秩父郡でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 埼玉県 > 秩父郡-横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町・東秩父村

秩父郡-横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町・東秩父村でのバッテリー上がり救援サービス

秩父郡でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
秩父郡のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

秩父郡自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。秩父郡のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町・東秩父村など、秩父郡にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

秩父郡でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
秩父郡対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

秩父郡でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

秩父郡でのバッテリー上がり対応情報

横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町・東秩父村など、秩父郡にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

秩父郡でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

秩父郡でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:秩父郡の警察署・役場の連絡先

  • 秩父警察署(管轄)(皆野町・長瀞町・横瀬町):秩父市上宮地町29番2号「TEL:0494-24-0110」
  • 東秩父村役場:秩父郡東秩父村大字御堂634番地「TEL:0493-82-1221」
  • 小鹿野警察署:秩父郡小鹿野町小鹿野2816番地1「TEL:0494-75-0110」
  • 横瀬町役場:秩父郡横瀬町大字横瀬4545「TEL:0494-25-0111」
  • 皆野町役場:秩父郡皆野町大字皆野1420-1「TEL:0494-62-1230」
  • 小川警察署(管轄)(東秩父村):比企郡小川町大字小川344番地「TEL:0493-74-0110」
  • 長瀞町役場:秩父郡長瀞町大字本野上1035番地1「TEL:0494-66-3111」
  • 小鹿野町役場:秩父郡小鹿野町小鹿野89番地「TEL:0494-75-1221」

秩父郡でのバッテリー上がり救援対応事例

秩父郡でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

秩父郡皆野町:エンジン停止でヘッドライト点灯によるバッテリー上がり

出張場所:秩父郡皆野町のキャンプ場

車  種:ホンダ オデッセイ

コメント:昨晩、キャンプ中に少し暗かったので、少しの間だけ車のヘッドライトを点けていました。その時にエンジン音や排気ガスが気になったので、エンジンをかけていなかったのですが、帰り支度をしている最中にバッテリー上がりでエンジンがかからないことに気付きました。

いつもだったら車に携帯用のジャンプスターターを積んでいるのですが、今日は家に置き忘れてきてしまいました。近くにキャンプ中の人達もいましたが、バッテリーケーブルを持っているか、ジャンピングを手伝ってくれるかなどお願いして回るのは面倒なので、費用は掛かりますが専門の業者さんにジャンピングでのエンジン始動をお願いすることにしました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

寿命とミスによるバッテリー上がりの原因

寿命とミスによるバッテリー上がりの原因

バッテリーは自動車にとって大事な部品のひとつですが、トラブルを起こしやすいのもバッテリーです。バッテリーは、ガソリンやエンジンオイルの様に補充や交換頻度が高いものではありません。

しかし、バッテリー上がりになるとエンジンがかからなくなり、面倒なトラブルになりますので、バッテリー上がりの主な原因について知っておくことも大切です。

バッテリー上がりの原因は様々ですが、大きく分けて考えると「寿命」と「ミス」あります。

寿命によるバッテリー上がり

バッテリーの寿命は一般的に2~3年ですが、使用状況によっては5年くらい使える場合もあります。バッテリー上がりのリスクを考えて、コマ目に定期的に交換するのであれば、車検のサイクルで交換してしまう考え方もありますが、まだまだ使えるバッテリーを新しいものに交換してしまうのも勿体ない気がします。

バッテリーの寿命は、車の使い方に影響されますが、近所のお店や駅への往復ばかりだと短距離走行がメインになります。短距離走行の繰り返しばかりだと、エンジン始動時に消費した電力に対して充電が追い付かない場合がありますので、常に充電不足状態が続いてバッテリーの寿命を短くしてしまいます。

また、ヘッドライトを点灯する夜間走行や渋滞道路を走行する機会が多い場合も、バッテリーの負担が大きくなり寿命に関係してきます。他にも電装品をたくさん後付けして、シガーソケットなどから色々な電源を取っていたりすることも、バッテリーの寿命を短くする要因になります。

短距離走行ばかりもバッテリーの寿命に悪影響を及ぼしますが、長期間車を放置してしまうのもバッテリーには良くありませんので、1~2週間に一度は30分以上くらいの走行をした方が良いでしょう。

ミスによるバッテリー上がり

ヘッドライトの消し忘れで駐車してしまい、バッテリー上がりになるケースが多いです。最近の車は、ヘッドライトを消し忘れた時にアラームで知らせてくれたりしますが、それでもヘッドライトに気付かない場合もあります。

また、消費電力が少ないルームランプでも、長時間消し忘れているとバッテリーが上がってしまいます。その他、エンジンを停止した状態で、エアコンやカーナビなどを使用していると、バッテリーの電力をひたすら消費する状態が続きます。

最近では、ドライブレコーダーやカーナビなど、後付けできる電装品が増えていますが、電装品を増やせば増やすだけバッテリーに負担を与えてしまいます。電装品を増やしたいがバッテリー上がりが心配な場合は、バッテリーの容量アップを行うと良いでしょう。

電装品を後付けする場合、配線方法にも注意する必要があります。エンジンが停止している状態でも、バッテリーの電力を消費する様な配線をしてしまうと、エンジンを停止した状態での消費電力が増えてしまいます。後付けする電装品の種類や機能にもよりますが、配線方法にはご注意ください。

秩父郡でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
秩父郡対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→