紀の川市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 和歌山県 > 紀の川市

紀の川市でのバッテリー上がり救援サービス

紀の川市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
紀の川市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

紀の川市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。紀の川市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

紀の川市全域および紀の川市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

紀の川市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
紀の川市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

紀の川市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

紀の川市のバッテリー上がり救援対応情報

紀の川市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

紀の川市のバッテリー上がり救援対応エリア

紀の川市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】赤尾/赤沼田/穴伏/荒見/猪垣/今畑/打田/馬宿/江川中/王子/麻生津中/尾崎/遠方
  • 【か】風市/勝神/上鞆渕/上丹生谷/貴志川/北大井/北志野/北勢田/北中/北長田/北涌/切畑/窪/久留壁/黒土/花野/上田井/粉河
  • 【さ】重行/嶋/下井阪/下鞆渕/下丹生谷/後田/神通/神領/杉原
  • 【た】高野/竹房/田中馬場/東毛/豊田
  • 【な】中井阪/中津川/中鞆渕/中畑/中三谷/中山/長田中/名手市場/名手西野/西井阪/西大井/西川原/西野山/西三谷/西山田/西脇/野上/登尾
  • 【は】畑野上/東大井/東川原/東国分/東三谷/平野/広野/枇杷谷/深田/藤井/藤崎/古和田/別所
  • 【ま】松井/南志野/南勢田/南中/桃山
  • 【や】横谷

※紀の川市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

紀の川市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 紀の川市役所/那賀/桃山/粉河/貴志川分庁舎/打田総合スポーツ公園/貴志川体育館/貴志川スポーツ公園/粉河体育館/粉河運動場/粉河西部運動場/那賀体育館
  • 桃源郷運動公園/桃山グラウンド/那賀B&G海洋センター/貴志川トレーニングプラザ/大池遊園/紀伊国分寺/ハイランドパーク粉河/細野渓流キャンプ場
  • 和泉葛城山/神通温泉/きしべの里/寺山&龍門山スカイスポーツ/紀の川市桃源郷運動公園/紀の川市観光特産センターこかわ/雨山観光農園/桃山特産センター
  • 貴志川観光物産センター/粉河河南緑地/粉河河北緑地/長山ショッピングセンター/イオンタウン貴志川/那賀アリーナ/桃山奥安楽川広場・・・他

紀の川市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 紀伊長田/貴志/名手/大池遊園/粉河/下井阪/甘露寺前/打田/西山口駅

参考情報:紀の川市の警察署・市役所の連絡先

  • 岩出警察署(管轄):岩出市高塚198番地1「TEL:0736-63-0110」
  • 紀の川市役所:紀の川市西大井338番地「TEL:0736-77-2511」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー容量を大きくした場合のデメリット

紀の川市(バッテリー上がりトピックス)

(1)購入費用が高くなる
性能が良いバッテリーへの交換になりますので、購入時の費用は高くなります。但し、再生バッテリーを探すなどして出費を少なくする方法もあります。

(2)僅かですが車の重量が増える
容量が大きなバッテリーに交換した場合、僅かですが重量が重たくなりますので、燃費への影響が考えられます。但し、軽自動車で1トン弱、普通車のセダンなどで1~1.5トン程度、大型のミニバンやSUVでは2トン前後の重量がありますので、バッテリーの容量を大きくしたことによる重量増加は、ほとんど影響がないと言えるでしょう。

(3)バッテリーに関する専門知識が必要
安易にバッテリーを選んでしまうと、購入したバッテリーが使えない場合がありますので、多少の専門知識が必要です。そのため、バッテリー容量を変更する際は、車関係に詳しい人に相談してからバッテリー交換を行った方が良いでしょう。

バッテリー型式の頭2文字が容量の大きさを表していますが、バッテリーの大きさや端子の位置が変わってしまうと、せっかく購入したバッテリーを車に搭載できなくなってしまいます。バッテリーの中には希硫酸などの劇物が含まれていますので、取付けが不安定だと大変危険です。

バッテリーの寿命は2~3年と言われていますが、あまりにも早くバッテリーの寿命が来て交換が必要になった場合は、バッテリーの容量アップを検討してみるのも良いでしょう。

バッテリーの暗電流と自己放電

車やバイクに使われているバッテリーは、エンジンを停止して駐車している時でも電力を消費しています。そのため、車やバイクに長期間乗らないでいるとバッテリー上がりになり、エンジンがかからなくなってしまいます。イグニッションがOFFの状態で駐車していても、制御CPUやオーディオなどの電装品のメモリー維持、そして盗難防止装置やリモコン応答用の待機電流が常に流れていますが、これらの電流をまとめて「暗電流」と呼んでいます。

また、バッテリーは、バッテリー液の希硫酸と極板が触れていることによって、「自己放電」という現象も発生しています。車やバイクを長期間使わない場合は、暗電流や自己放電で充電不足となり、久しぶりにエンジンをかけようとした時にバッテリー上がりになってしまい、エンジンが始動できなくなってしまします。エンジンがかからなければ、走行充電することがでいませんので、他車のバッテリーを借りてエンジンをかけるジャンピングなどで、エンジンを始動することになってしまいます。(ジャンピングが必要になった場合は、お気軽に生活トラブルSOSにご相談ください)

自己放電を防ぐには、バッテリー液を抜くしかありませんが、バッテリー液には劇薬の希硫酸が含まれていますので、取扱いに注意が必要で現実的ではありません。洋服に1滴付着しただけでも、いつの間にか洋服に穴が開いてしまったり煙が出たりします。

一方、暗電流を防ぐことはできますので、長期出張や病院への入院などで車やバイクに長い間乗らないことが予め分かっている場合は、バッテリーのマイナス端子を外しておくと良いでしょう。但し、バッテリーのマイナス端子を取り外してしまうと、暗電流を使用している時計などの機器は、リセットされてしまいますので多少の手間が掛かります。また、盗難防止装置が付いている場合は、せっかくの機能が働かなくなってしまいますので注意が必要です。

バッテリーを長持ちさせる方法としては、バッテリーの充電不足状態になっている期間を減らす必要がありますので、エンジンをかけることができない場合は、AC電源を利用した充電器などで補充電を定期的に行うのが良いでしょう。

バッテリーは、新品のバッテリーに交換しようとすれば大変高額な部品ですので、バッテリーの特徴をよく理解して車やバイクを使用されると良いでしょう。

紀の川市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
紀の川市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→