エンジンがかからない時の原因の判断

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり > エンジンが始動できたら走行充電

エンジンがかからない原因の判断

エンジンがかからない

自動車・オートバイ・原付バイクなどのエンジンがかからない時は、大体の原因はバッテリー上がりですが、バッテリー上がりに何度か遭遇した方は、車両の状況や症状からすぐに判断できると思います。

しかし、初めてバッテリー上がりでエンジンがかからなくなってしまった場合、本当にバッテリー上がりなのか? 判断に困ってしまうと思いますので、エンジンが始動出来なくなってしまった場合の参考にしてみると良いと思います。

バッテリー上がりの場合、エンジンを始動する時にセルの回転が弱々しくてエンジンがかからない場合、全ての電装品(ライト・エアコン・ナビなど)をオフにして、数分経ってから再度始動させてみると、バッテリーの負担が軽減してエンジンがかかる場合もあります。

バッテリー上がりの原因を特定

セルを回してもエンジンがかからない時は、まずは何故エンジンがかからないのか原因を特定することが大切です。エンジンがかからないからといって、すぐにバッテリー上がりが原因と決め付けない方が良い場合もあります。発電機やエンジンなどが故障している場合や、一度エンジンがかかったのにすぐストップしてしまう場合は、ガス欠が原因の場合もあります。

バッテリー上がりが原因の特定方法ですが、キーやスターターボタンでセルモーターを回した時の作動音を確認してください。キーを回した時に通常であれば、数回クランキング音が聞こえた後にエンジンが始動しますが、そのクランキング音がいつもと違って弱々しい場合には、バッテリー上がりの可能性が高いです。

また、キーをひねってセルモーターを回しても、セルモーターが全く作動しない場合ですが、バッテリーの放電がかなり進行していることが考えられます。この場合、キーをオンの位置まで回した時に、メーターパネル内の各チェックランプが点灯するか確認してみてください。チェックランプの光り方が弱い場合は、バッテリーがかなり放電していますので、エンジンが始動できない原因は、バッテりー上がりです。

チェックランプすら点灯しない場合や、エンジンがかかってもすぐにエンストしてしまうという場合は、バッテリー上がり以外の原因で、配線の断線などの不具合やセルモーター、ヒューズ、リレー、燃料系統など様々なトラブルが考えられます。

トピックス一覧へ

バッテリー上がりやレッカー移動が必要な場合は、急な出費になると思いますが、クレジットカードをご利用いただけますのでご安心下さい。


日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS 受付

バッテリー上がり救援の詳細

業者選びは電話品質と安心の適正価格
ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→