佐賀市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 佐賀県 > 佐賀市

佐賀市でのレッカー移動サービスに24時間対応

佐賀市でのレッカー移動などロードサービス料金
佐賀市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

佐賀市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

佐賀市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、佐賀市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

佐賀市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

佐賀市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
佐賀市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

佐賀市のレッカー移動ロードサービス対応情報

佐賀市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

佐賀市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

佐賀市でのロードサービス(レッカー)対応事例

佐賀市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

佐賀市唐人:駐車中にパンクした車両の出張スペアタイヤ交換

出張場所:佐賀市唐人のコインパーキング

車種:トヨタ シエンタ

お客様のコメント:コインパーキングに駐車していたのですが、車に戻った時に助手席側の後輪がパンクしてタイヤの空気が全部抜けていました。スペアタイヤは車に積んであるのですが、自分でタイヤ交換などしたことがありません。

仕事中の父親に電話して、どうしたら良いか相談しましたが、仕事中なのですぐには助けに来れないと言われてしまいました。そして、個人で利用できるロードサービスをネット検索で探して、自宅まで車をレッカー移動しておく様に言われました。

ネットで検索したところ、出張タイヤ交換もしてもらえる様ですが、タイヤ交換が可能であれば駐車場でタイヤ交換をお願いします。もし、ここでタイヤ交換ができない様であれば、自宅までレッカー移動をお願いします。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

佐賀市の警察署・市役所の連絡先

  • 佐賀北警察署:佐賀市高木瀬町大字東高木234-1「TEL:0952-30-1911」
  • 佐賀南警察署:佐賀市本庄町大字本庄155-1「TEL:0952-23-6110」
  • 佐賀市役所:佐賀市栄町1番1号「TEL:0952-24-3151」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

オートマ車は急な坂でのエンストに注意

オートマ車もエンストすることがある

オートマ車はエンストしないと思いがちですが、エンジン故障ではない原因でもエンストすることがありますので注意が必要です。オートマ車のエンストは、特に急な坂道での発進時に起こり易いため、突然のエンストでパニックにならないためにも、どの様な状況でオートマ車がエンストするかを改めて知っておくことも大切です。

急な坂道でのオートマ車のエンスト

マニュアル車は、車速とギアが合っていない場合や、発進時のクラッチミートの失敗でエンストすることがあります。オートマ車は、マニュアル車の様に手動式(足踏み式)のクラッチ操作が必要ないため、クラッチミートの失敗でエンストすることはありません。そのため、オートマ車は絶対にエンストしないので安心と思いがちですが、唯一の例外として「急な坂での発進」でエンストしやすいので注意する必要があります。

急な登り坂で「Dレンジ」に入れた状態で後退したり、急な下り坂で「Rレンジ」に入れて前進してしまった場合にエンストしてしまいます。アクセルを踏み込んでエンジンの力が勝れば、「Dレンジ」や「Rレンジ」で指定した方向に進めます。しかし、アイドリングのエンジン回転数ではその場に留まれない様な急な坂では、エンジンの力が負けてしまい、ズルズルと車が下の方へ進んでしまいます。

車種によっては、坂道での発進をある程度支援してくれる機能を持つものもありますが、急な坂道での発進には注意が必要になります。

エンストした時のハンドルとブレーキ操作への影響

エンストすることは、車の仕組みや構造上などで仕方がない面もありますが、「オートマ車はエンストしない」と思い込んでいるのにエンストした場合は、ドライバーの適切な対処が必要になります。

最近の車には、パワーステアリングやブレーキブースターが装備されていますが、これらはエンジンがかかっている状態で作動するものですので、エンストすると作動しなくなります。電動式のパワーステアリングではなく、油圧式であればエンストしてもハンドル操作に影響はありませんが、現在では電動式のパワーステアリングが大半です。

エンストしてしまうと、ハンドルとブレーキ操作に影響が現れます。ハンドル操作が重くなり、ブレーキも強く踏み込まないといけなくなります。とにかくパニックにならずに落ち着くことが大切ですが、エンストして車が動いてしまったら、ブレーキペダルを思いっきり踏み込んでください。エンストしたことにより、「ブレーキが効かない!」と錯覚してしまう場合もありますが、補助装置が働いていないだけですので、力を込めてブレーキペダルを踏み込めば車は停止します。

どうしても車が停止ない場合は、パーキングブレーキを使ってでも車を停止して、坂道をズルズルと滑り落ちるのを防いで車を停止してください。停止できたらエンジンを再始動しますが、同じ様にエンストしてしまう場合は、パーキングブレーキを使いながらエンジンの回転数を上げて発進すると良いでしょう。

お急ぎのロードサービスはこちら→