車のオーバーヒート故障

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカーサービス > オーバーヒート

オーバーヒートで故障したら

オーバーヒートで故障したら

昔と比べればオーバーヒートで故障する車は少なくなりましたが、オーバーヒートで自動車が動かせなくなってしまった時は、当社のロードサービスをご利用下さい。お近くの修理工場や販売店、ご自宅など、お客様ご指定の場所にレッカー搬送いたします。

オーバーヒートとは、冷却性能をエンジンの発生熱量が上回ってしまった場合に起きるエンジントラブルで、冷却系やオイル類などの不具合が原因で発生します。また、渋滞時のノロノロ運転や長い坂道での低いギアでの走行が長時間続いた場合などでも、オーバーヒートが発生し易くなります。

オーバーヒートが起きた場合には、周囲の安全を確認しながら他の交通の邪魔にならない場所に停車します。そして、エンジンルーム内の熱が逃げる様、ボンネットを開けてエンジンルームの風通しを良くします。(ボンネットを開ける時は、エンジンルーム内が高温になっていますので、火傷をしない様に十分に注意してください)

エンジンはすぐに止めない

オーバーヒートが起きてからすぐにエンジンを止めてしまうと、冷却水の循環も停止してしまい、冷却水の温度が一気に上昇したり、エンジンオイルの循環も停止し、油膜切れを起こしてエンジンが焼き付く可能性があります。冷却ファンが回っている場合はエンジンをすぐに停止せず、そのままアイドリングの状態でエンジンかけて、エンジンを冷やす必要があります。(ラジエーターキャップは、エンジンが冷えるまで絶対に開けないで下さい。熱湯が飛び散り火傷する危険があります)

オーバーヒートを起こした原因によっては、冷却水の量を確認して再度エンジンを始動することもできますが、可能であれば、そのまま速やかにレッカー搬送サービスの救援を呼び、整備工場でオーバーヒートの原因をきちんと調べた方が良いでしょう。

オーバーヒートの原因としては、冷却水の不足や漏れ、エンジンオイルの不足や漏れなどが考えられます。その他、ウォーターポンプを回すベルトの緩み、ウォーターポンプや冷却用ファンモーター、サーモスタットなどの作動不良をはじめ、ラジエータ内部の冷却液の循環不良などが考えられます。

オーバーヒートしていることに気付かず、そのまま走り続けた場合、走行中にエンストを起こして路上で立ち往生してしまう場合もありますので大変危険です。また、最悪の場合にはエンジン交換ということにもなりかねません。

トピックス一覧へ

バッテリー上がりやレッカー搬送が必要な場合は、急な出費になると思いますが、クレジットカードをご利用いただけますのでご安心下さい。


日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS 受付

レッカーサービスの詳細


業者選びは電話品質と安心の適正価格
ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

ロードサービスの概要説明はこちら→