可児市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 岐阜県 > 可児市

可児市でのバッテリー上がり救援サービス

可児市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
可児市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

可児市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。可児市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

可児市全域および可児市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

可児市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
可児市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

可児市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

可児市のバッテリー上がり救援対応情報

可児市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

可児市のバッテリー上がり救援対応エリア

可児市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】愛岐ケ丘/石井/石森/今/今渡/大森/大森台
  • 【か】柿下/柿田/帷子新/桂ケ丘/兼山/川合/川合北/久々利/久々利柿下入会/光陽台
  • 【さ】坂戸/桜ケ丘/皐ケ丘/清水ケ丘/下恵土/下切/下切谷迫間入会/塩河/菅刈/瀬田/禅台寺
  • 【た】徳野南/土田
  • 【な】中恵土/長坂/長洞/西帷子/虹ケ丘/二野
  • 【は】羽崎/鳩吹台/羽生ケ丘/東帷子/姫ケ丘/平貝戸/広見/広眺ケ丘/渕之上/星見台
  • 【ま】松伏/美里ケ丘/みずきケ丘/緑/緑ケ丘/室原
  • 【や】矢戸/谷迫間
  • 【わ】若葉台

※可児市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

可児市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 可児市役所/可児市立図書館/帷子・桜ケ丘分館/可児市文化創造センター/可児郷土歴史館/川合考古資料館/可児市総合運動場/可児市B&G海洋センター/可児青少年育成センター
  • 可児市市民センター/広見・塩河・姫治・坊主山市民運動場/今渡市民テニス場/可児市総合会館/可児市総合会館分室/可児市福祉センター/可茂公設地方卸売市場/可児警察署
  • 可児川苑/可児やすらぎの森/パティオ可児ショッピングプラザ/ホテルルートイン可児/パークホテル可児/ふれあいパーク緑の丘/可児やすらぎの森/花フェスタ記念公園・・・他

可児市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 可児/日本ライン今渡/明智/下切/西可児可児川//新可児駅

参考情報:可児市の警察署・市役所の連絡先

  • 可児警察署:可児市中恵土2313-2「TEL:0574-61-0110」
  • 可児市役所:可児市広見一丁目1番地「TEL:0574-62-1111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの主な原因

可児市(バッテリー上がりトピックス)

バッテリー上がりの原因として多いのは、ライト類や室内灯をうっかりして消し忘れるケースです。車のバッテリーはエンジンがかかっている時に充電される仕組みです。そのため、エンジンが止まっている状態でライト類を消し忘れてしまうと、バッテリーが充電されないのに電気が消費されてしまいますので、やがてバッテリーに蓄えられていた電気が少なくなり、エンジンを始動する時に必要な電気が足りなくなってしまいます。

バッテリー上がりにならないためには、車から離れる時にライト類や電装品がOFFになっていることを確認してください。室内灯のスイッチの設定位置によっては、半ドアで室内灯が点灯したままになりますので、ドアが完全に閉まっているか確認することも大切です。

エンジンをかけない状態が長期間続いた場合も、バッテリー上がりになるケースがあります。これは車に搭載されているコンピューターなどの記憶装置、時計やカーナビなどの時計機能を維持するために、微量ですがバッテリーの電気を消費して自然放電という現象が起きているからです。

また、気温や季節もバッテリー上がりに影響があります。冬場の寒い時期になるとバッテリーの性能が低下してバッテリー上がりになりやすいですが、夏場の暑い時期もバッテリー上がりに注意しなければいけません。例えば、蒸し暑くて雨が降っている夏の夜中に渋滞道路を走っていると、エアコンやヘッドライト、ワイパーやカーナビなどが同時に使われます。さらに渋滞ではブレーキを多用してブレーキランプが頻繁に点灯しますので、多くの電気を消費してしまいます。

車検でのバッテリー検査内容

車に搭載されているバッテリーは、エンジン始動に必要な電力を供給したり、ライト類の点灯やカーナビやオーディオなどの電装品などに電力を供給する役割を担っています。

車検では車が安全に走行できるように様々な部分が検査されています。検査項目には当然ですがバッテリーも含まれています。バッテリー上がりでエンジンが始動できない状態は論外ですが、経年劣化している状態でもバッテリーが走行中の振動などで動かないようにしっかりと固定され、またきちんと絶縁されていれば、ほとんど車検を問題なくクリアすることができます。

車検の前に点検作業を行っていれば、バッテリーの不具合を指摘されて車検が通らないことは、ほとんどないと思いますが、バッテリーの固定が不十分で振動や衝撃を受けた時に簡単に動いてしまうようであれば、検査官から指摘を受ける可能性があります。

ユーザー車検を利用する方は少ないと思いますので、大半の方は車検業者に車検を依頼すると思います。車検業者に依頼した時にバッテリー交換を勧められる時があると思いますが、これは売上アップのためだけではなく、余裕をみたバッテリー交換を推奨しているからです。

バッテリーは車が走っていない時でも常に放電され、エンジンが動いている時に充電されています。そのため、車に乗る回数が少なかったり、あまり距離を走らない状況で車を使っていると、慢性的にバッテリーに負担がかかっていますので、本来のバッテリー交換時期よりも寿命が短くなる傾向があります。

普段からバッテリーの電圧や比重を点検することも、バッテリー上がりの予防策になります。電圧であれば、シガーソケット差し込みタイプで安価なものもありますので、それらを使用してバッテリーの電圧に気を配るのも良いでしょう。

可児市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
可児市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→