湖南市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 滋賀県 > 湖南市

湖南市でのバッテリー上がり救援サービス

湖南市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

湖南市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。湖南市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

湖南市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で湖南市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

湖南市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

湖南市でのバッテリー上がり対応情報

湖南市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

湖南市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

湖南市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

湖南市でのバッテリー出張交換にも対応

湖南市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

湖南市菩提寺:バッテリーに負荷をかけ過ぎた?

出張場所:湖南市菩提寺にお住まいのお客様ご自宅

車  種:日産 プレサージュ

トラブル:バッテリー上がりは、バッテリーに負荷をかけ過ぎたため?

コメント:もう30年近く車を運転しており、今までにバッテリー上がりは2回ほど経験しておりますので、バッテリーが上がった時の症状はある程度分かっていました。この車は中古で購入したのですが、先週車で出かけた時は特にバッテリーに関する問題は気付きませんでした。

ただ、先週帰ってくる時に自宅の近くで事故渋滞があり、雨で蒸し暑い夜だったのでエアコンやワイパー、ブレーキランプやヘッドライト、デフォッガーやテレビなど、渋滞道路を走りながらバッテリーに相当の負荷をかけてしまったのがバッテリー上がりの原因なのかもしれません。

バッテリー交換が必要かどうかは、ジャンピングでエンジンを始動してもらってから暫く家の周辺を運転してみて判断したいと思います。

湖南市三雲:ルームライトの消し忘れでバッテリー上がり。

出張場所:湖南市三雲にお住まいのお客様ご自宅

車  種:ホンダ ステップワゴン

トラブル:洗車中にルームライト消し忘れでバッテリー上がり。

コメント:日陰の暗いところで洗車と車内の掃除をしていたのですが、車の中が暗かったのでルームライトを点灯して車内の掃除をしました。車内の掃除をしてからボディ洗ったのですが、洗車している内に日差しで車内が明るくなったため、ルームライトを消し忘れてしまいました。

車で出掛けるためエンジンをかけようとしましたが、バッテリー上がりでほとんどセルが回らなくなっていました。すぐにルームライトのスイッチを確認してONのままになっていることに気付きました。

バッテリー上がりや故障した時に救援してくれるJAFさんには入会していないので、どうしようかと困ってしまいました。朝早いので車の整備工場はまだやっていないと思い、諦め半分でバッテリー上がりについてネットで検索して調べたところ、会員登録していなくてもスポット的に利用できるロードサービスがあることが分かり「ホット」しました。そして、早速ホームページにあった電話ボタンをタップして、バッテリー上がり救援の電話をさせてもらいました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車に使用されるバッテリーの種類と注意点

車に使用されるバッテリー

車のバッテリーにはいくつかの種類がありますが、その中で一番ポピュラーなのは開放型のバッテリーです。開放型バッテリーは、液減りした時には蓋を開けて補水しますが、密閉型のバッテリーもあり、密閉型のものはメンテナンスフリーバッテリーとも呼ばれています。メンテナンスフリーバッテリーは、開放型のものに比べると電解液の減りが非常に遅いのが特徴です。

開放型のバッテリー

一般的な車に搭載されているのは開放型バッテリーですが、充電する時には水素ガスが発生してバッテリー外に放出されます。水素ガスは濃度が濃くなって引火してしまうと大変危険ですので、充電する時には火気厳禁でプラスとマイナスをショートさせて火花を出さないように注意が必要です。そのため、充電する時は充電中に発生する水素の濃度が高くならないように、密閉された場所では充電を行わず換気に注意する必要があります。

バッテリー液が液量不足になると、電極板が腐食して劣化を早める原因になりますので、バッテリー液の液量の点検は日常的に行なう必要があります。

バッテリー液を補充したりバッテリー交換を行う時は、バッテリーには希硫酸が使われていますので、誤って液に直接触れてしまったり、バッテリー本体を倒して液が漏れてしまうと非常に危険です。また、衣服などに付着してしまうと、衣服がボロボロに溶けてしまいます。

密閉型のバッテリー

密閉型のバッテリーは、開放型のバッテリーと比べると水素ガスの放出による危険性が少なく、バッテリー液の液減りもし難いためメンテナンスフリーとも呼ばれています。但し、水素ガスを放出しないだけで完全に危険性がない訳ではありませんので、取り扱いには十分注意をする必要があります。

特に注意することとしては、密閉型のバッテリーは充電時にガスを抜く機構がありません。そのため、急速充電を行うことはできませんので覚えておいた方が良いでしょう。

密閉型のバッテリー

一度使用されたバッテリーを回収した後に、バッテリー内の金属板を交換したり、バッテリー液を補充したりして特殊な充電器で充電を行い、バッテリー本来の性能を回復させたバッテリーです。ほぼ新品と同様レベルまで性能を回復しており価格も安く購入できますので、バッテリー交換を行う時などに人気が高くなってきています。

中古品の部類になるかもしれませんが、リサイクルされたほぼ新品同様(1年保証付きのものが多い)のバッテリーですので、普通に使っていれば2年以上は使用できることが多いです。

湖南市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
湖南市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→