天王寺区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 大阪府 > 大阪市天王寺区

天王寺区でのバッテリー上がり救援サービス

天王寺区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

大阪市天王寺区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。天王寺区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

上本町/四天王寺/寺田町/石ケ辻町/上汐/味原町/生玉町/勝山/真田山など、大阪市天王寺区にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で天王寺区内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

天王寺区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

天王寺区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
天王寺区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

天王寺区でのバッテリー上がり対応情報

上本町/四天王寺/寺田町/石ケ辻町/上汐/味原町/生玉町/勝山/真田山など、天王寺区にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

天王寺区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

天王寺区でのバッテリー出張交換にも対応

天王寺区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

天王寺区でのバッテリー出張交換にも対応

上本町/四天王寺/寺田町/石ケ辻町/上汐/味原町/生玉町/勝山/真田山など、天王寺区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

大阪市天王寺区四天王寺:運転席側の半ドア放置一週間でバッテリー上がり

出張場所:大阪市天王寺区四天王寺でお客様がお住いのアパート駐車場

車  種:ホンダ ストリーム

コメント:最後にクルマに乗ったのは先週の週末だったのですが、半ドアの状態で車庫に一週間ほど駐車したままになっていたので、エンジンがかからない原因はバッテリー上がりだと思います。半ドアで室内灯が点いたままになっていたのだと思います。

室内灯はそれほど電気を消費しないと思うので、一晩くらいだったらバッテリー上がりにならなかったのかも知れませんが、週末にしかクルマに乗る機会がないので、一週間も半ドアで室内灯が消えていないことに気付きませんでした。

バッテリー交換するかどうかは、ジャンピングでエンジンをかけてもらい、少し様子を見てから決めたいと思うので、今日はジャンピングをお願いしたいと思って電話してみました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりと間違いやすい症状

バッテリー上がりと間違いやすい症状

エンジンが始動できないほどの状態になっているバッテリーを充電、もしくは新しいバッテリーに交換しないで放置してしまうと、バッテリーがさらに消耗してしまい、エンジンが始動できなくなってしまいます。

また、スマートキーなどの電子キーでドアロックを解除できないなどのトラブルも起こることがあります。もし、バッテリー上がりの症状が現れたり、バッテリー上がりを起こしてしまったら、そのまま放置せずに速やかにバッテリーの充電やバッテリー交換をした方が良いでしょう。

バッテリー上がりで現れる症状

バッテリーは電装品に電力を供給する役割をしていますので、バッテリー上がり状態になると電装品がパワー不足となり様々な症状が現れます。エンジンを始動する時にバッテリー上がりに気付くことが多いです。エンジンがかからない場合は、バッテリー上がりのケースが多いですが、セルモーターや燃料噴射ポンプの故障、そしてガス欠などが原因でエンジンが始動できない場合もありますのでご注意ください。

エンジンが始動できない

一般的なクルマは、バッテリーの電力を使ってセルモーターを回転することでエンジンが始動します。しかし、バッテリー上がりの状態では、電力不足でセルモーターの回転がパワー不足で弱々しくなり、エンジンがかかり難くなります。

セルモーターが何の反応もしない場合は、バッテリーが完全に上がっていることが多いですが、セルモーターの回転が弱々しい場合は、バッテリーの寿命が近づいているサインです。

メーターパネルが点灯しない

エンジンを始動する時は、メーターパネルの警告灯や表示灯が赤色や黄色に点灯しますが、バッテリー上がり状態になると、メーターパネルの警告灯や表示灯が暗くなってしまいます。これらの症状もバッテリーの電力不足によるものですが、メーターパネルがいつもより暗く感じた場合は、バッテリーが充電不足状態になっているサインです。3年以上使用しているバッテリーであれば、バッテリーの交換時期が迫っている可能性が高いです。

バッテリー上がりと間違いやすい症状

エンジンがかからない原因の多くはバッテリー上がりですが、セルモーターの故障やガス欠、燃料ポンプの故障などでもエンジンがかからないケースがあります。バッテリー上がりかどうかについては、以下の様な症状で見分けることができます。

セルモーターの故障

エンジンが始動する前にバッテリーの電力でセルモーターが回りますが、エンジンをかけようとしてもセルモーターが回らず何の反応もない場合は、バッテリーが完全に放電しているか、セルモーターが故障している場合が多いです。

セルモーターが故障して回転しない場合は、室内灯などのライト類は点灯し、パワーウィンドウなどの電装品も作動させることができます。

燃料切れ(ガス欠)

燃料タンクに入っているガソリンや軽油などの燃料をすべて使い切った状態、いわゆる「ガス欠」状態ではエンジンを始動することができません。

燃料切れ状態では、セルモーターは作動できるのにエンジンに燃料が供給されませんので、エンジンを始動することができません。バッテリー上がりではないため、メーターパネルの表示灯は点灯しますので、燃料計を確認すれば燃料切れかどうかが分かります。

燃料噴射ポンプの故障

燃料タンクに入っている燃料をエンジンの内部に送る「燃料噴射ポンプ」が故障すると、燃料をエンジンに供給できませんのでエンジンが始動できません。

セルモーターがいつもの様に作動して燃料切れでもない場合は、燃料噴射ポンプが故障していることがあります。燃料噴射ポンプやセルモーターが故障している場合は、整備工場にクルマを持ち込まないと修理できませんので、ロードサービスを呼んでクルマを移動する必要があります。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→