石岡市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 茨城県 > 石岡市

石岡市でのバッテリー上がり救援サービス

石岡市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

石岡市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。石岡市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

石岡市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で石岡市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

石岡市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

石岡市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
石岡市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

石岡市でのバッテリー上がり対応情報

石岡市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

石岡市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

石岡市でのバッテリー出張交換にも対応

石岡市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

石岡市でのバッテリー出張交換にも対応

石岡市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

石岡市東石岡:ヘッドライト消し忘れが原因でバッテリー上がり

出張場所:石岡市東石岡にお住いのお客様ご自宅

車  種:日産 ウイングロード

コメント:昨晩、ヘッドライトを消し忘れたみたいでバッテリーが上がってしまいエンジンがかかりません。バッテリーケーブルは持っていますが、他の車を横付けすることができないため、ケーブルが届かないのでジャンピングすることができませんでした。

どうしようかと思い色々と考えてみましたが、ネットを検索していたらバッテリー上がりの記事がたくさんありました。検索中に「出張バッテリー上がり救援」というサービスを見つけました。すぐに来てもらえるのであれば、費用は掛かっても専門の業者さんに頼んだ方がバッテリー上がりを早く解決できると思いました。

バッテリーは交換してから1年も経っていないので、ジャンピングでエンジンがかかれば大丈夫だと思います。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの予兆や原因の確認

バッテリー上がりの予兆や原因の確認

いつもは一発でエンジンがかかるのに「カチカチッ」という何とも頼りない音しかしない場合は、バッテリーの電気が弱くてエンジンがかからない「バッテリー上がり」の可能性が高いです。

バッテリー上がりは、何らかの予兆がある場合もありますが、ライト類の消し忘れによる電気の使い過ぎで突然起きる場合もあります。バッテリー上がりの状態ではエンジンがかかりませんので困ってしまうと思いますが、バッテリー上がりやエンジンがかからない原因としては、以下の様なことが考えられます。

(1)ヘッドライトや室内灯などを点けっ放しのままエンジンが停止している状態でしばらく放置。
(2)バッテリーの経年劣化による寿命。
(3)オルタネーター(発電機)などバッテリーに関わる部品の故障。

エンジンがかからない原因が(1)や(2)のバッテリーであれば、ジャンピングやバッテリー交換でその場で解決することができます。しかし、原因が(3)の場合は整備工場で点検修理が必要になりますので、車両をレッカーなどで工場まで運ぶ必要があり、少々手間や費用が掛かることになります。

車のバッテリーとは?

一般的な車両であれば、バッテリーはエンジンルームにありますので、ボンネットを開ければ確認することができます。エンジンをかけるセルモーターもバッテリーに蓄電されている電気を使用しますので、バッテリーに蓄えられている電気が足りないと、エンジンがかからなくなってしまいます。

バッテリーはエンジンがかかっている時にオルタネーターと呼ばれる発電機が発電した電気で充電されますが、バッテリーに異常がない場合は、オルタネーターなどの故障でエンジンがかからない場合もあります。

バッテリー上がりの予兆

バッテリー上がりによるエンジンがかからないトラブルは、できれば避けたいのもですが、バッテリーが弱ってきたら早めのバッテリー交換をする事が大切です。そのためには、バッテリーの寿命が迫ってきている時にどの様な症状が出るのかを知っておくことも大切です。

(1)セルモーターの動作が弱々しくなりエンジンのかかりが悪い。
(2)アイドリング時にヘッドライトが暗くなった感じがする。
(3)バッテリーのターミナル部に白い塩の結晶の様なものが付着。
(4)バッテリーの蓄電状況を確認するインジケーターが警告色になっている。

(1)と(2)の症状を感じた場合は、ボンネットを開けてエンジンルームにあるバッテリーのターミナル部分を確認してみてください。バッテリーの寿命が近づくとターミナル部分に白い塩の結晶のようなものが付着する事があります。また、バッテリーの蓄電状況を確認できるインジケーターが付いている場合は、インジケーターの表示でバッテリーの状況を確認できます。普通に運転しているのに警告色になっている場合は、バッテリーの寿命が迫っています。

バッテリー上がり以外でエンジンがかからない場合

エンジンがかからない場合、一番疑いがあるのはバッテリー上がりですが、バッテリー上がりが原因ではない場合もあります。

バッテリーターミナルの接触不良

バッテリーのターミナルの取り付けが不完全だと、走行中の振動で緩んでしまい、隙間にホコリや白い結晶が入り込んで接触不良を起こす場合があります。バッテリーを交換してから2年以内なのにバッテリー上がりの予兆を感じた場合は、ターミナルを何度か半回転させてみてから、スパナでしっかりと締め直してみてください。

オルタネーター(発電機)の故障で充電されない

車にはオルタネーターという発電装置があり、エンジンの動力で発電しています。その電気でバッテリーが充電されていますが、オルタネーターが故障してしまうと発電されなくなりますので、バッテリーも充電されなくなります。充電器でバッテリーを充電しても、新しいバッテリーに交換しても、すぐにバッテリーが上がってしまう場合は、オルタネーターの故障が考えられます。

オルタネーターの故障は、バッテリー上がりの様にその場で直すことはできませんので、整備工場などに修理依頼する必要があります。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→