千種区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 愛知県 > 名古屋市千種区

千種区でのバッテリー上がり救援サービス

千種区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

名古屋市千種区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。千種区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

名古屋市千種区にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で千種区内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

千種区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

千種区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
千種区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

千種区でのバッテリー上がり対応情報

千種区にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

千種区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

千種区でのバッテリー出張交換にも対応

千種区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

千種区でのバッテリー出張交換にも対応

千種区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

千種区今池:バッテリー寿命が近づいた状態でバッテリー上がり

出張場所:名古屋市千種区今池の有料駐車場

車  種:トヨタ ハイラックスサーフ

コメント:2週間前にバッテリー上がりになり、エンジンがかからなくなりました。その時は半ドアで室内灯が消し忘れ状態になっていたのが、バッテリー上がりの原因でした。自宅には父が購入してあったバッテリーの充電器があったので、十分充電してエンジンがかかる様になったのも確認しました。

先程コインパーキングから出るためにエンジンをかけようとしたのですが、エンジンがかかり難くセルモーターの回り方も弱々しくなってエンジンはかからなくなりました。もう古いバッテリーなので、先日のバッテリー上がりで急激に劣化してしてしまったのかも知れません。

ここでバッテリー交換してもらうことも考えましたが、とりあえずジャンピングでエンジンをかけてもらって、そのまま自宅に帰ろうと思います。バッテリー交換を自分でやってみたいので、父に教えてもらいながら交換作業をしてみたいと思います。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

クルマ用バッテリーの役割と充電の仕組み

クルマ用バッテリーの役割と充電の仕組み

クルマのトラブルで多いのはバッテリーに関係するものですが、バッテリーが寿命になり機能が発揮できなくなったり、バッテリー上がりを起こすと、エンジン始動ができなくなり大変困ることになります。クルマにとって重要な役割があるバッテリーですが、電気の供給や充電を繰り返しながら絶えず働いています。

バッテリーの役割

クルマには様々な部品が使われていますが、クルマの部品には電気を必要とするスターターモーターやヘッドライト、ウィンカーやパワーウィンドウなど、多種多様の電装品も使われています。そのため、現在のクルマは電装品なしでは成り立たないとも言えます。バッテリーはクルマのあらゆるシステムに電力を送るための電源ですが、電力を蓄えておくこともできる蓄電池です。

バッテリーの最も重要な役割は、エンジンをかけるための電力を供給することです。ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどのクルマは、自力でエンジンを始動することができません。エンジンを始動する時は、バッテリーの電気を使ってスターターモーターを回転させて、エンジンを始動するためのきっかけを作っています。エンジンをかける時にキーを回したり、エンジンスタートボタンを押すと、エンジンが始動する直前に音がしますが、その音がスターターモーターが回転する音です。

バッテリーは電力を蓄えておくこともできますので、日本語で「蓄電池」とも表現できますが、乾電池などの普通の電池とは異なり、電気を消費した後も充電することによって繰り返し使うことができます。スマホやノートパソコンなども充電しながら使っていますが、電化製品の場合はコンセントから充電します。

しかし、クルマの場合は発電機(オルタネーター)が搭載されていますので、エンジンの力で発電機を動かして電気を作ります。発電した電気を電装品に供給しますが、余った電気でバッテリーは充電されています。発電した電気だけでは足りなくなると、バッテリーに蓄えられている電気で補填しています。

昔と比べればバッテリーの性能も向上していますが、クルマに使われる電装品も増えています。使っている電装品が多ければ、当然電力消費もそれだけ多くなり、バッテリーの劣化も早くなってしまいます。バッテリーを長持ちさせるためには、慢性的な充電不足状態を続けないことがポイントです。

クルマの多種多様化とバッテリー

バッテリーの重要な役割は、エンジン始動時の動力源と電装品への電力供給ですが、ハイブリッド車やアイドリングストップ車など、クルマの多種多様化にともない、バッテリーの種類も増えています。

最近の省エネ車は、燃費向上のために必要以上に発電しない仕組みになっています。ある一定量まで充電すると発電をストップし、一定量に足りなくなると充電を再開するという「充電制御」を行って燃料消費を抑えています。

アイドリングストップ車は、信号待ちなどで停止するとエンジンがストップしますが、短いサイクルで放電と充電を繰り返しますので、効率よく短時間で充電できる仕様のバッテリーを搭載しています。また、発進する時の力をモーターでアシストするハイブリッド車も多くなってきています。ハイブリッド車は駆動用のバッテリーの他に補機バッテリーが搭載されているケースが多いですが、補機バッテリーがガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどのクルマに搭載されているバッテリーと同じ様な働きをしています。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→