浜松市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 静岡県 > 浜松市

浜松市でのバッテリー上がり救援サービス

浜松市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
浜松市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

浜松市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。浜松市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

浜松市全域および浜松市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

浜松市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
浜松市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

浜松市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

浜松市のバッテリー上がり救援対応情報

浜松市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

浜松市のバッテリー上がり救援対応エリア

浜松市のバッテリー上がり対応情報
  • 浜松市-北区/天竜区/中区/西区/浜北区/東区/南区

※浜松市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

浜松市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 浜松市役所/浜松市北部水泳場/浜松市北部水泳場/浜松城/はままつフルーツパーク時之栖/高根城址/渚園/オークラアクトシティホテル浜松展望回廊/浜松市営陸上競技場
  • 花川運動公園テニスコート/八幡宮/鷲沢風穴/天竜浜名湖鉄道/舞坂宿脇本陣/遠州浜天然温泉/天竜川運動公園/明神池運動公園/鳥羽山公園/ウオット/弁天島海岸/二俣城
  • 浜松ジオラマファクトリー/浜松科学館/瀬尻の段々茶園/浜松市蜆塚公園/アクトタワー/浜松オートレース場/浜松アリーナ/天竜球場・・・他

浜松市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 浜松市北区:奥浜名湖/尾奈/都筑/気賀/気賀高校前/浜名湖佐久米/常葉大学前/東都筑/三ケ日/金指/寸座/西気賀/フルーツパーク/都田駅
  • 浜松市天竜区:西鹿島/相月/二俣本町/向市場/出馬/城西/佐久間/下川合/小和田/浦川/上市場/早瀬/大嵐/中部天竜/天竜二俣/水窪駅
  • 浜松市中区:浜松/上島/新浜松/第一通り/八幡/曳馬/遠州病院/助信駅
  • 浜松市西区:弁天島/舞阪駅
  • 浜松市浜北区:遠州芝本/遠州岩水寺/浜北/宮口/遠州小林/岩水寺/美薗中央公園/遠州小松駅
  • 浜松市東区:さぎの宮/自動車学校前/積志/遠州西ケ崎/天竜川駅
  • 浜松市南区:高塚駅

参考情報:浜松市の警察署・市役所の連絡先

  • 浜松中央警察署:浜松市中区住吉5丁目28-1「TEL:053-475-0110」…他
  • 浜松市役所:浜松市中区元城町103-2「TEL:053-457-2111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーが原因のバッテリー上がり

浜松市(バッテリー上がりトピックス)

バッテリーは放電と充電を繰り返していますが、何らかの原因で充電効率が悪いとバッテリー上がりになる恐れがあります。

バッテリーの寿命によるもの

一般的にバッテリーの寿命は2~3年と言われていますが、使用状況によっては4年以上も使える場合も多いですので交換時期の判断が難しい場合もあります。ガソリンスタンドや整備点検の際にバッテリー交換を勧められても、何の異常も感じていない状態で交換してしまうのも決断が難しいと思います。

バッテリー上がりの前兆が確認できる場合もありますが、古いバッテリーを使い続けていると突然エンジンがかからなくなってしまうことがあります。そのため、一般的なバッテリーの寿命期間を過ぎてからは、日頃からバッテリーの状態にも気を配った方が良いでしょう。

バッテリーターミナルの腐食による接触不良

バッテリー本体の中は、バッテリー液と呼ばれる専用の液体で満たされていますが、バッテリー液の入れ過ぎや経年劣化によって、バッテリー液が流出してしまう液漏れが起こる場合があります。そして、液漏れによってバッテリーターミナルが腐食する場合がありますが、腐食が原因でターミナル部で接触不良が起きてしまうことがあります。

接触不良はバッテリーから電力を供給する時だけでなく、充電効率も悪くしてしまいますのでバッテリー上がりの原因になります。

バッテリー液の不足

バッテリー液は、充電に伴い一部が気化してしまうため、液漏れだけでなく「液量不足」にも注意する必要があります。規定の液量よりも減ってしまうと性能が低下してしまいますので、十分に充電できない状態になりバッテリーの消耗が早くなってしまいます。

バッテリー容器の密封性が高い「メンテナンスフリーバッテリー」は、バッテリー液の補充や比重のチェックなどはできません。しかし、インジケーターを備えているものも多いですので、そのインジケーターで充電不足や液不足を点検することができます。メンテナンスフリーと言っても定期的な点検は必要です。

気温の影響

冬場など気温が低くなるとバッテリーの性能が低下してしまい、気温の低下が原因でバッテリーが役割を果たせず、バッテリー上がり状態になることがあります。レジャーや旅行、引っ越しなどで冬の時期に寒冷地に行った時などは、バッテリー上がりにご注意ください。

バッテリーの仕組み

通常のバッテリーのメーカー保証期間は2年~3年間ですが、車の使い方によっては保証期間に満たないのにバッテリー上がりになる場合もあります。あまり車を使わないで何週間もエンジンをかけなかったり、慢性的な充電不足が続くと、メーカー保証期間よりも短いサイクルでのバッテリー交換になる傾向があります。

車のバッテリーは、エンジンがかかっている状態の時に発電される余剰電力されていますが、エンジンがかかっていない時は充電されません。また、エンジンがかかっていない時でも、自然放電現象で充電されている電気が何もしなくても減ってしまいます。

ライト類の消し忘れでバッテリー上がりになることも多いですが、長期間車に乗らないでいることによる自然放電現象で、バッテリー上がりになることも多いので注意が必要です。

浜松市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
浜松市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→