大竹市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 広島県 > 大竹市

大竹市でのバッテリー上がり救援サービス

大竹市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

大竹市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。大竹市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

大竹市全域および大竹市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

大竹市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

大竹市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
大竹市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

大竹市のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

大竹市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

大竹市のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

大竹市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】阿多田/安条/後飯谷/大竹-大竹・木野・油見・小方・小方ケ丘/小方-小方・黒川・穂仁原
  • 【か】玖波/栗谷-後原・大栗林・奥谷尻・小栗林・谷和・広原・黒川・木野
  • 【さ】白石/新
  • 【た】立戸
  • 【な】西栄
  • 【は】八丁/晴海/東栄/比作/本/防鹿
  • 【ま】前飯谷/松ケ原/御園/御園台/三ツ石/港/南栄/御幸/明治新開/元町
  • 【や】油見/湯舟

※大竹市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

大竹市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 大竹市役所/栄・小方・玖波公民館/大竹警察署/玖波駐在所署/小方交番/大竹駅前交番/大竹・玖波・木野・栗谷・本町・小方・栄・阿多田島郵便局/大竹会館/アゼリアホール/弥栄渓
  • 弥栄ダム/錦龍の滝/蛇喰磐/阿多田島/三倉岳/マロンの里交流立戸・松ケ原・館/大竹港/玖波漁港/阿多田漁港/三倉岳キャンプ場/弥栄オートキャンプ場/川真珠貝広場キャンプ場
  • 海の家あたた/ゆめタウン大竹/自然の家やさか/晴海臨海公園/さかえ公園/中浜緑地/亀居公園/錦龍公園/プレイパーク蛇喰・・・他

大竹市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 大竹駅/玖波駅

参考情報:大竹市の警察署・市役所の連絡先

  • 大竹警察署:大竹市本町1-8-10「TEL:0827-53-0110」
  • 大竹市役所:大竹市小方1丁目11番1号「TEL:0827-59-2111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

電圧でバッテリーの状態を判断

大竹市(バッテリー上がりトピックス)

電圧を測定してバッテリーの状態を知ることもできますので、正常な状態と寿命が迫っている状態の電圧の違いも判断材料になります。

正常な状態のバッテリーの電圧を測定すると、12.5~13Vくらいの電圧を示します。測定した電圧が12Vを下回っている状態は、かなりバッテリーが弱っている状態です。電圧が低ければバッテリーの寿命とも判断できますので、新しいバッテリーへの交換が必要です。

シガーソケットに挿すだけで簡単に電圧を測定できる電圧計もありますが、整備工場やガソリンスタンドでも専用のテスターで測定してもらえます。運転中やエンジン始動時に「もしかしてバッテリー上がり?」と、いつもの違う感覚があった場合は、電圧や比重をチェックしてもらうと良いでしょう。バッテリーの交換が必要か、充電で回復できるかの判断もしてもらえると思います。

バッテリー上がりの代表的な原因

様々な原因でバッテリー上がりになりますが、代表的なものではライト類を点灯したまま放置、車を長期間放置、経年劣化による寿命などが挙げられます。

ライト類を点灯したまま放置

バッテリー上がりの原因で多いのは、何と言ってもライト類を点灯したまま放置してしまうことです。室内灯は消費電力が少ないですが、それでも何十時間も点灯したままにしていると、バッテリーは上がってしまいます。その時のバッテリーの状態によっては、数時間でバッテリー上がりでエンジンがかからなくなることもあります。

車を長期間放置

何らかの事情で車に乗らない状況が長期間続くことも、バッテリー上がりの原因になります。車のバッテリーは、家電製品の待機電力と同じ様に使っていない間も少しずつ電力が消費されています。バッテリーの充電は、エンジンが始動して発電機が動くことで充電されますので、長期間エンジンをかけないまま放置してしまうと、蓄えている電力が徐々に消費され続けてバッテリーが上がってしまいます。

経年劣化によるバッテリーの寿命

どんなものでも長年使用していると劣化していきますが、バッテリーも同じ様に劣化してしまいます。劣化すれば能力も落ちますので、同じバッテリーをいつまでも使い続けることはできません。

車の使用頻度や乗り方、環境などによって数年の誤差はありますが、バッテリーの寿命は一般的に2~3年と言われています。ライト類の消し忘れや電力の使い過ぎでのバッテリー上がりでない場合は、バッテリーの寿命を疑った方が良いでしょう。

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→