しなかったのがいけなかったのですが、今回もバッテリー上がりでエンジンがかからなくなり、出掛け先でバッテリー上がりになってしまいました。

バッテリーが弱っている症状が出ていたので、すぐにバッテリー交換しておけば良かったのですが・・・。以前、バッテリー上がりした時は自宅だったので、カーショップでバッテリーを購入して自分で交換できたのですが、今日は京葉道路の幕張パーキングでバッテリー上がりになってしまったので、ロードサービスの業者さんに救援を頼むしかありませんでした。

今はスマホでネット検索も電話もできるので、こんな事があっても自分でロードサービスの業者さんを探して何とかなりましたが、スマホも携帯電話もない時代に、こんな有料道路のパーキングでバッテリー上がりになったら大変だったと思います。

出張でバッテリー交換もしてくれるということでしたので、どうせバッテリーは交換しなければいけないため、ジャンピングでエンジンを始動してもらうのではなく、出張バッテリー交換を申し込みました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因や症状、点検方法について

バッテリー上がり以外でエンジンがかからない原因

車のバッテリー上がりでエンジンがかからなくなることがありますが、その原因や症状、そして点検方法を知っていることで、ある程度は突然のバッテリー上がりトラブルを回避することができます。

バッテリー上がりの主な原因

バッテリー上がりの原因として多いのは、ライト類や室内灯をうっかりして消し忘れるケースです。車のバッテリーはエンジンがかかっている時に充電される仕組みです。そのため、エンジンが止まっている状態でライト類を消し忘れてしまうと、バッテリーが充電されないのに電気が消費されてしまいますので、やがてバッテリーに蓄えられていた電気が少なくなり、エンジンを始動する時に必要な電気が足りなくなってしまいます。

バッテリー上がりにならないためには、車から離れる時にライト類や電装品がOFFになっていることを確認してください。室内灯のスイッチの設定位置によっては、半ドアで室内灯が点灯したままになりますので、ドアが完全に閉まっているか確認することも大切です。

エンジンをかけない状態が長期間続いた場合も、バッテリー上がりになるケースがあります。これは車に搭載されているコンピューターなどの記憶装置、時計やカーナビなどの時計機能を維持するために、微量ですがバッテリーの電気を消費して自然放電という現象が起きているからです。

また、気温や季節もバッテリー上がりに影響があります。冬場の寒い時期になるとバッテリーの性能が低下してバッテリー上がりになりやすいですが、夏場の暑い時期もバッテリー上がりに注意しなければいけません。例えば、蒸し暑くて雨が降っている夏の夜中に渋滞道路を走っていると、エアコンやヘッドライト、ワイパーやカーナビなどが同時に使われます。さらに渋滞ではブレーキを多用してブレーキランプが頻繁に点灯しますので、多くの電気を消費してしまいます。

バッテリーの寿命が近づいた時に現れる症状

バッテリーの寿命は一般的に2~3年ですが、車の使い方によって5年以上も使えます。あまり長い距離を走ることがない車や、電気を多く消費する夜間走行や渋滞道路ばかり走っている場合は、バッテリーの寿命は短くなり、バッテリーの交換時期も早まります。

バッテリーの寿命が近づくと様々な症状が現れますので、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなる前に対処することもある程度可能になります。

エンジンを始動する時のセルモーターの回転が弱々しくなる、エンジンの回転数によってライト類の明るさが変化する、パワーウィンドウがスムーズに動かないなどの症状が出始めた場合は、バッテリーの交換時期が近づいています。また、バッテリー自体を確認した時にバッテリー液の減り方が早くなったり、バッテリー本体の側面が膨らんでいる、端子部分に白っぽいものが付着しているなど、外観の変化で寿命を判断することも可能です。

バッテリー上がりで突然エンジンがかかり難くなることもあり得ますが、以上の様な症状が現れた場合は、早めにバッテリーの点検や交換を行った方が良いでしょう。

バッテリーの点検方法

バッテリーの異常に早期に気付くためには、日頃の点検が大切になります。バッテリーがエンジンルームにある車種が多いですので、ボンネットを開けて点検することになりますが、バッテリー液が減り過ぎていないか、液面のバラツキはないか、端子の腐食や緩みはないか、キャップ(6箇所)の通気口を腐食物やゴミが塞いでいないかなどを点検してください。

また、バッテリー本体が破損していたりヒビ割れがある場合、本体側面の膨らみなどに気付いた場合は、なるべく早く整備工場などで点検してもらった方が安心できます。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→