須磨区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 兵庫県 > 神戸市須磨区

須磨区でのバッテリー上がり救援サービス

須磨区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

須磨区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。須磨区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

北須磨/須磨浦/板宿エリアなど、神戸市須磨区にて、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で須磨区内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

須磨区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

須磨区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
須磨区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

須磨区でのバッテリー上がり対応情報

須磨区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

須磨区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

須磨区でのバッテリー出張交換にも対応

須磨区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

須磨区でのバッテリー出張交換にも対応

須磨区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

神戸市須磨区板宿町:1ヶ月も車に乗らなかったためバッテリー上がり

出張場所:神戸市須磨区板宿町にお住いのお客様ご自宅

車  種:ホンダ ストリーム(初年度登録:平成20年)

コメント:今のバッテリーは4年以上は使っていると思うので、寿命で交換が必要だったのかも知れません。1ヶ月以上も車に乗っていなかったせいもありますが、エンジンを始動しようとしてもセルモーターがまったく反応しません。

バッテリーの電気が完全に放電してしまってから、どれくらい経ったかは分かりません。ジャンピングだけでなく、出張バッテリー交換も対応している知りましたので、新しいバッテリーに交換してもらうことにしました。車屋さんは自宅に来てくれませんでしたが、出張バッテリー交換サービスが利用でき、手間がかからず大変助かりました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

ヘッドライトの明るさの変化によるバッテリー交換時期の判断

ヘッドライトの明るさの変化によるバッテリー交換時期の判断

バッテリーの寿命でバッテリー交換する時は、専用のテスターを使って状態を測定するのが確実ですが、ヘッドライトやルームランプなどのライト類の明るさの変化で、バッテリーの交換時期を判断することもできます。

バッテリーを酷使した訳ではなく、いつもと同じ様に車を使っているのにヘッドライトの明るさに以下の様な症状が現れた時は、バッテリーが弱っている状態と判断できます。

走行時している時と停車している時の明るさの変化

バッテリーが弱って寿命が近づいている状態では、夜間へッドライトを点灯している時に変化が現れます。走行中はヘッドライトの暗さを感じなかったのに、信号待ちなどでアイドリング状態で停車している時に少し暗く感じた場合は、バッテリーの交換時期が迫っていることが考えられます。

この走行時と停車時のヘッドライトの明るさの変化は、走行中はオルタネーターが発電しているため、ヘッドライトに十分な電力が供給されるため明るく点灯しますが、停車してアイドリング状態になるとエンジンの回転数が下がって発電が弱くなるため現れます。オルタネーターによる発電が弱くなると、バッテリーから電力を持ち出す様になりますが、バッテリーが劣化して寿命を迎えていると、ヘッドライトを明るく点灯するための電力が不足して、ヘッドライトの明るさが少し暗くなってしまいます。

街中などの照明が明るい場所では変化に気付かないこともありますが、周辺に照明があまりない暗いところに停車した時などは、明るさの変化が分かりやすいと思います。ヘッドライトの明るさで分かり難い場合は、ルームランプの明るさの変化も目安にできます。明るさに変化を感じた場合は、周辺があまり明るくない場所に停車して、ギアをパーキングかニュートラルに入れてから、試しに軽くアクセルを吹かしてみてライトが明らかに明るくなるようであれば、バッテリーが劣化して交換時期を迎えていると判断しても良いでしょう。

但し、最近多くなってきたLEDやHIDタイプのヘッドライトは消費電力が少ないため、バッテリーが弱っていても変化が現れない場合もありますので、一般的なハロゲンタイプの判断方法としてご理解ください。また、バッテリーが弱っている場合は、パワーウィンドウなどの他の電装品の動きも鈍くなります。

過去にバッテリー上がりを起こしている場合

バッテリー上がりは、バッテリーが劣化して寿命を迎えた時にも起きますが、ライト類の消し忘れなどの過放電でバッテリー上がりを起こしたことがある場合は注意が必要です。

過放電でバッテリー上がりを起こしても、ジャンピングや充電で以前と同じ様にそのバッテリーを使い続けることができますが安心してはいけません。一度バッテリー上がりを起こしてしまうと、著しく性能が落ちてしまいます。エンジン始動時にセルモーターを回す時に一番電力を消費しますが、セルモーターの回り方や音が弱々しくなった場合は、早めにバッテリー交換することをお勧めします。

バッテリー以外でも、車の消耗品はある程度劣化が進んでしまうと、加速度的に劣化の度合いが早く進行しる場合があります。バッテリーに限らず、消耗品に劣化の症状が現れた場合には、早めに新しいものに交換するなど、早めに対処することが、大きなトラブルを回避するために大切なことです。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→