宇土市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 熊本県 > 宇土市

宇土市でのバッテリー上がり救援サービス

宇土市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

宇土市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。宇土市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

網津/宇土/網田/轟/走潟/花園/緑川地区など、宇土市にて、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で宇土市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

宇土市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

宇土市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
宇土市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

宇土市でのバッテリー上がり対応情報

宇土市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

宇土市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

宇土市でのバッテリー出張交換にも対応

宇土市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

宇土市でのバッテリー出張交換にも対応

宇土市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

宇土市花園町:経年劣化によるバッテリー上がり

出張場所:宇土市花園町にお住いのお客様ご自宅

車  種:トヨタ プリウス

コメント:この車のバッテリーは、4年くらいは使っていると思いますので、経年劣化で交換時期が近付いているのかも知れません。今日は仕事が休みで時間的に余裕があるので、エンジンをかけてもらえたら、このままこの車を運転してオートバックスまで行って、バッテリー交換をしてきたいと思っています。

出張バッテリー交換にも対応いただけるようでしたが、バッテリーの他にも色々と車関係のもので買いたいものがあるので、エンジンだけかけてもらおうと思いました。ジャンピングスタートと言うそうですが、エンジンをかけてもらうだけで申し訳ありません。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車のバッテリー充電と早く劣化させてしまう状況

車のバッテリー充電と早く劣化させてしまう状況

車のバッテリーは、放電と充電を繰り返していますが、充電よりも放電が多い状態で充電不足が続いてしまうと劣化するのも早くなり、バッテリーの寿命を短くしてしまいます。

バッテリーの原理と充電

車に搭載されているバッテリーは、スマホや家電に使われているバッテリーの充電方法とは異なります。自転車のライトがペダルを回して走ると点灯するのと似た原理になりますが、エンジンが回転する力をベルトを介して発電機であるオルタネーターに伝え、オルタネーターの回転で発電された電力でバッテリーは充電されています。

最近はアイドリングストップやハイブリッド車も増えていますが、エンジンが停止している最中は、いくら運転中であってもバッテリーは充電されていません。また、バッテリーが効率よく充電される条件としては、エンジンが動いている状態(アイドリング状態よりもエンジン回転数が高い走行中)で、なおかつ他の電装品(エアコン、ヘッドライト、ストップランプ、デフォッガー、カーナビ、オーディオなど)が電気を使っていない状況です。そのため、必要ない電装品の電源をOFFにして車を運転することが、バッテリーを効率よく充電するための手段になります。

電力消費が多いエンジン始動

エンジン始動時に動くセルモーターが、最も電力を消費します。セルモーターはエンジンがかかっている間にずっと動いているものではなく、一度エンジンがかかってしまえば電力は消費しません。しかし、アイドリングストップ機能が働く車の場合は、信号待ちなどで停止後の再発進時にセルモーターが動いてエンジンがかかりますので、停止する度に何度も電力を多く消費してしまいます。

そのため、アイドリングストップ機能がある車両には、高効率のバッテリーが装着されていますので、バッテリーの価格も通常のバッテリーより高額です。バッテリーは満充電状態時が安定して性能を発揮できますので、バッテリーに負担をかけない運転の仕方がバッテリーの寿命を延ばすことになります。

バッテリーの経年劣化

バッテリーはタイヤと同じ様に消耗品ですので、少しずつ劣化して性能も落ちてしまいます。劣化することで充電容量も低下しますので、満充電状態であってもすぐにバッテリー上がりが起きる場合もあります。

バッテリーは安い部品ではありませんので、できるだけバッテリーに負担をかけないで効率良く充電を行い、常に満充電に近い状態で稼働させることが、バッテリーの延命化やバッテリー上がりの予防につながります。

充電よりも放電が多い状態でバッテリーの劣化が早まる

車のバッテリーは駐車中でも放電してバッテリーの電気を消費しています。また、運転中にはバッテリー内部で化学反応を起こして充電と放電を繰り返しています。充電よりも放電が多い状態が続いてしまうと、バッテリーに負担がかかり劣化を早めてしまいます。

そのため、短い距離の繰り返し走行ばかりしていると、エンジン始動時にたくさん消費された分の電力を充電できない状態が続いてしまい、短期間でバッテリーの寿命を迎えてバッテリー交換が必要になってしまいます。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→