石狩市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 北海道 > 石狩市

石狩市でのバッテリー上がり救援サービス

石狩市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
石狩市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

石狩市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。石狩市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

石狩市全域および石狩市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

石狩市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
石狩市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

石狩市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

石狩市のバッテリー上がり救援対応情報

石狩市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

石狩市のバッテリー上がり救援対応エリア

石狩市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】厚田区-厚田・押琴・小谷・古潭・濃昼・聚富・虹が原・別狩・嶺泊・望来・安瀬、親船-東1条・東3条・東2条、生振
  • 【か】北生振
  • 【さ】志美、新港-中央・西・東・南、新町
  • 【た】樽川-9条・5条・3条・7条・8条・4条・6条
  • 【な】仲町
  • 【は】八幡-大曲・五の沢・シップ・俊別・シララトカリ・高岡・高岡地蔵沢・来札・若生、花川-北1条・北5条・北3条・北7条・北2条・北4条・北6条・東・東1条・東2条・南1条・南9条・南5条・南3条・南10条・南7条・南2条・南8条・南4条・南6条、浜益区-送毛・雄冬・川下・群別・濃昼・御料地・千代志別・床丹・浜益・毘砂別・幌・実田、浜、花畔-1条・3条・2条・4条、美登位/船場/弁天/本
  • 【ま】緑ケ原
  • 【や】横
  • 【ら】緑苑台-中央・西1条・西2条・東1条・東3条・東2条
  • 【わ】若生

※石狩市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

石狩市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 石狩市役所/石狩市民プール/はまなす国体記念石狩市スポーツ広場/白銀の滝/雄冬岬/石狩市多目的スポーツ施設/石狩市B&G海洋センター/厚田スポーツセンター
  • 浜益スポーツセンター/義経の涙岩/ルーラン海岸/岡島洞窟遺跡/はまます郷土資料館/石狩灯台/雄冬岬/サーモンファクトリー/あいロード夕日の丘/マクンベツ湿原
  • 川の博物館/番屋の湯/石狩紅葉山49号遺跡/石狩湾新港/石狩港/厚田漁港/厚田海浜プール/石狩浜海水浴場(あそびーち石狩)/浜益漁港/恋人の聖地「厚田公園展望台」
  • 川下海水浴場/イオン石狩緑苑台ショッピングセンター/ダイワタウン石狩/はまなすの丘公園/厚田公園/石狩展望台/石狩弁天社・・・他

参考情報:石狩市の警察署・市役所の連絡先

  • 札幌方面北警察署:札幌市北区北24条西8丁目2番20号「TEL:011-727-0110」
  • 石狩市役所:石狩市花川北6条1丁目30番地2「TEL:0133-72-3111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因

石狩市(バッテリー上がりトピックス)

バッテリーの放電量が蓄電量を上回り、エンジン始動時に必要となる電力が足りない状態になると、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなります。バッテリーはエアコンやライト、オーディオなどにも電力を供給していますが、エンジン始動時にもバッテリーに蓄電された電気が使われています。

また、車を動かしていない状態でも、「自然放電」で僅かずつですが放電を続けています。長期間放置してしまった車がバッテリー上がりになるのは、この自然放電が原因になっています。

バッテリーはエンジンが回転している時に、オルタネーターの発電によって充電されていますので、長期間放置してしまうと全く充電されずに放電だけが続いて、バッテリーに蓄電された電気がなくなってしまいます。

自然放電以外では、ヘッドライトやルームランプなどの消し忘れ、渋滞時のエアコンやオーディオ、ブレーキランプなどの多用でバッテリー上がりになることがありますが、これらは「過放電」によるバッテリー上がりとも言われています。

また、バッテリーは消耗品ですので経年劣化します。バッテリーが古くなり劣化すると、蓄電できる容量も少なくなります。容量が少なくなれば使える電気量もすぐに不足してしまいますので、バッテリーが劣化して寿命が近づいてくるとバッテリーが上がりやすくなります。

エンジンの回転数と発電量

最近の車は電子制御されている機能が多くなっています。バッテリーの電圧や充電状態をチェックして「アイドルアップ」というエンジンの回転数を自動的に上げて、発電量を制御する機能が備わっている車も増えてきました。しかし、年式が古い車にはそういった便利な機能はありませんので、古い車で渋滞に巻き込まれた時はバッテリー上がりにご注意ください。

バッテリーが効率良く充電されるのは、エンジン回転数が2,000~3,000くらいですので、それなりの速度で走らなければいけません。車検や定期点検をしてもらった時に「バッテリーの充電不足」を指摘された場合は、エンジンをかけてアイドリングしているだけでなく、なるべく30分~1時間くらいは走行充電した方が良いでしょう。

無駄に充電走行するのも大変ですが、場所によっては長い時間アイドリングしていると、近所迷惑になることもあります。バッテリー上がりでジャンピングスタートした後は、アイドリング充電ではなく走行充電の方がお勧めです。

石狩市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
石狩市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→