渋谷区千駄ヶ谷でのバッテリー上がり対応

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり > 渋谷区千駄ヶ谷でのバッテリー上がり対応例

東京都渋谷区千駄ヶ谷でのバッテリー上がり対応例

ジャンピングでエンジン始動

バッテリー上がりの原因で一番多いのは、バッテリーの劣化や寿命によるもので、突然エンジンがかからなくなってしまった時に気付く時が多い様です。バッテリーが劣化したり寿命が近づくと、エンジンをかける時にセルモーターが回転する音が弱々しかったりするので、バッテリーの交換時期を判断する目安にすると良いと思います。

その他にもバッテリーの交換時期を判断する方法はありますが、バッテリーが上がってしまいオートバイ、原付バイク、自動車のエンジンがかからなくなってしまった場合はお気軽にお電話下さい。ご依頼のあった住所近くのエリア担当がすぐに駆けつけて、ジャンピングでエンジンを始動します。


下記は東京都渋谷区でのバッテリー上がり対応の事例です。

現場住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷

依頼内容:ホンダステップワゴンのバッテリー上がりのご依頼があり、ご依頼の現場に急行してジャンピング工具にてエンジンを始動しました。エンジン始動後にバッテリーの電流検査を行なった結果、バッテリーの劣化による寿命が原因でしたので、バッテリー交換を急いで行うようにご案内して作業を終了しました。
開店まで1時間ほど時間がありますので、このままカーショップに行ってバッテリーを交換しようと思います。とお客様がおしゃっておられました。

作業に要した時間:8:46~8:56(10分)

コメント:バッテリーは突然上がってしまうことがあります。エンジンをかける時に「音や感覚が今迄と少し違うな?」と思ったら、バッテリーが弱っている兆候です。この様な症状が現れた時は、早めにバッテリーの点検をすると良いでしょう。

トピックス一覧へ


日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS 受付

バッテリー上がり救援対応の詳細

業者選びは電話品質と安心の適正価格
ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→