塩竈市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 宮城県 > 塩竈市

塩竈市でのバッテリー上がり救援サービス

塩竈市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
塩竈市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

塩竈市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。塩竈市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

塩竈市全域および塩竈市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

塩竈市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
塩竈市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

塩竈市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

塩竈市のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

塩竈市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

塩竈市のバッテリー上がり救援対応エリア

塩竈市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】青葉ケ丘/赤坂/旭/芦畔/石田/石堂/泉ケ岡/泉沢/一森山/伊保石/今宮/梅の宮/浦戸石浜/浦戸桂島/浦戸寒風沢/浦戸野々島/大日向/尾島
  • 【か】海岸通/楓/庚塚/北浜/牛生/香津/後楽/越ノ浦/越の浦/小松崎/権現堂
  • 【さ】佐浦/栄/桜ケ丘/清水沢/松陽台/白菊/白萩/新富/新浜/杉の入/杉ノ入裏/袖野田
  • 【た】玉川/千賀の台/月見ケ丘/貞山通
  • 【な】中の島/長沢/錦/西玉川/西/野田
  • 【は】花立/母子沢/東玉川/藤倉/舟入
  • 【ま】港/南錦/南/みのが丘/宮/向ケ丘/本

※塩竈市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

塩竈市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 塩竈市役所/塩釜警察署/塩竈市立病院/浦戸診療所/塩竈市体育館/塩竈市温水プール/タイムシップ塩竈/塩竈市水産資料室/塩釜神社博物館/タイムシップ塩竈歴史展示室
  • 塩釜水産物仲卸市場/塩釜漁港/塩釜仲卸市場/マリンゲート塩釜/イオンタウン塩釜/塩釜杉の入ショッピングプラザ/えすぱーく/月見ヶ丘霊園墓地/伊保石リサイクルセンター
  • 新浜リサイクルセンター/塩竈市体育館/塩竈市温水プール/塩竈中央公共駐車場/塩竈港緑地/塩竈公園/千賀の浦緑地/イオンタウン塩釜/塩釜杉の入ショッピングプラザ・・・他

塩竈市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 塩釜/東塩釜/西塩釜/本塩釜駅

参考情報:塩竈市の警察署・市役所の連絡先

  • 塩釜警察署:塩竈市北浜4-6-41「TEL:022-362-4141」
  • 塩竈市役所:塩竈市旭町1番1号「TEL:022-364-1111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーを取り外す時の注意点

塩竈市(バッテリー上がりトピックス)

バッテリーを取り外す時は、金属製のスパナやラチェットなどの工具を使うことが多いですが金属は電気を通します。誤って金属製の工具でバッテリーのプラスとマイナス端子を直結してしまわない様、十分な注意が必要になります。

また、車からバッテリーの端子を外すと、オーディオや時計などの設定がリセットされます。電装品に不具合が出ることもありますので、どの様な影響があるか理解してから行う必要があります。

プラスとマイナス端子の直結に注意

バッテリーのプラスとマイナス端子を金属製の工具などで直結させてしまうと、電気が直接流れて火花が散ります。火花が出るだけでなく、電装品が故障する可能性や何かに引火する可能性もあり危険です。ほんの一瞬であれば、火花が出るだけで何事も起きない場合もありますが、長い時間直結状態が続くと最悪の場合は発火する恐れもあります。

バッテリーのプラス端子には赤い保護カバーが付いていますが、マイナス端子を外す場合はプラス端子の赤い保護カバーしっかりと固定した状態で行います。保護カバーだけで不安な場合は、更に電気を通さないものでプラス端子を保護しておくと安心です。

さらに安全性を重視する場合は、金属製の工具ではなくプラスティックなどで金属部分が覆われて絶縁されている電気を通さない工具を使うと良いでしょう。

取り外し作業を実際に行う時も、不用意にバッテリーの上面に工具を置いてはいけません。また、ネジを回す時に誤って工具がプラス端子に接触する場合がありますので、慎重に作業を行ってください。

電装品への影響や設定のリセット

バッテリーを車から外すとオーディオや時計などは、工場出荷時の状態にリセットされてしまいます。バッテリーを元に戻して再接続した時に再設定する必要があります。車によっては不具合が生じる場合もあります。特に装備品が多い新車や高級車は、バッテリー取り外しによる影響が出ることが多いのでご注意ください。

整備工場などでは、バックアップ電源を確保した状態でバッテリーの取り外しを行ってくれますので、電装品への影響はありませんが、ご自分で作業を行う場合は電装品への影響や設定のリセットを理解してから行った方が良いでしょう。

バッテリーの状況確認

バッテリー上がりはエンジンがかからなくなることで発覚することが多いですが、バッテリーが弱っている状態で電気を使い過ぎてバッテリー上がりになることがあります。最悪の場合、道路の真ん中や高速道路などで起こるバッテリー上がりは、事故の原因になる恐れもあります。

バッテリーの状況確認の方法が分かれば、事前に対処することも可能です。バッテリーの点検方法は何通りかの方法がありますが、以下の様な方法でご自分で状況を確認できる方法もあります。

寿命を知らせるサイン

バッテリーの寿命が近づくとライト類は暗くなり、その他の電装品の動作も不安定になります。車が知らせてくれるこの様なバッテリーが弱っているというサインを見逃さず、サインに気付いたら早急に対処することをお勧めします。

バッテリー液量の変化

バッテリーが劣化してくるとバッテリー液が減りやすくなり、セルごとの液面にバラツキが出ることがります。バッテリー液が不足している状態で車を使用していると、バッテリーが破損してしまう恐れがあります。メンテナンスフリーのバッテリーでも液が減ることがありますのでご注意ください。

電圧

テスターという電圧計が必要ですが、シガーソケットに装着するだけの安価な電圧計もあります。電圧が12.5~13V程度であれば問題ありませんが、12Vを下回っている場合はバッテリーの交換を考えた方が良いでしょう。

エンジン始動後の電圧は13.5~14Vくらいになりますが、電装品を使用している場合は、その分低く表示されますので、すべての電装品をOFFにして確認すると良いでしょう。

塩竈市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
塩竈市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→