浪速区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 大阪府 > 大阪市浪速区

浪速区でのバッテリー上がり救援サービス

浪速区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

大阪市浪速区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。浪速区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

日本橋/日東/恵美・新世界/難波元町/敷津/大国/浪速/塩草/立葉/幸町地区など、大阪市浪速区にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で浪速区内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

浪速区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

浪速区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
浪速区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

浪速区でのバッテリー上がり対応情報

浪速区にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

浪速区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

浪速区でのバッテリー出張交換にも対応

浪速区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

浪速区でのバッテリー出張交換にも対応

日本橋/日東/恵美・新世界/難波元町/敷津/大国/浪速/塩草/立葉/幸町地区など、浪速区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

大阪市浪速区難波中:バッテリー上がりか判断するためジャンピングスタートしたい

出張場所:大阪市浪速区難波中のマンション内にある月極駐車場

車  種:日産 キューブ

コメント:クルマに乗る機会がなかったので、3週間くらいエンジンをかけずに駐車場に置いたままになってしまいました。エンジンがかからないのは確かですが、バッテリー上がりであれば整備工場で修理する必要もないと思いました。

エンジンがかからない原因は、バッテリー上がりでない可能性もあることは十分承知ですが、ジャンピングスタートを行ってからディーラーに修理相談するかどうか判断したいと思いました。

また、クルマを新車で購入してから3年近く経ちますので、バッテリーが交換時期を迎えている可能性もあります。しかし、3週間ほど前にクルマを運転した時には、何の異常も感じなかったので、ジャンピングスタートのみ行ってくれる業者をネットで探して電話してみました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

クルマのバッテリー上がりの主な原因

クルマのライト類消し忘れでバッテリー上がり

クルマの故障で一番多いのは、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなる状態です。バッテリーの寿命でバッテリー交換が必要になる場合もありますが、バッテリー上がりの原因の多くは、「ライト類の消し忘れなどのうっかりミス」によるものです。

ヘッドライトを消し忘れた状態でエンジンを停止すると、警告音で知らせてくれる機能が多くの車に搭載されていますが、警告音に気付かずにクルマを離れてしまう場合も多いです。最近のクルマの中には、バッテリー上がり対策として、エンジンを停止した後にヘッドライトを消し忘れていると、自動的にOFFにしてくれる機能が付いているものもあります。

ライト類の消し忘れ以外にもバッテリー上がりになりますが、主な原因として以下の様なことが挙げられます。

ライト類の消し忘れ

うっかりミスでライト類を消し忘れることが多いですが、エンジンが停止している状態でヘッドライトや室内灯を点灯したまま放置してしまうと、バッテリーの電力消費が続きますので、バッテリー上がりの原因になります。

クルマに搭載されているバッテリーは、クルマに搭載されている電装品に電力を供給する機能があり、エンジンが動いている時は、オルタネーター(発電機)によって発生した電力によって充電する機能があり、放電と充電を繰り返しています。エンジンが停止している状態では、オルタネーターによる発電は行われないため、バッテリーに蓄えられている電力が消費される状態が続き、エンジン始動時に必要な電力が足りなくなってしまいます。

ハイブリッド車にはバッテリーが2つ搭載されていますが、ひとつは駆動用のメインバッテリーで、もうひとつはハイブリッドシステムを起動させるための補機用バッテリーです。メインバッテリーは基本的に交換は必要はありませんが、補機用バッテリーはガソリン車と同じ鉛蓄電池が使われているため、ガソリン車のバッテリーと同じ様に定期的、または消耗状態によって交換が必要になります。

バッテリーは寒さに弱い

バッテリー本体の中には「バッテリー液と呼ばれる希硫酸」が入っています。この液体は冬場などに温度が下がってくると性能が低下する傾向があります。そのため、冬場の寒い時期はバッテリー上がりが起きやすくなります。

新しいバッテリーであれば性能低下の心配はあまり必要ありませんが、使用開始してから3年以上などの古いバッテリーを使用している場合は、経年劣化で性能低下している状態で、更に温度による性能低下が重なります。そのため、寒い冬を迎える前にバッテリー交換しておくことも、冬の時期のバッテリー上がり対策になります。

冬場でもそれほど寒くない地域から極寒地に引っ越したり、ドライブに行く場合などは、バッテリーを寒冷地仕様にしたり、寒くなる前にバッテリーの状態を点検しておくと安心できます。

クルマに乗る機会が少ない・短距離走行の頻度が多い

バッテリーに蓄電されている電力は、駐車中にも自然放電されています。そのため、クルマに乗る機会が少なく長期間放置してしまった場合や、短距離走行ばかりが続くとバッテリーが上がりやすくなります。

最近はコンピューターやカーナビゲーションなど、様々な電装品がクルマに搭載されるようになっていますが、駐車中であっても記憶装置や時間機能を維持するために、少しずつ電気が消費されています。バッテリーはエンジンが動いている時に充電されていますので、長期間の駐車状態が続いてしまうと充電されずにどんどん自然放電が進んでしまい、最終的にバッテリー上がりになってしまいます。

また、エンジン始動時にバッテリーの電力を多く必要としますので、短距離走行ばかりが頻繁に続いていると、慢性的な充電不足状態が続き、例え車に乗る機会が多くても、バッテリー上がりを誘発する原因になってしまいます。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→