仲多度郡でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 香川県 > 仲多度郡-多度津町・琴平町・まんのう町

仲多度郡でのバッテリー上がり救援サービス

仲多度郡のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

仲多度郡自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。仲多度郡のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

多度津町・琴平町・まんのう町など、仲多度郡にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

仲多度郡でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

仲多度郡でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
仲多度郡対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

仲多度郡でのバッテリー上がり対応情報

多度津町・琴平町・まんのう町など、仲多度郡にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

仲多度郡-多度津町・琴平町・まんのう町でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

仲多度郡でのバッテリー出張交換にも対応

仲多度郡でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

仲多度郡でのバッテリー出張交換にも対応

仲多度郡でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

仲多度郡多度津町:室内灯の消し忘れでバッテリー上がり

出張場所:仲多度郡多度津町にお住いのお客様ご自宅

車  種:ホンダ ストリーム

コメント:今日は天気が良く天気予報では明日以降も、しばらく雨は降らないということでしたので、洗車してから車の中もきれいに掃除しました。フロアマットもきれいに水洗いしてからある程度水切りしました。しばらく外で干してから車内に戻したのですが、少し湿気を感じたので車のドアを開けたままにしておきました。

夕方になって車で出掛ける用事ができたので、エンジンをかけようとしたのですがエンジンがかかり難く、結局エンジンがかかりませんでした。原因はドアを4時間ほど開けていたので、室内灯が点灯したままになっていたからだと思います。

バッテリーも3年以上は使っているものなので、弱っていたのかも知れません。寿命で交換時期を迎えているのかも知れませんが、一度ジャンピングでエンジンをかけてもらってから様子を見ようと思います。エンジンが始動できたら車で出掛けますが、2時間くらいは運転する予定なので充電はできると思います。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因や症状と対処法

バッテリー上がりの原因や症状と対処法

代表的な車のトラブルは、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなるトラブルです。バッテリー上がりは、経年劣化による寿命で起こることもありますが、ライト類の消し忘れなどで突然起こることもあります。

もしも、その様な状況になった場合でも、バッテリー上がりになる原因や症状、そして適切な対処法を知っておけばトラブルを早期に解決でき、未然にバッテリー上がりを回避することも可能です。

バッテリー上がりの原因

バッテリー上がりは、電気の使い過ぎによるバッテリーの電力不足で起こります。ヘッドライトやルームランプなどのライト類の消し忘れ、エアコンやオーディオなどの電装品の使い過ぎなどが、主なバッテリー上がりの原因になります。

車のバッテリーは、エンジンがかかっている時に発電される電気によって充電されています。そのため、エンジンがかかっていない状態での電装品の使用には、気を付けた方が良いでしょう。また、渋滞などでアイドリング状態が長く続く状態では、エンジンの回転数が低いため発電が効率よく行われません。そのため、渋滞中にエアコンなどの電装品を使い過ぎると、消費する電力が充電される電力に追い付かず、バッテリー上がりになってしまいます。

長期間運転しない状態にも注意

車は駐車中でもバッテリーの電力を少しずつ消費しています。そのため、運転しない状態が長期間続いてしまうと充電不足状態になり、エンジンを始動する電力が足りなくなってしまいます。少なくても週に1度くらいは、30分以上の走行を行った方が良いでしょう。

また、経年劣化によるバッテリーの寿命もバッテリー上がりの原因になります。車の使用状況によってバッテリーが使用できる期間は異なりますが、一般的なバッテリーの寿命期間である2~3年を過ぎて、バッテリーが十分に充電できなくなった場合は、早めにバッテリー交換することをお勧めします。

バッテリー上がりの症状

バッテリーが充電不足になっていると、電装品の動作や明るさに電力不足の症状が現れます。症状を見逃さずに早急に対処することで、バッテリー上がりトラブルを回避することも可能です。

●エンジンを始動する時のセルモーターの動作が弱々しい、または動作しない。
●ヘッドライトなどライト類の明るさが、エンジンの回転数によって大きく変化する。
●パワーウィンドウやワイパーがスムーズに動作せず重々しい。
などの症状が現れた際は要注意です。

バッテリー上がりでエンジンがかからない時

救援車のバッテリーをブースターケーブルでつなぐ「ジャンピングスタート」でエンジンをかけることができます。救援車を用意できない場合は、ポータブルジャンピングスターターを使うこともできます。ただし、ジャンピングは正しい方法で行わないと危険な作業ですので注意が必要です。

救援車やブースターケーブル、ポータブルジャンピングスターターが用意できない場合、またジャンピングスタートの作業に自信がない場合は、当社の様なロードサービスをご利用ください。

また、バッテリー交換も選択肢のひとつです。明らかにバッテリーが寿命を迎えている場合は、ほとんど充電されなくなっていますので、バッテリー上がりがすぐに再発してしまいます。(当社では「出張バッテリー交換」にも対応していますのでご利用ください)

バッテリー上がりの概要説明はこちら→