鶴見区(横浜)でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 神奈川県 > 横浜市鶴見区

鶴見区(横浜)でのバッテリー上がり救援サービス

鶴見区(横浜)でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
鶴見区(横浜)のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

鶴見区(横浜)自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。鶴見区(横浜)のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

鶴見区(横浜)全域および鶴見区(横浜)の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

鶴見区(横浜)でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
鶴見区(横浜)対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

鶴見区(横浜)でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

鶴見区(横浜)のバッテリー上がり救援対応情報

鶴見区(横浜)内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

鶴見区(横浜)のバッテリー上がり救援対応エリア

鶴見区(横浜)のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】朝日/安善/市場上/市場下/市場西中/市場東中/市場富士見/市場大和/潮田/江ケ崎/扇島/小野
  • 【か】梶山/上末吉/上の宮/寛政/岸谷/北寺尾/駒岡
  • 【さ】栄町通/汐入/獅子ケ谷/下野谷/尻手/下末吉/末広/菅沢/諏訪坂
  • 【た】大黒/大黒ふ頭/大東/佃野/鶴見/鶴見中央/寺谷/豊岡
  • 【な】仲通/生麦
  • 【は】浜/馬場/東寺尾/東寺尾北台/東寺尾中台/東寺尾東台/平安/弁天/本町通
  • 【ま】三ツ池公園/向井/元宮
  • 【や】矢向

※鶴見区(横浜)内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

鶴見区(横浜)の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 鶴見区役所/鶴見川橋/鶴見つばさ橋/大黒ふ頭/鷹野大橋/横浜ベイブリッジ/響橋/環境エネルギー館/入江川せせらぎ緑道/こどもログハウス/TEPCO電気の史料館
  • 獅子ケ谷市民の森/末広水際線プロムナード/鶴見川水際緑道/鶴見配水池/鶴見リサイクルプラザ/シークレイン/歴史と緑の散歩道/キリン横浜ビアビレッジ
  • トゥイニー・ヨコハマ/ふれーゆ/大黒ふ頭厚生センター/大黒海づり施設/鶴見フーガ/花月園競輪場/鶴見川漕艇場/シァル鶴見/オリンピック鶴見中央
  • レアールつくの商店街/潮風大通り/生麦魚河岸通り/三ツ池公園/海芝公園/大黒海づり公園・・・他

鶴見区(横浜)の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 鶴見/浅野/海芝浦/矢向/新芝浦/鶴見市場/生麦/京急鶴見/国道/弁天橋/安善/花月園前/鶴見小野駅

参考情報:横浜市鶴見区の警察署・区役所の連絡先

  • 鶴見警察署:横浜市鶴見区鶴見中央4丁目33-9「TEL:045-504-0110」
  • 鶴見区役所:横浜市鶴見区鶴見中央三丁目20番1号「TEL:045-510-1818」
鶴見区(横浜)でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
鶴見区(横浜)対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー交換時期の判断

鶴見区(横浜)(バッテリー上がりトピックス)

テスターやバッテリーチェッカーなどを使って数値的にバッテリーの状態を点検する方法もありますが、テスターなどの測定器を使わなくても、感覚的なものでバッテリーの交換時期を判断することもできます。

エンジンのかかりが悪くなる

エンジンを始動する時にはバッテリーからの電力を使ってセルモーターを回しますが、その時にたくさんの電力を消費します。バッテリーからの電力が弱いとセルモーターの動きも鈍くなりますので、エンジンがかかりにくくなります。

エンジンをかける時にはセルモーターが回る音がしますが、いつもの音と比べた時に弱々しい音になっている場合は、エンジンがかかりにくくなります。

エンジン回転数によってヘッドライトの明るさが変化する

バッテリーの状態が良好であれば、エンジン回転数によってオルタネーターの発電電流が変化しても、ヘッドライトなどの電装品に大きな変化が現れることはほとんどありません。しかし、バッテリーの状態が弱まった状態ではオルタネーターの発電電圧の方が高くなるため、バッテリーの充電に使われる電気が多く必要になります。そのため、発電量に応じて流れる電気量の変化がヘッドライトなどの明るさに影響してきます。

アイドリング時にヘッドライトが暗く、エンジンの回転数が上がると明るくなる症状が現れる様になった場合は、バッテリーがかなり弱っています。

充電してもすぐにバッテリーが上がる

バッテリーが経年劣化して寿命を迎えている場合は、充電しても極板の劣化などによって化学反応が起こしにくくなるため、十分に電気を蓄えられませんので、すぐにバッテリー上がりになってしまいます。

バッテリー液の減り方が早い

メンテナンスフリーのバッテリーもありますが、液補充式のバッテリーでバッテリー液の減りが早くなった場合は、バッテリーが弱ってきています。バッテリーの充電と放電は、電気分解を繰り返すことで行われていますが、その時の熱などで電気分解中に水分が減少します。バッテリーが寿命を迎えて極板が劣化すると、充電効率が悪くなり頻繁に充電と放電が行われるため、バッテリー液の減り方が早くなります。

使用期間による判断

車のバッテリーの寿命は、一般的に2~3年と言われていますが、車の使用状況によっては5年以上も使える場合もあります。月に数回程度しか車を使わなかったり、短距離の繰り返しばかりの場合は、急なバッテリー上がりで困らないためにも、一般的な寿命と言われる2~3年でバッテリー交換するのも、バッテリー交換時期を判断するひとつの方法です。

測定器を使った数値的な判断

テスターや比重計、バッテリーチェッカーなどの測定器を使って数値的にバッテリーの交換時期を判断します。ご自分で測定器を購入して調べることもできますが、ガソリンスタンドや整備工場などでも測定してくれます。ただし、少しでも数値が悪ければバッテリー交換を勧められると思います。

鶴見区(横浜)でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
鶴見区(横浜)対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→