北名古屋市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 愛知県 > 北名古屋市

北名古屋市でのバッテリー上がり救援サービス

北名古屋市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

北名古屋市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。北名古屋市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

北名古屋市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で北名古屋市全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

北名古屋市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

北名古屋市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
北名古屋市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

北名古屋市でのバッテリー上がり対応情報

北名古屋市にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

北名古屋市でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

北名古屋市でのバッテリー出張交換にも対応

北名古屋市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

北名古屋市でのバッテリー出張交換にも対応

北名古屋市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

北名古屋市鹿田:長期間放置によるバッテリー上がり救援

出張場所:北名古屋市鹿田にお住いのお客様ご自宅

車  種:トヨタ クラウンマジェスタ

コメント:バッテリー上がりの救援を申し込んでから、バッテリー上がりについて調べていました。このバッテリーを交換してから3年ほど経っていますが、2ヶ月程自宅に帰れませんでしたので、その間は車のエンジンを一度もかけていませんでした。

長期間放置がバッテリー上がりの原因だと思いますが、とりあえずはエンジンを始動してもらってから様子を見てみたいと思います。今日以降は毎日車を運転することになりますので、バッテリー交換が必要かどうかについてはバッテリーの状況を見ながら決めたいと思っています。

バッテリーケーブルを持っている知り合いもいましたが、車庫に前向きで駐車しており、バッテリーケーブルが届かず、エンジンがかからない状態で車の移動も大変なので、バッテリー上がり救援サービスに申し込みました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーが原因でエンジンがかかり難くなる主な原因

バッテリー上がり以外でエンジンがかからない原因

車のエンジンがかからない、エンジンは何とかかかったが、かかりが悪かったという様な経験をすることがありますが、バッテリーの状態が影響している場合が多いです。

車のエンジンを始動するためには、セルモ-ターを動かすための電気が必要ですが、エンジン始動に必要とされる電気量が、バッテリーに蓄えられた電気量を上回ってしまうと、エンジンがかからなくなったり、かかり難くなったりします。

この様な状態になることを「バッテリー上がり」と言います。バッテリー上がりは、ライト類の消し忘れや車の長期間放置による充電不足で起こる場合も多いですが、バッテリーの寿命やメンテナンス状態が原因になっていることもあります。

エンジンのかかり具合やライト類の明るさ、パワーウィンドウなどの電装品の動きにパワー不足を感じた場合は、バッテリーの状態を点検すると良いでしょう。

バッテリーが原因のバッテリー上がり

バッテリーは放電と充電を繰り返していますが、何らかの原因で充電効率が悪いとバッテリー上がりになる恐れがあります。

バッテリーの寿命によるもの

一般的にバッテリーの寿命は2~3年と言われていますが、使用状況によっては4年以上も使える場合も多いですので交換時期の判断が難しい場合もあります。ガソリンスタンドや整備点検の際にバッテリー交換を勧められても、何の異常も感じていない状態で交換してしまうのも決断が難しいと思います。

バッテリー上がりの前兆が確認できる場合もありますが、古いバッテリーを使い続けていると突然エンジンがかからなくなってしまうことがあります。そのため、一般的なバッテリーの寿命期間を過ぎてからは、日頃からバッテリーの状態にも気を配った方が良いでしょう。

バッテリーターミナルの腐食による接触不良

バッテリー本体の中は、バッテリー液と呼ばれる専用の液体で満たされていますが、バッテリー液の入れ過ぎや経年劣化によって、バッテリー液が流出してしまう液漏れが起こる場合があります。そして、液漏れによってバッテリーターミナルが腐食する場合がありますが、腐食が原因でターミナル部で接触不良が起きてしまうことがあります。

接触不良はバッテリーから電力を供給する時だけでなく、充電効率も悪くしてしまいますのでバッテリー上がりの原因になります。

バッテリー液の不足

バッテリー液は、充電に伴い一部が気化してしまうため、液漏れだけでなく「液量不足」にも注意する必要があります。規定の液量よりも減ってしまうと性能が低下してしまいますので、十分に充電できない状態になりバッテリーの消耗が早くなってしまいます。

バッテリー容器の密封性が高い「メンテナンスフリーバッテリー」は、バッテリー液の補充や比重のチェックなどはできません。しかし、インジケーターを備えているものも多いですので、そのインジケーターで充電不足や液不足を点検することができます。メンテナンスフリーと言っても定期的な点検は必要です。

気温の影響

冬場など気温が低くなるとバッテリーの性能が低下してしまい、気温の低下が原因でバッテリーが役割を果たせず、バッテリー上がり状態になることがあります。レジャーや旅行、引っ越しなどで冬の時期に寒冷地に行った時などは、バッテリー上がりにご注意ください。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→