備前市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 岡山県 > 備前市

備前市でのバッテリー上がり救援サービス

備前市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

備前市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。備前市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

備前市全域および備前市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

備前市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

備前市のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

備前市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

備前市のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

備前市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】麻宇那/伊里中/伊部/浦伊部/大内
  • 【か】香登西/香登本/木谷/久々井
  • 【さ】坂根/佐山/蕃山/閑谷/新庄
  • 【た】鶴海/友延
  • 【な】西片上/野谷
  • 【は】畠田/東片上/日生町/福浦/福田/穂浪
  • 【ま】三石
  • 【や】八木山/吉永

※備前市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

備前市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 備前市役所/備前警察署/備前市総合運動公園/日生運動公園/吉永B&G海洋センター/備前市立備前病院/市立日生病院/備前市歴史民俗資料館
  • 備前市歴史民俗資料館/備前焼伝統産業会館/大滝山福生寺/備前陶芸美術館/藤原啓記念館/日生港/BIZEN中南米美術館/八塔寺ふるさと村
  • 備前焼伝統産業会館/日生の五味の市/備前陶芸センター/加子浦歴史文化館/吉永美術館/フルーツパークびぜん/古代体験の郷まほろば/茶臼山公園・・・他

備前市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 吉永/伊里/香登/伊部/寒河/日生/三石/備前片上/西片上駅

参考情報:備前市の警察署・市役所の連絡先

  • 備前警察署:備前市伊部276-1「TEL:0869-63-0110」
  • 備前市役所:備前市東片上126番地「TEL:0869-64-3301」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

夏と冬にバッテリー上がりが多い理由

備前市(バッテリー上がりトピックス)

エアコンは電力を多く消費しますので、エアコンを利用する機会の多い夏や冬にバッテリー上がりが起きやすい傾向があります。エアコンの消費電力にバッテリーの充電が追いつかず、バッテリー上がりが起きてしまいます。

また、夏や冬は帰省やレジャーなどで車に乗る機会が多くなりますので、渋滞に巻き込まれやすく発進や停止の繰り返しになり、充電効率が悪いのにエアコンやブレーキランプ、ヘッドライト、カーナビなどが電力を消費してしまいます。

そして、夏や冬は極端に気温が上がったり下がったりしますが、気温の変化にもバッテリーは敏感で影響を受けてしまいます。特に冬は、エンジンを始動する時により多くの電力が必要になります。地域によっては寒冷地仕様バッテリーが使われるほど、バッテリーと気温には密接な関係があります。

渋滞の後は長時間走行してバッテリーを充電する

渋滞している道路を走った翌日などにバッテリー上がりが起きやすい傾向があります。渋滞道路を走ってる時にライトやエアコン、カーナビやオーディオなどを使っていると、完全に「消費電力 > 充電される電力」になりますので、バッテリーの電気を消耗して充電不足状態になります。

渋滞道路を走った後は、
●渋滞道路を抜けた後には、ある程度走行してバッテリーを充電する。
●渋滞道路を走った後は、頻繁なエンジンのON/OFFを避ける。
ことがバッテリー上がり対策になります。
渋滞道路を避けて走ることは難しい時もありますが、渋滞を抜けた後にすぐに停車や駐車するのではなく、ある程度走行してバッテリーを充電することがバッテリーには優しい運転になります。

バッテリー上がりを未然に防ぐには・・・

バッテリー上がりを未然に防ぐためには、バッテリーが上がってしまう原因を回避する必要があります。それはバッテリーに負担をかけないこととメンテナンスを定期的に行うことです。

例えば、車を降りる時には必ず、電装品がOFFになっていることを確認することです。エンジンを停止して車を降りる時にヘッドライトや室内灯がオフになっているか、そして半ドアで室内灯が点きっ放しになっていないかなどを確認することです。

そしてバッテリーのメンテナンスも定期的に行います。バッテリー液の不足や寿命などが原因でバッテリー上がりになるのを防ぐには、定期的なバッテリー点検が欠かせません。バッテリー液の不足などがあった場合は、補充なども行なってください。

普段からバッテリーに負担をかけない車の使い方や定期的なバッテリーのメンテナンスをしていれば、バッテリーに対しての意識も高くなりますので、バッテリー上がりを未然に防ぐことにつながります。

バッテリー上がり復旧後に再発する原因

ジャンピングでバッテリー上がりが復旧した直後は、バッテリーがほとんど充電されていない状態です。他の車やジャンピングスターターからブースターケーブルで電気をもらってエンジン始動するジャンピングスタートはただの応急処置です。バッテリーが充電されている訳ではありませんので、バッテリーを十分に充電するか新しいバッテリーに交換する必要があります。これらの行為を行わないと、すぐにバッテリー上がりでエンジンが始動できなくなってしまいます。

バッテリー上がり救援は出張バッテリー交換にも対応
備前市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
備前市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→