かすみがうら市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 茨城県 > かすみがうら市

かすみがうら市でのバッテリー上がり救援サービス

かすみがうら市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

かすみがうら市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。かすみがうら市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

かすみがうら市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応でかすみがうら市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

かすみがうら市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

かすみがうら市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
かすみがうら市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

かすみがうら市でのバッテリー上がり対応情報

かすみがうら市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

かすみがうら市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

かすみがうら市でのバッテリー出張交換にも対応

かすみがうら市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

かすみがうら市でのバッテリー出張交換にも対応

かすみがうら市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

かすみがうら市下稲吉:車の買い替え検討中にバッテリー上がり

出張場所:かすみがうら市下稲吉にお住いのお客様ご自宅

車  種:マツダ デミオ

コメント:今使っているバッテリーは、4年以上は使っているバッテリーだと思います。そろそろ車を買い替える予定で、下取りや売却査定をしてもらおうと思っていた矢先に、バッテリーが寿命でエンジンがかからなくなってしまいました。

エンジンがかからない症状が、バッテリーの寿命の症状そのものでしたので、バッテリー交換してエンジンがかかる様にする必要がありました。エンジンがかからないと、下取りや査定にも影響があると思い、そもそも車をディーラーや買取店に運転していくこともできません。

この様な経緯で、すぐに買い替える予定の車ですが、出張バッテリー交換サービスを利用してバッテリー交換することにしました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車のバッテリー上がり防止と間違いやすい症状

バッテリーのジャンピング

非常に高い頻度で起きてしまう、クルマのバッテリー上がりでエンジンがかからなくなる症状ですが、できれば誰もが遭遇したくないものだと思います。日頃からバッテリー上がりの防止対策を行っていれば、ある程度は回避できるものですが、バッテリー上がりと間違いやすい症状もあります。

いざという時に役立つと思いますので、知っておくとトラブルの早期解決にもつながります。

クルマのバッテリー上がりを防止するには?

バッテリー上がりでエンジンがかからないと、大変困った事態になると思いますが、普段から何らかの対策をしていれば、ある程度はバッテリー上がりを防止することもできます。また、対策は一つ行うよりも複数行った方が防止できる確率も高くなります。

保証期間を目安に定期的にバッテリー交換

運転中に何の異常も感じなかったのに、突然バッテリーの寿命でエンジンがかからなくなることもあります。バッテリーの保証期間は2~3年で、クルマの使い方によっては、その保証期間よりも長く使える場合も多いです。従ってバッテリーの保証期間や車検の度に定期的に保証期間内でバッテリー交換を行えば、高い確率でバッテリー上がりを防止することができます。

クルマを長期間エンジンをかけずに放置しない

クルマのバッテリーは、エンジンがかかっている時にオルタネーターの発電によって充電されています。そのため、バッテリーが充電されない期間が続いてしまうと、やがてバッテリーが上がってしまいます。充電されないために起きるバッテリー上がりを防ぐためにも、車を長期間放置してしまうことは避けなければいけません。どうしても車を運転する時間が取れない場合は、30分以上のアイドリングでも構いません。

長期の出張や入院など、何らかの理由で長期間クルマを使う機会がないと分かっている場合は、バッテリーのマイナス端子を外しておくと良いでしょう。バッテリーのマイナス端子を外しておけば、バッテリーの電力消費がなくなり自然放電だけになりますので、そのまま放置してしまうよりはバッテリーに蓄電された電気が長持ちします。

バッテリー上がりと間違いやすい症状

クルマのエンジンがかからない原因は、バッテリー上がりだけではありません。バッテリーが原因ではないのにバッテリーの寿命だと思って、バッテリー交換してもエンジンはかかりません。ガス欠やセルモーターの故障、燃料噴射ポンプの故障などは、バッテリー上がりと間違いやすいのでご注意ください。

ガス欠

エンジンがかからない原因として多いのはバッテリー上がりですが、ガス欠が原因のケースもあります。ガス欠が原因の場合はセルモ-ターが回りますので、メーターパネルにある燃料計をご確認ください。

セルモーターの故障

バッテリー上がり状態ではセルモーターの回転が弱々しくなったり、カチカチと音がするだけで回転しなくなったりします。セルモーターの故障は、バッテリー上がりと一番間違いやすいので注意が必要です。エンジンがかからない時に、もし可能であればバッテリーの電圧をチェックしてみてください。

エンジン停止状態での電圧の目安は12Vですが、12Vより高い電圧であればセルモーターが故障している可能性が高いです。電圧チェックが難しい場合は、ヘッドライトや室内灯の明るさ、パワーウィンドウの動作が遅くなっていないかなどで確認してみてください。

燃料噴射ポンプの故障

燃料噴射ポンプが故障してしまうと、燃料がエンジンに送られなくなりますのでエンジンがかかりません。バッテリー上がりと間違いやすい症状ですが、セルモーターが動作するのにエンジンがかからない場合は、燃料噴射ポンプが故障している可能性があります。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→