山形市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 山形県 > 山形市

山形市でのレッカー移動サービスに24時間対応

山形市でのレッカー移動などロードサービス料金
山形市対応のロードサービス

山形市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

山形市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、蔵王温泉/七日/香澄/蔵王成沢/十日/相生/漆山/山寺/青田/小白川/旅篭/江俣/蔵王ジャンプ台/蔵王国定公園/蔵王スカイケーブル/イオン山形北ショッピングセンター/山形蔵王温泉スキー場など、山形市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

山形市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

山形市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
山形市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

山形市のレッカー移動ロードサービス対応情報

山形市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

山形市のロードサービス対応エリア

山形市でのロードサービス(レッカー)対応事例

山形市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援に24時間対応で出張します。

  • 南沼原/駅前/あこや/成沢/南二番/緑/東部/西部/七日/蔵王/長谷堂/山寺/簗沢/柏倉/山辺/中山/松原/大郷/楯山/古館/高瀬/豊田/漆山・・・他
  • 中央/出羽/椹沢/金井/楯山/柏倉/あこや町/肴/蔵王温泉/上町/中野/山形駅前/木の実/村山明治/村山高瀬/村木沢/山寺/東沢/城西/本沢/半郷/諏訪/下条/霞城セントラル/鮨洗/新井田/大森/大野目/山形大学病院内/伊達城・・・他

山形市内の上記および周辺地域のロードサービス対応・・・お任せ下さい!

山形市内のレジャー先や各施設へもレッカーサービス緊急出動します!

  • 山形市役所/蔵王温泉大露天風呂/蔵王体育館/楯山・滝山・出羽・村木沢・本沢・金井・飯塚・椹沢・東沢・高瀬・明治・大曽根・山寺・大郷・南沼原・蔵王・鈴川・千歳コミュニティセンター
  • 山形美術館/山形市陸上競技場/山形市野草園/山形市産業歴史資料館/山形市立図書館/鋳物町運動広場/山形市郷土館/山形市民会館/山形テルサ/立谷川運動広場/蔵王ジャンプ台
  • 山形市総合スポーツセンター/あかねヶ丘陸上競技場/山形市野球場/蔵王国定公園/霞城公園/馬見ヶ崎プールジャバ/蔵王体育館/蔵王スカイケーブル/山形蔵王温泉スキー場
  • 蔵王ロープウェイ/蔵王温泉/山形城址/山形美術館/西成沢公園/霞城セントラル/面白山高原スキー場/鴫の谷地沼/山形市少年自然の家スキー場/ドッコ沼/やまぎんこども館
  • バイパスつり堀/若宮公園/イオン山形北ショッピングセンター/イオン山形南ショッピングセンター/ファミリーボウル/能登屋蔵王温泉本店/ムービーオンやまがた映画案内
  • NANA BEANS/産業科学館/西蔵王公園/馬見ケ崎さくらライン/ソラリス/フォーラム山形/子育てランドあ~べ/namcoイオンモール/MOVIE ON やまがた/シベール ファクトリーパーク・・・他

山形市内の駅周辺や沿線地域でのレッカー移動ご依頼にもスピード対応します!

  • 山形/羽前千歳/漆山/東金井/蔵王/南出羽/高瀬/楯山/山寺/面白山高原駅

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

ATレバーの動作時のショック

ATレバーの動作時のショックが大きくなってきたと感じた時は、ATF(オートマチックトランスミッションフルード)の容量不足や劣化の疑いがあります。

ATFは自然に減るものではありませんので、規定量よりも少なくなっている場合は、どこかで液漏れが発生している可能性がありますので、すぐに整備工場などで点検する必要があります。

また、長い間ATFを交換しないでいると、本来の性能を発揮できなくなってしまいます。ATFが劣化してくると、シフトチェンジのぎくしゃく感やショックとなって症状が現れて、燃費も悪くなってきます。

ATレバーに異常が発生して、レッカー移動をご依頼になるお客様もいらっしゃいますので、突然のトラブルでお困りにならない様、定期的なATFの液量チェックや定められた期間内での交換を行ってください。ご自分でATFを交換される場合は、間違ったATFを使用しない様に注意して下さい。

ATFには種類があり、自動車メーカーごと、車種ごとに適用するATFは異なります。取扱説明書などに指示されている正しいATFを選択せずに、異なる種類のATFを使ってしまった場合には、シフトアップやダウンが正常に行われないなどAT機構に不具合が発生する可能性もあります。

お急ぎのロードサービスはこちら→