名東区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 愛知県 > 名古屋市名東区

名東区でのバッテリー上がり救援サービス

名東区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

名古屋市名東区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。名東区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

名古屋市名東区にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で名東区内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

名東区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

名東区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
名東区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

名東区でのバッテリー上がり対応情報

名東区にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

名東区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

名東区でのバッテリー出張交換にも対応

名東区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

名東区でのバッテリー出張交換にも対応

名東区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

エンジン停止状態でDVD鑑賞中にバッテリー上がり

出張場所:名古屋市名東区八前のコンビニ敷地内駐車場

車  種:日産 ノート

コメント:クルマの運転免許を取得してから運転にも少し慣れてきたので、友達を誘ってドライブ中だったのですが、少し疲れたのでコンビニの駐車場で休憩していました。休憩は車の中でしていたのですが、いざエンジンをかけて出発しようとしたら、エンジンがかからなくなってしまいました。

クルマにはあまり詳しくないので、昔はクルマいじりが好きだったという父親に電話して、どうしたら良いか相談したところ、多分バッテリー上がりだと言っていました。駐車中にエンジンをストップした状態で、DVDを観ていたのがいけなかったのかも知れません。

静岡から来たのですが、今日は名古屋に宿泊する予定なので困ってしまいましたが、父親が出張でバッテリー上がりに対応してくれるロードサービスがあることをパソコンで検索して調べてくれました。それで出張でバッテリー交換にも対応してくれるそうなので、バッテリーも古いので交換するように言われました。

出張バッテリー交換サービス、そしてクレジットカード払いにも対応してくれるロードサービスの業者さんが見つかって本当に助かりました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりでジャンピングスタートした後のアフターケア

ジャンピングスタートした後のアフターケア

クルマのエンジンを始動するためには、バッテリーから供給されるセルモーターを回すための電気が必要です。新車またはバッテリー交換してから2年以内などの保証期間内であっても、ヘッドライトや室内灯などを消し忘れてしまったりすると、バッテリー上がりを突然起こしてしまうことがあります。

バッテリー上がり状態では、どんなにセルモーターを回そうとしても、スタートボタンを押してもエンジンをかけることはできません。バッテリー上がり状態では、バッテリーが劣化して寿命を迎えている場合は、新しいバッテリーへの交換が必要ですが、ジャンプスターターや他のクルマのバッテリーから電気を借りてエンジンをかける、「ジャンピングスタート」という手段でエンジンを始動するのが一般的です。

エンジンが始動しても安心してはいけません

クルマのバッテリー上がりは、一番起こりやすい身近な車のトラブルで、当社のロードサービスでも一番多い出動案件です。ジャンピングスタートを行えば、とりあえずエンジンは始動しますが、バッテリーの充電量が足りない状態です。エンジンが始動できたからといって、すぐにエンジンを停止してしまうと、再びエンジンがかからなくなる可能性が高いです。

ジャンピングスタートでエンジンが始動できた後は、しばらくはエンジンをかけた状態で、オルタネーターの発電によって、十分にバッテリーを充電する必要があります。

エンジンの回転数が2000回転以上で走ると効率よく充電

オルタネーターの発電量は、エンジンの回転数によって変わります。アイドリング時のエンジン回転数は、一般的に1000回転くらいですが、アイドリング状態ではエンジンの回転数が低いため効率よく充電が進みません。効率よく確実に充電するためには、2000回転以上で走行充電すると良いでしょう。オーディオやエアコンなど、電装品をあまり使わずに渋滞道路を避け、流れの良い郊外の道などを選んで少なくても30分以上、できれば1時間以上は走行充電すると安心です。

但し、バッテリー上がりを起こしてしまうと、バッテリー自体がかなりのダメージを受けてしまいます。バッテリー上がりを起こす前にバッテリーが劣化していた状態だった場合、走行充電を十分にしてもなかなか元通りの元気を取り戻せない場合もあります。バッテリーを使い始めてから保証期間の2~3年以上を経過している状態でバッテリー上がりを起こしてしまった場合は、整備工場やカーショップなどで、バッテリーのコンデションを点検した方が良いでしょう。

もし、バッテリーのコンデションを点検してもらった結果、バッテリーが劣化しているため交換した方が良いとアドバイスされた場合は、早めに新品のバッテリーの交換することをお勧めします。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→