上益城郡でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 熊本県 > 上益城郡-御船町/嘉島町/益城町/甲佐町/山都町

上益城郡でのバッテリー上がり救援サービス

上益城郡のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

上益城郡自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。上益城郡のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

御船町/嘉島町/益城町/甲佐町/山都町など、上益城郡にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で上益城郡内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

上益城郡でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

上益城郡でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
上益城郡対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

上益城郡でのバッテリー上がり対応情報

御船町/嘉島町/益城町/甲佐町/山都町など、上益城郡にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

上益城郡内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

上益城郡でのバッテリー出張交換にも対応

上益城郡でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

上益城郡でのバッテリー出張交換にも対応

上益城郡でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

上益城郡御船町:自宅車庫にて室内灯消し忘れでバッテリー上がり

出張場所:上益城郡御船町にお住いのお客様ご自宅

車  種:ホンダ ゼスト

コメント:室内灯の消し忘れでバッテリーが上がってしまいました。最後に車に乗ったのは5日前の夜ですが、その時に車から降りる直前に室内灯のスイッチをONにした記憶があります。それからずっと室内灯が点いていたのかも知れませんが、エンジンがかからなくなってしまいました。

昼間は室内灯が点灯しても気付かないと思いますが、会社から帰宅した時にも車の近くを通り過ぎているのに気づきませんでした。・・・いつバッテリーの電気が尽きて室内灯が消えたか分かりませんが。

バッテリー交換も出張で行ってもらえるようでしたが、とりあえずバッテリーケーブルをつないでエンジンを始動する「ジャンピングスタート」をお願いします。バッテリーが完全に放電してしまった状態ですが、エンジンがかかったらしばらく車に乗って様子を見たいと思います。

エンジンを停止してからエンジンがかからなくなると困るので、カー用品店の駐車場でエンジン停止するようにしたいと思います。そこでエンジンがかからなかったら、そのカーショップでバッテリー交換してもらおうと思います。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車用バッテリーの役割、仕組みや構造について

車用バッテリーの役割、仕組みや構造

車のバッテリーが上がってしまうと、エンジンがかからなくなり大変困った事態になります。バッテリーの役割、そして仕組みや構造について知っておくと、バッテリーが上がるとどんな症状になるか、どう対処すれば良いかについて理解でき、いざという時に慌てないで済むと思います。

バッテリーの役割

車用のバッテリーは充電と放電を繰り返していますが、充電した電気を蓄えてライト類やカーナビなどの電装品に電力を供給しています。スマホなどの電池と同じ様な役割をしていますが、充電する方法が異なります。スマホの電池などは、家庭用電源から充電器を介して充電していますが、車用のバッテリーはエンジン稼働中にオルタネーターで発電された電気で充電されています。

最近のバッテリーは高性能化が進んでいますが、カーナビやドライブレコーダー、エアコンやパワーウィンドウなど、バッテリーの電気を必要とする電装品も増えていますので、負担もどんどん増えているのも実情です。エンジンを始動する時は、バッテリーの電気でセルモーターを起動しますが、バッテリーの電気が不足しているとエンジンの始動もできなくなります。

バッテリーの仕組みや構造

バッテリーは、合成樹脂で作られたケースの中にバッテリー液とも呼ばれる希硫酸や、正極板に二酸化鉛、負極板に海綿状の鉛などで構成されています。この正極板と負極板が希硫酸と化学反応を起こして電気が発生する仕組みですが、バッテリー外側にプラスとマイナスの端子があり、オルタネーターで発電された電気を取り込み、蓄えた電気を電装品の動力源として供給しています。

また、バッテリーの内部は6つのセルと呼ばれる層に分かれており、一般的な車用のバッテリーであれば、それぞれのセルの電圧が2Vで直列に構成されて12Vになっています。

バッテリーには開放型と密閉型に分けることができます。バッテリーは化学反応によって電気の充電と放電を繰り返していますが、充電している時には水が分解されて水素ガスが発生するため、ガスを逃がすための通気孔が必要になります。ガスとして逃げた分だけバッテリー内の液が減りますので、精製水を補充するための注入口が必要になりますが、このようなタイプのバッテリーを開放型と呼びます。

一方、密閉型のバッテリーは「メンテナンスフリー(MF)バッテリー」とも呼ばれますが、ガスの発生を抑えるため電極にカルシウム鉛合金を使用しており、自己放電も少ないという特徴があります。

バッテリーの搭載位置

一般的な車のバッテリーは、エンジンルームに搭載されています。エンジンがフロントにある車であれば、ボンネットを開けるとエンジンルームの手前の方で右側や左側に搭載されています。エンジンの熱の影響を受けない様にエンジンルームの端の方に搭載されていますが、バッテリー交換やバッテリー上がりでジャンピングスタートしやすい位置にあるのが一般的です。

しかし、エンジンがフロントにあるのにエンジンルームにスペースがないため、トランクルームなどにバッテリーを搭載している車種もあります。突然のバッテリー上がりで対処に困らない様に、自分の車のバッテリーがどこのあるのか、事前に確認しておくと良いでしょう。

また、バッテリー端子部の緩みなども充電の妨げになり、充電不足によるバッテリー上がりになることがありますので、時々バッテリー端子に緩みがないかなども点検すると良いでしょう。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→