高石市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 大阪府 > 高石市

高石市でのバッテリー上がり救援サービス

高石市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

高石市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。高石市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

高砂/綾園/羽衣/東羽衣/高師浜/高陽/清高/加茂/取石など、高石市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で高石市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

高石市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

高石市でのバッテリー上がり対応情報

高石市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

高石市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

高石市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

高石市でのバッテリー出張交換にも対応

高石市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

高石市高師浜:バッテリーの寿命によるバッテリー交換

出張場所:高石市高師浜のお客様がお勤めの会社敷地内駐車場

車  種:トヨタ カローラフィルダー

トラブル:バッテリーの寿命によるバッテリー上がりで出張バッテリー交換希望。

コメント:車で通勤していますが、朝出かける時にエンジンがかからなくなり、家にあるもう一台の車とバッテリーケーブルをつないでエンジンをかけてきました。

朝はバッテリー上がりでエンジンがかからなかったので、試しにお昼休みにエンジンをかけてみたところ、セルの回りは弱々しかったのですが、エンジンは何とか始動できました。しかし、仕事が終わって帰る時には、エンジンがかかりませんでした。

バッテリーが寿命で交換時期だと思いますが、明日の朝も今日の朝と同じようにジャンピングするのは面倒なので、出張バッテリー交換のサービスを利用させて頂くことにしました。

カローラなのでバッテリーの在庫は多分あるだろうと思いましたが、バッテリーの出張交換を利用できて良かったです。

高石市羽衣駅:カーナビ長時間操作中にバッテリー上がり

出張場所:高石市の羽衣駅周辺の路上

車  種:ホンダ ライフ(軽自動車)

トラブル:エンジン停止状態でテレビ見ながらハザードランプを点灯していたのが原因でバッテリー上がり。

コメント:エンジンを止めた状態でテレビをしばらく見ていたのが、バッテリー上がりの原因だと思います。エンジンをかけようとするまでは、テレビを見れていたのですが、エンジンはかからなくなってしまいました。エンジン始動時には、多くの電力を必要とするそうですが、テレビを見ていたせいで充電不足になってしまったみたいです。・・・そういえば、ハザードランプも点灯していたと思います。

ここでジャンピングしてもらってエンジンを始動してもらったら、家に車用の充電器があるので、一晩充電器をつないで充電しておこうと思います。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因と注意点

バッテリーの交換時期

バッテリーの性能は年々向上していますが、車の装備や機能も増えていますので、車のトラブルで一番多いのは「バッテリー上がり」と言われています。

バッテリー上がりは、長期間車に乗らなかったり、ライト類の消し忘れや半ドアによる室内灯の点きっ放し、エンジンを停止した状態でのエアコンやテレビ、カーナビやオーディオ類の過剰な使用などで起きるケースが多いですが、リアの電熱線の長時間使用も消費電力が多いので注意が必要です。

冬はバッテリーの性能が低下

冬の寒い時期はエンジンオイルが冷えて硬くなりますので、エンジン始動時の抵抗が高くなります。そのため、暖かい時期と比べるとエンジンがかかり難くなります。エンジンがかかり難いと、より多くの電力を必要としますのでバッテリー上がりが起きやすくなります。

また、バッテリーは化学反応を利用して電気を作りますが、寒くなると化学反応にも影響しますので性能が低下してしまいます。

特に冬の時期はバッテリーの性能が低下しますので、何年も同じバッテリーを使用していたり、バッテリーの性能低下を感じた時は、早めにバッテリー交換を行っておいた方が良いでしょう。

夏もバッテリー上がりに注意が必要

夏は車の中が暑くなりますので、エアコンをかけて一気に冷やす方も多いと思いますが、エアコンを最大風量で使用するとより多くの電力を使用しますので、夏もバッテリー上がりに注意が必要です。

夏の車のエアコンは必需品ですが、車を炎天下に駐車する時はサンシェードを使用したり、車内がエアコンで冷えてきたら内気循環に切り替えるなどして、夏の消費電力を抑える工夫をされると良いと思います。

バッテリー上がりを放置してしまうと

車のバッテリーは太陽電池ではありませんので、放置していても充電されて復帰することはありません。バッテリー上がりを放置することは車に乗らないことですので、エンジンオイルやガソリンの変質、ベアリングなどの回転部分の固着、タイヤ接地面の部分変形など、バッテリー以外にも車自体に色々な不具合が出てくる場合もあります。

高石市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
高石市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→