南アルプス市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 山梨県 > 南アルプス市

南アルプス市でのバッテリー上がり救援サービス

南アルプス市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

南アルプス市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。南アルプス市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

芦安芦倉/小笠原/桃園/飯野/上今諏訪/藤田/西野/在家塚/吉田/百々/野牛島/鏡中條/有野/上八田/榎原/浅原/秋山/六科/下今井/南アルプスインターチェンジ/南アルプス国立公園/スパーク白根/南アルプス林道などの南アルプス市全域および南アルプス市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

南アルプス市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

南アルプス市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
南アルプス市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

南アルプス市のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

南アルプス市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

南アルプス市のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

南アルプス市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】芦安芦倉/秋山/浅原/江原/飯野新田/大嵐/和泉/上野/あやめが丘/上八田/飯野/小笠原/落合/鮎沢/芦安安通/有野/榎原
  • 【か】曲輪田/上高砂/加賀美/上市之瀬/鏡中條/上今井/川上/駒場/曲輪田新田/上今諏訪/上宮地
  • 【さ】塩前/下今井/清水/下高砂/沢登/下市之瀬/在家塚/下今諏訪/須澤/下宮地/十五所
  • 【た】寺部/藤田/高尾/十日市場/戸田/百々/徳永/田島/大師/塚原/築山/高田新田
  • 【な】西南湖/中野/西野
  • 【は】東南湖/荊沢/古市場/平岡
  • 【ま】六科/宮沢/桃園
  • 【や】湯沢/吉田/野牛島/山寺

※南アルプス市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

南アルプス市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 南アルプス市交流施設やまなみの湯/南アルプス市ふるさと天文館/桃源文化会館/南アルプス林道/南アルプス市役所/南アルプス警察署/南アルプス温泉ロッジ/南アルプス国立公園
  • 御勅使南公園ラグビー場/白根ゴルフスタジアム/南アルプス市乗馬センター/飯野第十区公会堂/白根桃源美術館/日世南アルプススタジアム/南アルプス芦安山岳館/御勅使南公園
  • 北伊那ヶ湖水辺公園/スパーク白根/白根中央公園/塚原山フルーツ農場/滝沢川河川公園/くぬぎ観光農園/湧暇李の里樹園/櫛形総合公園/白根桃源美術館/アーバングリーン八田
  • 小野洋らん果樹園/遊・湯ふれあい公園/甲西ふれあい公園/金山沢温泉/伊奈ヶ湖/櫛形総合体育館/アヤメの里活性化施設ほたるみ館/嘯月美術館/八田屋内運動場(すぱーく八田)
  • 白根B&G海洋センター/塩沢渓谷河川公園/八田野球場/ヘルシーハウス山渓園/若草総合スポーツ公園/天恵泉白根桃源天笑閣/道の駅しらね/甲西市民総合グラウンド/天恵泉ヘルスピア白根・・・他

参考情報:南アルプス市の警察署・市役所の連絡先

  • 南アルプス警察署:南アルプス市十五所759-2「TEL:055-282-0110」
  • 南アルプス市役所:南アルプス市小笠原376「TEL:055-282-1111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がり時の対処方法

南アルプス市(バッテリー上がりトピックス)

バッテリー上がりが起きる場合、ライトの消し忘れや電装装備の過剰追加などの人為的なケアレスミス以外で、バッテリーの劣化や寿命が近づいていれば、電力不足の前兆症状があります。バッテリー上がりが起きた時の適切な対処法を知っていることで、いざという時に慌てなくて済みます。

バッテリー上がり対処方法(1)

バッテリー上がりが起きてエンジンが始動できなくなった場合、ブースターケーブルを使って、他のクルマのバッテリーと接続してエンジンを始動させます。この方法は通称、ジャンピングスタートと呼ばれています。

ジャンピングを行う場合は、相手側のクルマのバッテリーが正常なことが重要です。そして、できればバッテリー上がりを起こしたクルマのバッテリーよりも、容量が大きなバッテリーを搭載したクルマにジャンピングして貰うと安心です。

ジャンピングする時は、救援して貰うクルマはアイドリング状態で、バッテリー上がりのクルマをキースイッチをOFFにします。一番注意しなければいけないことは、12V車は12V車に、24V車なら24V車に、必ず同じ電圧のバッテリー同士をブースターケーブルで繋ぎます。

バッテリー上がり対処方法(2)

バッテリー上がりが起きた時に他のクルマにジャンピングを頼めない場合は、当社の様なロードサービスに救援を頼む対処方法があります。料金はかかりますが専門業者が対応しますので安心でき、エンジンが始動出来た後も気を遣う必要もありません。また、バッテリーが寿命で交換が必要な場合も、その場で新しいバッテリーに交換することも可能です。

バッテリー上がりに備えて、バッテリーチャージャーを車内に積んでおく方もいますが、ブースターケーブルと牽引ロープを常備しておくのも、いざという時に役立つと思います。また、一度バッテリー上がりを起こしてしまうと、バッテリーが弱ってしまい本来の性能を発揮できなくなりますので、その状況によっては早目にバッテリー交換が必要になる場合があります。

ジャンピングでエンジンがかかった時は、バッテリーの充電が必要です。理想的な充電方法は、ガソリンスタンドやカーショップなどで、専用の充電器で充電するのが望ましいですが、最低限の充電方法として30分程走行してからエンジンを停止する様にして下さい。

エンジン始動後は充電が必要

ジャンピングでエンジンが始動できれば一安心ですが、すぐにエンジンを停止してはいけません。バッテリー上がり状態でエンジンが始動できた後には充電が必要です。充電しないと、すぐにまたバッテリー上がりでエンジンがかからなくなってしまいます。

車のバッテリーは、エンジンの回転で発電される電力で充電されています。そのため、エンジンがかかった後はある程度エンジンがかかった状態でバッテリーを充電する必要があります。

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→