名古屋市中村区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 愛知県 > 名古屋市中村区

名古屋市中村区でのバッテリー上がり救援サービス

中村区でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
中村区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

名古屋市中村区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。中村区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

名古屋市中村区にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

中村区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
中村区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

中村区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

中村区でのバッテリー上がり対応情報

中村区にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

中村区でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

中村区でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:中村区の警察署・市役所の連絡先

  • 中村警察署:名古屋市中村区椿町17-9「TEL:052-452-0110」
  • 中村区役所:名古屋市中村区竹橋町36番31号「TEL:052-451-1241」

中村区でのバッテリー上がり救援対応事例

中村区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

中村区中村町:ヘッドライト消し忘れによるバッテリー上がり

出張場所:中村区中村町のコンビニ駐車場

車  種:トヨタ クラウン

コメント:久しぶりに友人と会うため静岡から来たのですが、かなり早い時間に待ち合わせ場所に到着してしまったため、コンビニの駐車場を借りて仮眠していました。今日は暑くもなく寒く、エンジン音も気になりましたので、エンジンを停止して仮眠していました。

しばらく眠っていたのですが、少し寒くなってきたのでエンジンをかけて車内を暖めようとしたのですが、ヘッドライトを消し忘れていたため、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなってしまいました。

バッテリーは半年ほど前に自分で交換したので、ジャンピングでエンジンがかかかれば大丈夫だと思います。ヘッドライトの消し忘れでバッテリー上がりになることが多いみたいですが、まさか自分がヘッドライトの消し忘れでバッテリー上がりになってしまうとは思ってもみませんでした。

早朝に慣れない土地でバッテリー上がりになりましたが、ジャンピングで出張してもらえるロードサービスが利用できて良かったです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの主な原因

バッテリー上がりの主な原因

車がバッテリー上がりでエンジンがかからなくなる原因はいくつか考えられますが、日頃から気を付けていれば避けれるものから、気温や季節などの環境的な要因など様々です。

バッテリーは高価な部品ですので、できれば長持ちさせたいものです。どのような原因でバッテリー上がりが起きてしまうかを知っていることで、突然のバッテリー上がりを回避することも可能ですが、主なバッテリー上がりの原因として、以下の様な原因でバッテリー上がりになることが多いです。

ライトの消し忘れ

車にはヘッドライトやスモールランプ、ハザードランプや室内灯などのライト類が装備されていますが、ライトの消し忘れによるバッテリー上がりは、特に件数の多い原因となっています。
バッテリーはエンジンがかかっている状態で充電されていますが、エンジンを切った状態ではバッテリーの電力が消費されるだけの状態が続いてしまいます。そのため、エンジンを切って車から離れる際には、ライトがすべてOFFになっているかを確認することが大切です。

また、エンジン音が気になったり、ガソリン節約のためにエンジン停止状態でオーディオなどを使用していると、やはり電力だけが消費される状態が続いてしまうので注意が必要です。

バッテリーの寿命

一般的に車のバッテリーの寿命は、2年~3年と言われておりますが、車の使用状況や環境によっては一般的な寿命よりも長く使えたり、早く寿命を迎えてしまう場合もあります。短い距離の繰り返しばかりで、バッテリーを十分に充電できるほど距離を走らないことが多い場合や、電力消費が多い夜間走行や渋滞道路を走る機会が多い場合などは、寿命が短くなる可能性が高くなります。

アイドリング状態でヘッドライトが暗くなる、パワーウィンドウがスムーズに動かない、エンジンがかかり難いなどの兆候が現れたら、バッテリーの寿命が近づいていると考えられます。このような兆候が現れた場合は、突然エンジンがかからなくなることもありますので、早急にバッテリーの点検や交換を行った方が良いでしょう。

自然放電

セキュリティシステムなど、電装品の中にはエンジンがかかっていない状態でもバッテリーの電力を消費しているものがあります。自然放電というもので消費する電力は僅かですが、エンジンをかけない状態が長く続けば、バッテリーは上がってしまいます。

車を長く放置したままにせず、車に乗る機会がない場合でも定期的にエンジンをかけて、バッテリーを充電することがバッテリー上がりの防止策になります。

気温や季節など環境によるもの

バッテリーに負担がかかる気温や季節などの環境も、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなる原因として考えられます。特にバッテリーは温度の変化に弱く、気温が低くなる冬の季節に性能が低下する傾向があります。

また、気温が高くなる夏の季節には、エアコンの使用がバッテリーに大きな負担をかけます。特に渋滞道路を運転中はブレーキランプを多用し、バッテリーが効率良く充電されるエンジン回転数が続きませんので注意が必要です。実際に冬の寒い時期や夏の暑い時期に、バッテリー上がりになるケースが多い傾向がありますのでご注意ください。

中村区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
中村区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→