バッテリーのトラブルの「バッテリー上がり・寿命・不良」

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > トピックス > バッテリー上がり、寿命、不良

バッテリー上がり、寿命、不良の違い

古いバッテリー

エンジンが始動できないなど、バッテリーのトラブルは「バッテリー上がり」「バッテリー寿命」「バッテリー不良」の3通りに分類できます。

ライトやルームランプの点け忘れなど電気の使用量がバッテリーの充電量を上回って生じる充電不足の状態を「バッテリー上がり」、長期間(3~4年以上)使用した場合など、経年劣化による電気容量の低下を「バッテリー寿命」と言います。

「バッテリー上がり」では、充電器で充電する事により電気容量を回復することができますが、「バッテリー寿命」になった場合は、化学反応出来る極板が劣化している為、充電器で充電してもバッテリーの電気容量はほとんど回復できません。

バッテリー上がり

過放電や充電不足により電気を十分に蓄えていない状態ですが、充電する事で性能及び電気容量の回復が見込めます。

バッテリー寿命

劣化により化学反応出来る極板が十分に残ってない状態で、充電しても十分に電気を蓄える事が出来ず、すぐにバッテリー上がりが再発します。

バッテリー不良

部品や構造上の問題で、正常な化学反応が起きない為、充電そのものができません。

下記の様な場合、バッテリー上がりの原因となり、バッテリー上がりが起きやすくなります。

放電過多

充電不足

容量不足

バッテリーの製品寿命は、通常2~3年前後と言われてますが、バッテリーの寿命は、製品自体の性能よりもお車のご使用状況に大きく左右されます。一般に充放電の激しい使われ方やバッテリー温度の高い状態での使われ方での状況では、著しくバッテリーの寿命を短くします。

また、車の走行距離(例えば年間5,000km以下)や使用頻度が少ない車の場合は、バッテリーが充電される機会が少ない為、慢性的な充電不足から「バッテリー寿命」よりも先に「バッテリー上がり」が発生するケースが多くなります。

バッテリー上がりの予防としては、車の定期点検時(12ヶ月点検や車検)の時に「整備のついでにバッテリーの補充電」を依頼しておくと、その時点でまたバッテリーの電気容量が満タンになりますので、バッテリーの寿命を延すのには効果的だと思います。

トピックス一覧へ

バッテリー上がりやレッカー移動が必要な場合は、急な出費になると思いますが、クレジットカードをご利用いただけますのでご安心下さい。


日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS 受付

バッテリー上がり救援の詳細


業者選びは電話品質と安心の適正価格
ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!