緑区(横浜)でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 神奈川県 > 横浜市緑区

緑区(横浜)でのバッテリー上がり救援サービス

緑区(横浜)でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
緑区(横浜)のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

緑区(横浜)自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。緑区(横浜)のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

緑区(横浜)全域および緑区(横浜)の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

緑区(横浜)でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
緑区(横浜)対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

緑区(横浜)でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

緑区(横浜)のバッテリー上がり救援対応情報

緑区(横浜)内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

緑区(横浜)のバッテリー上がり救援対応エリア

緑区(横浜)のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】いぶき野/青砥
  • 【か】鴨居/北八朔/上山/霧が丘/小山
  • 【た】台村/寺山/竹山/十日市場
  • 【な】長津田/長津田みなみ台/中山/新治/西八朔
  • 【は】白山/東本郷
  • 【ま】三保/森の台

※緑区(横浜)内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

緑区(横浜)の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 横浜市緑区役所/緑公会堂/横浜市緑区民文化センター/山下地域交流センター/霧が丘公園こどもログハウス/緑スポーツセンター/スーパービバホーム長津田
  • 十日市場スポーツ会館/緑テニスガーデン/緑消防署/協栄スポーツクラブ十日市場/中山バッティングセンター/横浜衛星管制センター/横浜新緑総合病院/長津田厚生総合病院
  • 新治市民の森/三保市民の森/鴨居原市民の森/アピタ長津田/ウィズいぶき野/オーケー長津田/ホテルパストラール横浜鴨居/マルエツ長津田/ダイエー鴨居店
  • ダイエー十日市場/相鉄ローゼン十日市場/ピアゴ中山/うおしち鴨居/業務スーパー鴨居/フィールドアスレチック横浜つくし野コース/長坂谷公園/玄海田公園/四季の森公園・・・他

緑区(横浜)の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 長津田/十日市場/中山/鴨居駅

参考情報:横浜市緑区の警察署・区役所の連絡先

  • 緑警察署:横浜市緑区台村町135-14「TEL:045-932-0110」
  • 横浜市緑区役所:横浜市緑区寺山町118番地「TEL:045-930-2323」
緑区(横浜)でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
緑区(横浜)対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因や症状と対処

緑区(横浜)(バッテリー上がりトピックス)

車やバイクのバッテリー上がりは、ある程度予期できることもありますが、ライト類の消し忘れなどで突然起きてしまうこともあります。車やバイクのトラブルで一番多いのは、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなることです。そのため、バッテリー上がりになる原因や症状を知っていれば予防もでき、もしもバッテリー上がりになったとしても、適切な対処を行うことができます。

バッテリー上がりの原因として多いのは、運転者のうっかりミスなどの行動に関係するものです。ヘッドライトやルームランプの消し忘れ、半ドアによるルームランプの点きっ放し、過度なエアコンの使用など消費電力が多い電装品の使い過ぎなどです。バッテリーは走行中に充電されますが、停車中に電力を使い過ぎてしまうとバッテリーが上がってしまいます。

また、バッテリーの劣化でもバッテリー上がりが起きてしまいます。一般的にバッテリーの寿命は2~3年ですが、車を運転する機会が少ないとバッテリーが充電されず、自然放電の影響で更に寿命が短くなります。寿命で交換時期を迎えたバッテリーは、いくら充電してもすぐにバッテリー上がり状態になってしまいます。

「エンジンがかからない=バッテリー上がり」と言う訳ではなく、電気系統やオルタネータなどの故障で走行中にバッテリーが充電されない場合もあります。バッテリーを交換したばかりなのにすぐにバッテリー上がりが起きてしまう場合は、電気系統やオルタネータなどのトラブルが考えられますので、このような場合はプロの整備士による修理が必要です。

ライト類の明るさの違いでバッテリーの寿命を判断

走行中はオルタネーターが発電する電力が使われますが、停車してアイドリング状態の時は、オルタネーターの発電効率が下がり、バッテリーからの電力が使われるようになります。バッテリーが弱って寿命を迎えてくると、アイドリング状態になった時にヘッドライトやルームランプに十分な電力を供給することができなくなり、走行時よりも明るさが暗くなります。

LEDヘッドライトやHIDは省電力ですので分かりにくいですが、ハロゲンタイプのヘッドライトであれば一目瞭然です。周辺の車のライトや外灯などで周辺が明るくて分かりにくい場合は、暗いところで停車してギアをパーキングかニュートラルに入れてから、軽くアクセルを吹かしてみた時にヘッドライトが明るくなるようであれば、バッテリーが寿命で交換時期を迎えている可能性が高いと言えます。

緑区(横浜)でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
緑区(横浜)対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→