平野区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 大阪府 > 大阪市平野区

平野区でのバッテリー上がり救援サービス

平野区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

大阪市平野区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。平野区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

平野/喜連/加美/瓜破/長吉地区など、平野区にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で平野区内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

平野区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

平野区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
平野区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

平野区でのバッテリー上がり対応情報

平野/喜連/加美/瓜破/長吉地区など、平野区にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

平野区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

平野区でのバッテリー出張交換にも対応

平野区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

平野区でのバッテリー出張交換にも対応

平野区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

平野区瓜破:交換時期と判断して出張バッテリー交換利用

出張場所:大阪市平野区瓜破にお住いのお客様ご自宅

車  種:マツダ CX-5

コメント:いつも週末にしか車に乗れないのですが、車で出掛けるためにエンジンをかけようとしたら、エンジンがかからなくなっていました。ヘッドライトや室内灯のスイッチはOFFになっていましたので、ライト類の消し忘れではありません。ただし、今搭載しているバッテリーは5年くらい交換しないで使っているものです。恐らくバッテリーの寿命で交換が必要だと思いました。

キーをONにしてパワーウィンドウを動かそうとすると少し動こうとしますので、バッテリーは完全に上がっている訳ではなく、少しだけ電力が残っている気配はあります。ジャンピングでエンジンがかかると思いますが、出掛け先でバッテリー上がりになり、再びエンジンがかからなくなったら嫌なので、出張バッテリー交換サービスを利用して、新しいバッテリーに交換してもらうことにしました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車用バッテリーの役割(エンジン始動や電装品への電力供給)

車用バッテリーの役割(エンジン始動や電装品への電力供給)

電気自動車以外の自動車には、ガソリンや軽油などの燃料で動くエンジンが搭載されています。そしてエンジンが動力源になって自動車は走行しています。また、ヘッドライトや室内灯、パワーウィンドウなどの電装品に電力を供給するためにバッテリーが搭載されていることも、ドライバーであれば多くの人が知っていると思います。しかし、ガソリンや軽油などの燃料補充については気にしていても、日頃からバッテリーのことを気にしている人は少ないと思います。

自動車を運転するために一番重要なのは、エンジンを始動するという行為です。キーをイグニッションの鍵穴に差し込んで回したり、スタートボタンを押すことでセルモーターによってエンジンを回転させてエンジンが始動します。しかし、バッテリーに不具合があると、セルモーターを正常に作動させることができなくなり、エンジンが始動できなくなります。

ハイブリット車のバッテリー

ハイブリッド車には、大きな駆動バッテリーが搭載されていますが、ほとんどのハイブリット車には、補機バッテリーというシステム始動用のバッテリーが搭載されています。いくら駆動バッテリーが充電されている状態であっても、補機バッテリーが充電不足だったりすると、システムが始動できませんのでエンジンがかからず走り出すことができません。

エンジン始動後のバッテリー

エンジン始動時には、バッテリーの電力が使われますが、エンジン始動後はエンジンの力によってオルタネーターという発電機を動かして電力を生み出しています。発電機で生み出された電力で点火プラグへ電力を供給したり、ヘッドライトなどのライト類の点灯、パワーウィンドウやワイパーを動かしています。また、この電力はバッテリーの充電にも使われています。

しかし、最近の自動車には電力を必要とする電装品が多く搭載されています。ヘッドライトやフォグランプ、エアコンやワイパー、渋滞でのブレーキランプの頻繁な点灯など、オルタネーターが発電する電力では足りなくなると、バッテリーの電力で補おうとします。電力をたくさん消費する状態が続いてしまうと、バッテリーに蓄えられた電気は減る一方ですので充電不足の状態が続くことになり、バッテリー上がりやバッテリーの劣化を早める原因になってしまいます。

アイドリングストップ車のバッテリー

省エネ車のハイブリット車と同様にアイドリングストップ車も増えていますが、アイドリング車は信号待ちなどのアイドリング状態になるとエンジンがストップします。この状態の時にヘッドライトが消えたり、エアコンが停止したりしませんが、発電機能も停止していますので、バッテリーの電力で動いていることになります。

アイドリングストップが機能する条件にバッテリーの状態も含まれていますが、バッテリーの充電が不足している状態では、アイドリング状態になってもエンジンはストップしません。そのため、アイドリングストップ機能が働かない場合は、バッテリーが弱っていると判断することもできます。

バックアップ電源としての役割

駐車してエンジンを停止し、イグニッションをOFFにした状態でも、時計や電子機器の設定、エンジンを制御するコンピューターもエンジンの状態をメモリーしています。この様なバックアップにはバッテリーの電力が使われています。そのため、バッテリーが完全に上がってしまうと、これらのバックアップデータがリセットされてしまいます。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→