静岡市清水区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 静岡県 > 静岡市清水区

静岡市清水区でのバッテリー上がり救援サービス

静岡市清水区でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
静岡市清水区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

静岡市清水区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。静岡市清水区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

静岡市清水区全域および静岡市清水区の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

静岡市清水区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
静岡市清水区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

静岡市清水区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

静岡市清水区のバッテリー上がり救援対応情報

静岡市清水区内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

静岡市清水区のバッテリー上がり救援対応エリア

静岡市清水区のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】愛染/青葉/秋吉/伊佐布/庵原/入江岡/入船/有東坂/梅が岡/梅ヶ谷/梅田/永楽/江尻/恵比寿/追分/大内新田/大沢/大坪/大手/大平/岡/興津/押切/小芝/小島/尾羽/折戸
  • 【か】柏尾/春日/上清水/蒲原/北矢部/木の下/清地/草ヶ谷/草薙/楠新田/港南/小河内/駒越
  • 【さ】幸/桜が丘/桜橋/三光/茂野島/宍原/渋川/島崎/清水/清水村松地先新田/下清水/下野/承元寺/庄福/新富/新緑/新港/上力/杉山/清開/袖師
  • 【た】高橋/高山/宝/但沼/立花/千歳/築地/月見/辻/鶴舞/天神/天王/葛沢/殿沢/巴/鳥坂
  • 【な】中河内/中之郷/中矢部/長崎新田/七ツ新屋/西大曲/西久保/西里/二の丸/布沢/沼田
  • 【は】蜂ヶ谷/浜田/原/半左衛門新田/東大曲/平川地/広瀬/富士見/船越/船原/蛇塚/堀込
  • 【ま】真砂/松井/松原/馬走/馬走坂の上/万世/御門台/緑が丘/港/南岡/南矢部/美濃輪/三保/宮加三/宮代/向田/迎山/村松/村松原/元城
  • 【や】八木間/矢倉/八坂/谷田/八千代/谷津/山切/弥生/山原/由比/横砂/吉原
  • 【わ】和田島

※静岡市清水区内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

静岡市清水区の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 静岡市清水区役所/三保内浜海水浴場/三保真崎海水浴場/清水マリンビル/清水マリンパーク/次郎長遺物館/興津坐漁荘/清水マリンターミナル
  • 清水次郎長の船宿/フェルケール博物館/清見寺庭園/三保マリーナ/日本平ゴルフクラブ/清水港/羽衣の松/清水海洋活動センター(シーマック三保)
  • 清水灯台(三保灯台)/清水森林公園/黒川キャンプ場/清水西里温泉/清水西里温泉/由比本陣公園/静岡市東海道広重美術館/由比漁港・・・他

静岡市清水区の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 清水/新清水/桜橋/入江岡/草薙/県立美術館前/蒲原/御門台/狐ケ崎/新蒲原/興津/由比駅

参考情報:静岡市清水区の警察署・区役所の連絡先

  • 清水警察署:静岡市清水区天王南1-35「TEL:054-366-0110」
  • 清水区役所:静岡市清水区旭町6番8号「TEL:054-354-2111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーの役割

静岡市清水区(バッテリー上がりトピックス)

クルマには様々な部品が使われていますが、クルマの部品には電気を必要とするスターターモーターやヘッドライト、ウィンカーやパワーウィンドウなど、多種多様の電装品も使われています。そのため、現在のクルマは電装品なしでは成り立たないとも言えます。バッテリーはクルマのあらゆるシステムに電力を送るための電源ですが、電力を蓄えておくこともできる蓄電池です。

バッテリーの最も重要な役割は、エンジンをかけるための電力を供給することです。ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどのクルマは、自力でエンジンを始動することができません。エンジンを始動する時は、バッテリーの電気を使ってスターターモーターを回転させて、エンジンを始動するためのきっかけを作っています。エンジンをかける時にキーを回したり、エンジンスタートボタンを押すと、エンジンが始動する直前に音がしますが、その音がスターターモーターが回転する音です。

バッテリーは電力を蓄えておくこともできますので、日本語で「蓄電池」とも表現できますが、乾電池などの普通の電池とは異なり、電気を消費した後も充電することによって繰り返し使うことができます。スマホやノートパソコンなども充電しながら使っていますが、電化製品の場合はコンセントから充電します。

しかし、クルマの場合は発電機(オルタネーター)が搭載されていますので、エンジンの力で発電機を動かして電気を作ります。発電した電気を電装品に供給しますが、余った電気でバッテリーは充電されています。発電した電気だけでは足りなくなると、バッテリーに蓄えられている電気で補填しています。

昔と比べればバッテリーの性能も向上していますが、クルマに使われる電装品も増えています。使っている電装品が多ければ、当然電力消費もそれだけ多くなり、バッテリーの劣化も早くなってしまいます。バッテリーを長持ちさせるためには、慢性的な充電不足状態を続けないことがポイントです。

エンジン始動後のバッテリー

エンジン始動時には、バッテリーの電力が使われますが、エンジン始動後はエンジンの力によってオルタネーターという発電機を動かして電力を生み出しています。発電機で生み出された電力で点火プラグへ電力を供給したり、ヘッドライトなどのライト類の点灯、パワーウィンドウやワイパーを動かしています。また、この電力はバッテリーの充電にも使われています。

しかし、最近の自動車には電力を必要とする電装品が多く搭載されています。ヘッドライトやフォグランプ、エアコンやワイパー、渋滞でのブレーキランプの頻繁な点灯など、オルタネーターが発電する電力では足りなくなると、バッテリーの電力で補おうとします。電力をたくさん消費する状態が続いてしまうと、バッテリーに蓄えられた電気は減る一方ですので充電不足の状態が続くことになり、バッテリー上がりやバッテリーの劣化を早める原因になってしまいます。

バッテリーの搭載位置

一般的な車のバッテリーは、エンジンルームに搭載されています。エンジンがフロントにある車であれば、ボンネットを開けるとエンジンルームの手前の方で右側や左側に搭載されています。エンジンの熱の影響を受けない様にエンジンルームの端の方に搭載されていますが、バッテリー交換やバッテリー上がりでジャンピングスタートしやすい位置にあるのが一般的です。

しかし、エンジンがフロントにあるのにエンジンルームにスペースがないため、トランクルームなどにバッテリーを搭載している車種もあります。突然のバッテリー上がりで対処に困らない様に、自分の車のバッテリーがどこのあるのか、事前に確認しておくと良いでしょう。

また、バッテリー端子部の緩みなども充電の妨げになり、充電不足によるバッテリー上がりになることがありますので、時々バッテリー端子に緩みがないかなども点検すると良いでしょう。

静岡市清水区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
静岡市清水区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→