那覇市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 沖縄県 > 那覇市

那覇市でのレッカー移動サービスに24時間対応

那覇市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
那覇市でのレッカー移動などロードサービス料金
那覇市のレッカー業者

那覇市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

那覇市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、那覇/首里/真和志/空港・小禄地区など那覇市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

那覇市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
那覇市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

那覇市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

那覇市のレッカー移動サービス対応情報

那覇/首里/真和志/空港・小禄地区など、那覇市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

那覇市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

那覇市でのロードサービス(レッカー)対応事例

那覇市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

那覇市首里石嶺町:左前輪が側溝に落ちた車をウインチで引き出し12kmレッカー搬送

出張場所:那覇市首里石嶺町

車種:ホンダ フリード

作業内容:左前輪が側溝に落ちているため、ウインチで引き出し作業を実施して修理工場まで12kmレッカー搬送。

コメント:運転中に居眠りをしてしまい側溝にハマってしまいました。左前輪部分が大破していますので、側溝から引き出してもらっても、タイヤの軸が曲がってタイヤのホイールも変形しているので、自力で走ることができないと思います。

搬送先は以前から付き合いのある車の修理工場までですが、10kmほどの距離をレッカー搬送してもらうことになります。

修理工場には連絡済みです。ボンネットを開けることができたので、エンジンルームを見てみましたが、幸いにもエンジンは壊れていないみたいでした。廃車にはしたくないので修理できれば良いのですが・・・。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

那覇市の警察署・市役所の連絡先

  • 那覇警察署:那覇市与儀1丁目2-9「TEL:098-836-0110」
  • 那覇市役所:那覇市泉崎1丁目1番1号「TEL:098-867-0111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

車のトラブルや事故対応

車のトラブルや事故対応

お出かけ先で車が故障してしまった場合は、ロードサービスに救援依頼するのが一番安心できますが、ロードサービスの救援車が到着するまでの間は、周囲の安全に気を配り二次被害を防ぐためにも、それなりの対処をご自分で行なう必要があります。

何らかの異常を感じた場合は、道路の真ん中で動けなくなってしまったら大変ですので、エンジンが停止してしまう前に他の交通の邪魔にならない安全な場所に車を止めます。路上でエンジンが突然停止してしまった場合は、ハザードランプを点滅させて路肩に停止し再始動を試みてみます。

エンジンが再始動できなくなり車を動かせなくなった場合は、そのままハザードランプを点滅させた状態で、車の後方に非常停止表示板(三角停止板)を置いて、故障車が停止中であることを後続車に知らせます。この時、高速道路の場合は、故障車の100mくらい後方に非常停止表示板を置いて発煙筒も使います。そして車から降り、道路から離れて安全な場所に避難しますが、ガードレールがあればガードレールの外側に避難してロードサービスの到着を待ちます。

走行中にエンジン停止した場合

走行中にエンジン停止してしまうと、メーターパネルの警告灯類が点灯してビックリすると思います。パワーステアリングやブレーキの補助的な機能が失われますので、ハンドル操作やブレーキが非常に重くなります。

滅多に経験しない初めてのことになると思いますが、決して慌てたりパニックに陥ってはいけません。ハンドル操作が重くなりますが、しっかりとハンドルを握り安全な場所に移動してください。また、ブレーキも重くなり一瞬効かなくなった様に感じると思いますが、いつもより力を込めて踏み込めば効きますので慎重にハンドリングとブレーキングを行なってください。

事故を起こした場合

車が関係する事故には、人身事故と物損事故がありますが、どちらの場合でも相手や自分の車の同乗者に怪我人がいないか確認します。怪我人がいる場合は、すぐに119番で救急車を呼び、救急車が到着するまではできる限りの救護措置を行います。そして110番に電話して警察にも連絡しておきます。

水中に落ちてしまった場合

海や湖・川や沼などの水中に誤って落ちてしまったり、大雨やゲリラ豪雨の影響で車の中に浸水する場合もあります。水中に落ちてしまった場合は、すぐにシートベルトを外して車外に脱出します。慌ててシートベルトのロックが外れなくなる可能性もありますので、シートベルトカッターなどを用意しておくと良いでしょう。

また、水没するとドアや窓が開かない場合がありますので、水面より上にあるサイドガラスやリヤガラス(フロントガラス以外)を緊急脱出用ハンマーなどで割って脱出します。どうしてもガラスが割れない場合は、車の中と外側の水圧差がなくなるまで我慢すれば、ドアを開けて脱出する方法を試みますが、車種によってはドアロックを解除するのを忘れないようにしてください。

那覇市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
那覇市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→