美浜区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 千葉県 > 美浜区

美浜区でのバッテリー上がり救援サービス

美浜区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

美浜区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。美浜区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

美浜区にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で美浜区内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

美浜区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

美浜区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
美浜区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

美浜区でのバッテリー上がり対応情報

美浜区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

美浜区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

美浜区でのバッテリー出張交換にも対応

美浜区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

美浜区でのバッテリー出張交換にも対応

美浜区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

千葉市美浜区:海外赴任で半年間放置した車のバッテリー上がり

出張場所:千葉市美浜区:海外赴任で半年間放置した車のバッテリー上がり

車  種:ホンダ オデッセイ

コメント:会社の都合で海外に赴任していたのですが、半年ぶりに日本に帰ってきました。今回は1週間ほど自宅に滞在できるのですが、自宅に車を運転できる者がいなかったので、駐車場に置きっ放しになっていた車のエンジンがかかるか心配していました。

海外に赴任する前にバッテリー端子を外しておく予定ではいたのですが、海外赴任前に色々とバタバタしてしまい、端子を外すのをすっかり忘れていました。

明日、久しぶりに車で出掛ける予定にしているので、エンジンがかかるか心配していましたが、やはりバッテリー上がり状態でエンジンがかかりませんでした。今使っているバッテリーは、交換してから2年半くらいのもですが、取り敢えずジャンピングでエンジンを始動してもらおうかと思い、ネットですぐに利用できそうなロードサービスを探して電話してみました。

バッテリー交換するべきかどうか判断が微妙だと思います。1週間後には日本を離れるので、今度はバッテリーの端子を外してバッテリー上がり対策をしてから、海外に出掛けたいと思っております。

ジャンピングしてエンジンが始動できたら、1時間ほど車を乗り回して充電してからガソリンスタンドで給油し、タイヤの空気圧なども点検して明日のドライブに備えたいと思っています。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーの交換時期と車検での検査状況

車検でのバッテリー検査状況

最近の車には電力を必要とする様々な機能や装備が増えていますので、車を安全に快適に運転するためにバッテリーが重要な役割を担っています。しかし、バッテリーは消耗品ですので経年劣化するため、バッテリーの機能を果たせなくなる前に交換しながら使用する必要があります。

バッテリーの寿命は2~3年程度ですが、車の使い方によってはそれ以上使える場合も多いです。車検のタイミングでバッテリー交換する方もいらっしゃいますが、車検でのバッテリーの検査内容を知らない方も多いと思いますので、車検での検査内容、そしてバッテリー交換時期や、その判断について知っておくことが、車の維持費軽減にもつながります。

車検でのバッテリー検査内容

車に搭載されているバッテリーは、エンジン始動に必要な電力を供給したり、ライト類の点灯やカーナビやオーディオなどの電装品などに電力を供給する役割を担っています。

車検では車が安全に走行できるように様々な部分が検査されています。検査項目には当然ですがバッテリーも含まれています。バッテリー上がりでエンジンが始動できない状態は論外ですが、経年劣化している状態でもバッテリーが走行中の振動などで動かないようにしっかりと固定され、またきちんと絶縁されていれば、ほとんど車検を問題なくクリアすることができます。

車検の前に点検作業を行っていれば、バッテリーの不具合を指摘されて車検が通らないことは、ほとんどないと思いますが、バッテリーの固定が不十分で振動や衝撃を受けた時に簡単に動いてしまうようであれば、検査官から指摘を受ける可能性があります。

ユーザー車検を利用する方は少ないと思いますので、大半の方は車検業者に車検を依頼すると思います。車検業者に依頼した時にバッテリー交換を勧められる時があると思いますが、これは売上アップのためだけではなく、余裕をみたバッテリー交換を推奨しているからです。

バッテリーは車が走っていない時でも常に放電され、エンジンが動いている時に充電されています。そのため、車に乗る回数が少なかったり、あまり距離を走らない状況で車を使っていると、慢性的にバッテリーに負担がかかっていますので、本来のバッテリー交換時期よりも寿命が短くなる傾向があります。

普段からバッテリーの電圧や比重を点検することも、バッテリー上がりの予防策になります。電圧であれば、シガーソケット差し込みタイプで安価なものもありますので、それらを使用してバッテリーの電圧に気を配るのも良いでしょう。

バッテリーの交換時期

車検の際のバッテリーの検査内容は、固定や絶縁状態がしっかりしていればほとんど問題ないです。しかし、突然のバッテリー上がりで右往左往するのを避けるためには、バッテリー交換時期の判断も重要になります。

バッテリーの寿命は、通常2~3年が目安とされていますので、車検のサイクルで交換すれば安心感が高いとも言えます。車検する時にバッテリー交換するのも、ひとつのバッテリー交換時期の判断方法で確実性もあります。しかし、バッテリーの寿命症状が現れてからバッテリー交換すれば、車の維持費を軽減することができます。車を安心して運転するためには、バッテリーには寿命があり、交換が必要であることを意識しておくことが大切になります。

いつも一発で始動できる車のエンジンが、バッテリー上がりで突然エンジンが始動できなくなると、大事な時間を無駄にしてしまうことになります。急いでいる時ほどバッテリー上がりは起きてしまいます。車検の時にはそれほど重要視して検査されるものではありませんが、普段からバッテリーの状態を把握して、エンジンが突然かからなくなって困らないためにも、早め早めのバッテリー交換をお勧めします。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→