大阪市阿倍野区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 大阪府 > 大阪市阿倍野区

大阪市阿倍野区でのバッテリー上がり救援サービス

阿倍野区でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
阿倍野区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

大阪市阿倍野区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。阿倍野区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

大阪市阿倍野区にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

阿倍野区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
阿倍野区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

阿倍野区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

阿倍野区でのバッテリー上がり対応情報

阿倍野区にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

阿倍野区でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

阿倍野区でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:阿倍野区の警察署・市役所の連絡先

  • 阿倍野警察署:阿倍野区阿倍野筋5-13-5「TEL:06-6653-1234」
  • 阿倍野区役所:阿倍野区文の里1-1-40「TEL:06-6622-9986」

阿倍野区でのバッテリー上がり救援対応事例

阿倍野区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

阿倍野区阿倍野筋4丁目:3週間ぶりに乗る車のバッテリー上がり

出張場所:阿倍野区阿倍野筋4丁目のお客様自宅マンション駐車場

車  種:スズキ ワゴンR

コメント:コロナ感染予防のため、近所への買い物以外は外出を3週間ほど控えていました。買い物には自転車を使っていたので、車で出掛けようとしたのは約3週間ぶりになるかと思います。ヘッドライトや室内灯のスイッチを確かめましたが、ライト類の消し忘れでバッテリー上がりになったのではないと思います。

この車は4年ほど前に新古車で購入したのですが、バッテリーが寿命を迎えて交換が必要なのかも知れません。ですが、一度ジャンピングスタートでエンジンをかけてもらって様子を見たいと思います。でも、バッテリーはそろそろ交換が必要であることは分かっていますので、ネット通販でバッテリーが安そうな所を探して自分で交換してみようと思います。

今日は車で出掛けるところは1か所で、すぐに帰ってくる予定なのですが、往復2時間くらいは車を運転する予定です。またエンジンがかからなくなったら困るので、エンジンは絶対に途中で停止しないようにして帰ってくる予定です。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーの寿命を縮めてしまう車の使用方法

バッテリーの寿命を縮めてしまう車の使用方法

車のバッテリーの寿命は2~3年と言われておりますが、車の使用方法によって寿命が縮んだり伸びたりします。車を毎日適度に使用して、常に満充電に近い状態が保たれていれば長持ちすることが多いですが、慢性的に充電不足状態が続いてしまうと寿命を縮めてしまう原因になります。

バッテリー上がりでエンジンがかからなくなっても、バッテリーを充電したりジャンピングスタートを行えばエンジンを始動でき、バッテリーを交換しないでも使い続けられることが多いです。しかし、一度バッテリー上がりを起こしてしまうと、バッテリーに大きなダメージを与えてしまうため、そのバッテリーの寿命を縮めてしまいます。

寿命を縮めてしまう車の使用方法

バッテリーは消耗品ですが、消耗品の中でも高価な部品の一つです。そのため、バッテリーの寿命を縮めてしまう車の使用方法にならない様に、日頃から気を付けて車と付き合うことも、車の維持費用削減につながりますが、バッテリーの寿命を縮めてしまう車の使用方法として、以下の様なことがあります。

短距離走行が多く頻繁にエンジン始動をする

車のバッテリーは、エンジンを始動する時にセルモーターを動かくための電力を供給しますが、バッテリーに蓄えられた電力は、エンジン始動時に最も電力を消費します。エンジンが回転することにより、オルタネーターが発電した電気でバッテリーが充電されますが、走行距離が短いと十分に充電が行われません。

そのため、短距離走行ばかりが続いてしまうと、次にエンジンを始動するためのバッテリーの電力が不足して、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなってしまいます。

月に数回しか車に乗らない

車のバッテリーは、エンジンがかかっていない状態でも、セキュリティシステムなどがバッテリーの電気で稼働しています。そのため、月に数回しか車に乗らない場合や、長期間車に乗らない期間が続いてしまうと、バッテリーの放電過多によってバッテリー上がり状態になり、エンジンを始動するための電力が足りなくなることがあります。

バッテリー上がりを回避するためにも、最低でも週に1回30分程度以上は走行して、バッテリーを充電することがバッテリー上がりの予防策になります。

電装品をたくさん後付けしている

ドライブレコーダーやレーダー探知機、大容量のオーディオシステムなど、後付けで電装品を追加していると消費する電力も多くなり、バッテリー上がりを起こしやすくなります。通勤などで車を毎日使っているなど、バッテリーの充電が十分行われていれば良いのですが、車に乗る機会が少ない場合などは、バッテリーの電力が充電量よりも消費量が多くなり、バッテリー上がりを起こしやすくなってしまいます。

また、複数の電装品を同時に使用すると、それだけ消費される電力は多くなります。バッテリーに負担を与えることが寿命を縮めてしまう原因となりますので、日頃から車に適度に乗るようにして、満充電を維持することがバッテリーを長持ちさせることにつながります。

阿倍野区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
阿倍野区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→