垂水区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 兵庫県 > 神戸市垂水区

垂水区でのバッテリー上がり救援サービス

垂水区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

垂水区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。垂水区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

神戸市垂水区にて、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で垂水区内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

垂水区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

垂水区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
垂水区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

垂水区でのバッテリー上がり対応情報

垂水区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

垂水区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

垂水区でのバッテリー出張交換にも対応

垂水区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

垂水区でのバッテリー出張交換にも対応

垂水区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

神戸市垂水区西舞子:1週間スモールランプを消し忘れた状態でバッテリー上がり

出張場所:神戸市垂水区西舞子にお住いのお客様ご自宅

車  種:スバル レガシィ

コメント:まだ車を新車で購入してから2年も経っていないのに、エンジンがかからなくなってしまいました。ブレーキも踏んでいるし、シフトレバーの位置も間違っていないので、最初はエンジンが故障してしまったのかと思いました。
ボンネットでも開けてエンジンルームでも見てみるかと思ったところ、ライトのスイッチがスモールランプ点灯の位置になっていました。前回車に乗ったのは先週の日曜日でしたので、それからずっとスモールランプが消し忘れ状態になっていたみたいです。

車に詳しい友人に助けてもらおうと思いましたが、今日は来れないと言われてしまいましたので、ロードサービスをネット検索して車のエンジンをかけてもらうことにしました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの前兆とバッテリー交換時期の目安

バッテリー上がりの前兆と交換時期の目安

車のトラブルで一番多いのはバッテリーですので、バッテリーの管理は車のメンテナンスのなかでも大事です。バッテリーの保証期間などを目安にして、バッテリーを定期的に交換している人は少なく、特に問題なくエンジンがかかる状態であれば、調子も悪くないのにまだ使えるバッテリーを交換してしまうのはもったいないでしょう。

バッテリーを交換するタイミングで一番多いのは、「バッテリーが上がった時」や「バッテリー上がりになりそう」という理由がほとんどだと思います。しかし、時間的にすぐに対処できない場合もありますので、バッテリーの交換時期や交換の目安について覚えておくことも、車を使っている人にとっては大事なことです。

バッテリーを定期的に交換する場合

バッテリーの保証期間を目安にして定期的に交換すれば、車の使用状況にもよりますがバッテリー上がりで困ることはほとんどないと思います。バッテリーの保証期間は食品の賞味期間とは違い、「車を普通に使っていれば保証期間中は安心で、それ以降も使えますがいつバッテリー上がりになってもおかしくない」と解釈できます。

バッテリーの外箱に「2年保証や3年保証」と記載されていると思いますが、最近のバッテリーは基本性能が上がっていますので、保証期間の2年以内にバッテリーが上がることはほとんどありません。バッテリーを保証期間内で定期的に交換するのは「バッテリー上がりにならない安心を買う」ということになります。

また、定期的にバッテリーを交換する場合は、新車で購入した車であれば、初回3年・2回目以降は2年という車検のタイミングで新しいバッテリーに交換するという期間決めの方法もあります。

バッテリーの寿命が来てから交換する場合

バッテリーが弱ってくると、バッテリー寿命の前兆が現れることがありますので、その前兆が現れてからバッテリーを交換する人が多いと思います。前兆が現れた場合は、できるだけ早くバッテリーを交換しなければいけませんが、前兆としては以下の様な症状が現れます。

エンジンのかかりが悪くなる

エンジンをかける時には、普段は元気よくセルが回ってエンジン始動できますが、バッテリーが弱ってくると、セルの回りが弱々しくなってエンジンもかかり難くなります。エンジンをかける時に一番バッテリーに負担がかかりますので、この様な症状が現れた場合は、当日中もしくはできるだけ早くバッテリー交換を行った方が良いでしょう。

ヘッドライトがいつもより暗く感じた時

信号待ちなどのアイドリング状態で、ヘッドライトの明るさがいつもより暗く感じた場合は、バッテリーが弱くなっている可能性があります。走っている状態ではエンジンの回転数が上がって、バッテリーに負担があまりかかっていませんが、信号待ちなどでアイドリング状態の時はバッテリーに負担がかかりますので、ヘッドライトの明るさに影響があります。

明るさに異常を感じた場合は、アイドリング状態でパワーウィンドウやウィンカーなどを動かして、ヘッドライトの明るさが連動して暗くなったり、パワーウィンドウやウィンカーの動作が鈍い場合は、バッテリーの寿命が近いと判断できます。但し、消費電力が少ないLEDのヘッドライトや、ハイブリッド車などの電子制御の車種は、この方法では判断し難いかも知れません。

アイドリングストップが機能しない

アイドリングストップ付きの車は、信号待ちなどでアイドリング状態になった時にエンジンが停止しますが、普段と比べてアイドリングストップが機能しなくなった場合は、バッテリー交換時期の目安になります。これはバッテリーの性能が低下しているため、車のコンピューターがエンジンを止めないと判断している状態ですので、バッテリー交換時期のサインと受け止めても良いでしょう。

バッテリー交換は車の使用車の判断

バッテリーは消耗品ですが、他の消耗品の様に車の点検や車検の時に整備工場で判断して交換してくれるものではありません。交換をアドバイスしてくれる場合もありますが、バッテリー交換の判断は車を使っている本人になることが多いです。バッテリーの電圧や比重を計測してアドバイスしてくれますが、バッテリーは普段から車を使っている車の使用者でないと判断し難い部品です。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→