バッテリー上がりの症状と寿命の判断

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり > バッテリー上がりの症状と寿命

バッテリー上がりの症状と寿命

バッテリー上がりの症状と寿命

自動車やバイクのバッテリーは、普通の乾電池と同じ様に消耗品ですので、長く使っていれば、やがて寿命になり使えなくなります。バッテリーの消耗は徐々に進みますので、なかなか実感する機会は少ないですが、バッテリーの寿命は、その使用状況にもよりますが、2~3年で寿命を迎えることが多いと言われています。

自動車やバイクのバッテリーが消耗して、寿命が近づくと特有の症状が現れますので、その症状を知っておくことで、突然のバッテリー上がりや、お出かけ先でのバッテリー上がりに遭遇してしまうことを回避することが出来ます。

1.エンジンをかける時、セルモーターの回りが重くなってくる。

エンジンをかける時は多くの電気が必要になりますが、セルモーターの回転音の間隔が長くなってきたり、重々しくなってきたら要注意です。バッテリーが上がってしまうと、「カチッカチッ」という様な音だけしてエンジンがかからなくなります。

ヘッドライトやスモールライト、ルームランプの消し忘れなど、単なる放電によるバッテリー上がりの場合は、バッテリーを充電すればある程度バッテリーは回復します。バッテリーの寿命でなければ、エンジン始動後に30分程度走行すれば、バッテリーは当分の間は使用できると思います。

2.ウインカーやパワーウインドウなど、電気系機能が低下してくる。

ヘッドライト・ウィンカーやパワーウィンドウなどの調子が悪くなってきます。

3.バッテリーの外観

密閉タイプのメンテナンスフリーバッテリーは、液の量を確認できないため、もし上記のような症状があった場合は、修理工場やスタンドで電圧や容量を点検してもらいましょう。


当店は3つの安心を宣言します。
【平等品質】全てのお客様に平等で適正なサービスを提供します。
【請負責任】施工中の事故、例えば作業員がガラスを誤って割ってしまった場合なども保険加入済みで安心。
【安心保証】施行後の不具合は無償で保証修理致します。

トピックス一覧へ

バッテリー上がりやレッカー移動が必要な場合は、急な出費になると思いますが、クレジットカードをご利用いただけますのでご安心下さい。


日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS 受付

バッテリー上がり救援の詳細

業者選びは電話品質と安心の適正価格
ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→