早良区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 福岡県 > 福岡市早良区

早良区でのレッカー移動サービスに24時間対応

早良区での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
早良区でのレッカー移動などロードサービス料金
早良区のロードサービス(レッカー移動業者)

早良区でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

早良区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、西新/藤崎/荒江/野芥/四箇田/百道浜/脇山/室見/有田/シーサイドももち/原地区など早良区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

福岡市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
福岡市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

早良区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

早良区のレッカー移動サービス対応情報

早良区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

早良区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

早良区でのロードサービス(レッカー)対応事例

早良区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

福岡市早良区:オートバイ事故車をバイク屋さんまで搬送

出張場所:福岡市早良区西新

車種:オートバイ(ホンダ ホーネット250)

作業内容:ご主人が単独事故を起こしてしまったオートバイを奥様立ち会いでバイク屋さんまで搬送。

コメント:主人が通勤中にオートバイで単独事故を起こしてしまいました。足の感覚がないそうですが電話はできる状態ということでした。救急車で病院に運ばれるので、壊れたオートバイをバイク屋さんまで運んでもらう手配をお願いされました。

主人の怪我の状態も心配でしたが、会社への連絡とオートバイの搬送手配が終わってから病院に来るように言われ、事故を起こした現場に車を運転してきました。オートバイを運んでくれるロードサービスか、レッカー業者さんを探して運んでもらうように言われましたので、スマホですぐに利用できるロードサービスを検索して電話しました。

運んでいただく先のバイク屋さんにも、これから事故で壊れたオートバイを運んでいただくことは伝えてあります。オートバイを運んでいただくバイク屋さんまで、搬送車の後を自分の車で追って行きますのでよろしくお願いします。

信号待ちなどで車を見失ってしまった場合は、バイク屋さんの住所は分かっていますので先に行って結構です。今は主人と電話が通じない状態ですが、バイク屋さんで修理が可能かそれとも廃車になってしまうかを確認しててもらってから病院に向かう予定です。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

早良区の警察署・区役所の連絡先

  • 早良警察署:早良区百道一丁目5番15号「TEL:092-847-0110」
  • 早良区役所:早良区東入部2丁目14-8「TEL:092-804-2011」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

高速道路で車が故障や事故を起こした時の対処法について

高速道路で車が故障や事故

一般道路で運転している車が故障した場合は、何とか車を路肩に寄せて停めることができる場合が多いです。しかし、高速道路では他の車が100km/h近いスピードを出して走っていますので、車外に出るだけでも危険が伴います。

高速道路で故障や事故に遭わないことが一番ですが、故障や事故はいつ突然起きるか分かりませんので、日頃からもしもの時の対処法について意識しておいた方が良いでしょう。

故障した時に行うこと

故障した時はなるべく安全な場所に停車するようにしますが、停車した後の行動がとても大切です。停車した後に車外に出て故障箇所を点検している時や通報しようとしている時など、適切な対処をしないと後続車に跳ねられてしまう場合もあり危険です。

高速道路を走行中に車が故障した時は、パニックに陥りやすいですが慌てないで落ち着くことが大切です。そして、以下の様な対処を行う必要があります。

(1)停止することを後続車に合図して安全な場所に停車

まずはハザードランプを点灯して、後続車に停止することを合図します。そして急ブレーキをかけないように注意して緩やかに速度を落とします。停止する場所は非常駐車帯や路肩になると思いますが、できるだけ安全で広い場所に移動して停車します。

(2)同乗者を避難させ後続車に対しての安全措置

車に同乗していた人をガードレールの外側に避難させますが、できれば車から離れた場所にした方が良いでしょう。その後、発煙筒や停止表示機材を故障して停車した車の50m以上後方に置いて、後続車に停車していること知らせます。発煙筒を使用する場合は、引火の恐れがありますので、必ず燃料漏れしていないことを確認してから使用してください。

(3)運転者も避難して状況を通報

高速道路上で故障箇所の点検や修理をするのは大変危険です。運転者も安全な場所に避難して、110番、非常電話、道路緊急ダイヤル(#9910)のいずれかに故障や事故の状況を通報してください。

非常電話は1km間隔で設置されていますが、非常電話まで歩いて移動する時は十分注意してください。また、携帯電話で通報する場合は、道路脇に場所が分かるキロポスト表示がありますので、その数字を伝えてください。そして、通報した後は何らかの指示がありますので、その指示に従ってください。

三角表示板や停止表示機材の使用方法テスト

車が故障した時や事故に遭ってしまった時は、気が動転してパニック状態に陥りがちです。車を故障や事故で停車している時に使用する三角表示板や停止表示機材は、必ず一度以上は使用方法を事前にテストしておいた方が良いでしょう。また、三角表示板や停止表示機材で安全措置をしないと、故障車両表示義務違反になりますが、イザという時に必要なものですので普段から車に積んで置いてください。

高速道路は車が100km/h近いスピードを出して走行していますので、非常に危険な場所です。故障や事故の時に適切な対処をしないと、最悪の場合は命に関わる場所でもあります。自分の車が故障や事故に遭う場合もありますが、他の車が故障や事故で停車している場合もあります。

高速道路を走行する時は、交通表示板やハイウェイラジオなどで、高速道路の状況を確認しながらスピードをあまり出し過ぎないで安全運転に心掛けることが大切です。

福岡市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
福岡市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→