若葉区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 千葉県 > 若葉区

若葉区でのバッテリー上がり救援サービス

若葉区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

若葉区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。若葉区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

若葉区にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で若葉区内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

若葉区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

若葉区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
若葉区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

若葉区でのバッテリー上がり対応情報

若葉区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

若葉区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

若葉区でのバッテリー出張交換にも対応

若葉区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

若葉区でのバッテリー出張交換にも対応

若葉区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

千葉市若葉区都賀:半ドアでルームランプ点きっ放しによるバッテリー上がり

出張場所:千葉市若葉区都賀にお住まいのお客様のご自宅

車  種:マツダ アクセラスポーツ

コメント:車のドアが半ドアになっていました。2日前の夜に駐車場の車の中で探しものをしたのですが、その時に車のドアをしっかりと閉めず半ドアのままだったのだと思います。ルームランプのスイッチは「ON→DOOR」に切り替えてから車を離れたので、ルームランプが点きっ放しになっていたんだと思います。

車のドアを開けようとした時に半ドアに気付きましたので、念の為エンジンをかけようとしましたが、完全なバッテリー上がりの状態です。エンジンがかからないのは絶対にバッテリー上がりで、他の箇所の故障ではないと思いましたので、バッテリー上がりを救援してくれるサービスをネットで探して電話させてもらいました。

午前中には車で出掛けなければいけなかったのですが、電話して40分ほど自宅に来てもらえて助かりました。これから出掛ける場所までは、2時間くらい運転しなければ到着しない場所なので、エンジンを止めないようにして充電しながら向かいたいと思います。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりを見極めるポイントと一般的な対処法

バッテリー上がりを見極めるポイント

車のエンジンがかからなくなる原因で多いのは「バッテリー上がり」です。バッテリー上がりになった時に適切な対処法を知らないと、いざという時に大変困ってしまい貴重な時間も浪費してしまうことになります。車両のトラブル原因で一番多いバッテリー上がりに対する対処法は、ドライバーに必要とされる最低限の知識として知っておいた方が良いでしょう。

バッテリー上がりを見極めるポイント

バッテリー上がりは、車のエンジンがかからなくなった時に発覚することが多いですが、バッテリー上がりに適切に対処するためには、エンジンがかからない原因がバッテリー上がりかどうかを見極める必要があります。

バッテリー上がりになるミスがなかったか?

「エンジン始動に使用する電気量」が「バッテリーに蓄えられた電気量」を上回ってしまうと、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなります。

エンジンがかかっていない時でも、ヘッドライトやルームランプを点灯したり、エアコンなどを動かすことができます。よって、エンジン停止状態で「ルームランプの点けっ放し(半ドアのまま放置」や「ヘッドライトの消し忘れ」などのミスをしていると、バッテリー上がりの原因になります。その他にもエンジンキーをOFFにしないでエアコンが動いたままになっていると、電気を使い過ぎてバッテリーが上がってしまうことがあります。

車のエンジンがかからなくなった時は、この様な電装品関連の使い方にミスがなかったか確認してみます。もしも思い当たる節があれば、そのことが原因でバッテリーが上がってしまっている可能性が高いです。

バッテリー上がりを見極める方法

バッテリー上がりかどうかを見極めるには、エンジンが始動するかどうかを確認するのが一番簡単な方法です。エンジンを始動しようとした時に、セルモーター(エンジンを始動させるモーター)が回らなかったり、カチカチという音だけが聞こえる状態は、バッテリーが上がっている可能性が高いです。

また、バッテリーが上がっていない状態であれば、キーがOFFでなければエンジンがかからなくてもライトやホーン、パワーウィンドウは作動できます。もし作動しない場合は、やはりバッテリー上がりの可能性が高いでしょう。また、作動する場合は、シフトレバーの位置やブレーキの踏み忘れなどの操作ミスなど、バッテリー以外にエンジンが始動できない原因があります。

バッテリー上がりの対処法

バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、
●他の車のバッテリーやジャンプスターターの電気を借りてジャンピングスタートを行う。
●バッテリーを充電してからエンジン始動。
●新しいバッテリーに交換
などの対処法があります。

バッテリーは電気が流れますので、ジャンピングスタートやバッテリーの充電・交換作業には危険が伴います。また、交通量の多い路肩などでも危険が伴いますので、バッテリー上がりの対処に不安を感じる場合は、当社の様なロードサービスをご利用ください。

電気自動車やハイブリッドカー

電気自動車やハイブリッドカーの場合は、バッテリーが上がった時には特別な注意が必要です。電気自動車やハイブリッドカーには、モーター駆動用と補機類用の2種類のバッテリーが搭載されています。バッテリー上がりになったのが補機類用バッテリーであれば現場で対処可能ですが、モーター駆動用バッテリーは電圧が高く素人が対処するのは大変危険です。

もしも、モーター駆動用バッテリーに異常がある場合は、当社の様なロードサービスを利用してディーラーや整備工場などに車を搬送して修理してください。

ジャンピングスタート後の注意点

ジャンピングスタートはあくまで応急的な処置です。エンジンが始動できた後は、30分~1時間程度の走行充電が必要です。バッテリーの寿命で交換する必要もありますので、速やかにディーラーや整備工場、カーショップなどでバッテリーの点検を受けてください。エンジン始動後もバッテリー上がりになり、バッテリー交換の必要がある可能性もあります。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→