各務原市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 岐阜県 > 各務原市

各務原市でのバッテリー上がり救援サービス

各務原市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
各務原市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

各務原市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。各務原市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

各務原市全域および各務原市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

各務原市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
各務原市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

各務原市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

各務原市のバッテリー上がり救援対応情報

各務原市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

各務原市のバッテリー上がり救援対応エリア

各務原市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】鵜沼/大佐野/大野/尾崎
  • 【か】各務おがせ/各務西/各務/各務東/各務船山/各務山の前/神置/上中屋/川崎/川島/金属団地/小佐野
  • 【さ】下切/下中屋/新鵜沼台/上戸/須衛/蘇原
  • 【た】つつじが丘/テクノプラザ
  • 【な】那加/成清/入会
  • 【は】東山
  • 【ま】前渡/松が丘/松本/三井
  • 【や】八木山/山脇
  • 【ら】緑苑

※各務原市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

各務原市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 各務原市役所/各務原市産業文化センター/各務原市民会館/川島健康福祉センター/各務原市少年自然の家/いこいの広場・伊木の森/中山道鵜沼宿町屋館/かかみがはら航空宇宙科学博物館
  • 内藤記念くすり博物館/各務原市民プール/各務原警察署/名勝木曽川飛騨木曽川国定公園/日本ラインうぬまの森/各務原スポーツ広場/各務原市民球場/各務原市総合体育館/川島スポーツ公園
  • 世界淡水魚園水族館/岐阜県グリーンスタジアム/各務原市歴史民俗資料館/各務原リバーサイド21/河跡湖/中山道鵜沼宿/皆楽座/エーザイ川島工園/イオンタウン各務原/ピアゴ各務原店
  • イオンモール各務原/アピタ各務原/河川環境楽園オアシスパーク/各務野櫻苑/アクア・トトぎふ/各務野自然遺産の森/いこいの広場・伊木の森/各務原公園/国営木曽三川公園オアシスパーク・・・他

各務原市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 新鵜沼/各務原市役所前/三柿野/六軒/那加/名電各務原/各務ケ原駅
  • 市民公園前/羽場/鵜沼/鵜沼宿/新那加/苧ケ瀬/二十軒/新加納/蘇原駅

参考情報:各務原市の警察署・市役所の連絡先

  • 各務原警察署:各務原市蘇原中央町2丁目1-3「TEL:058-383-0110」
  • 各務原市役所:各務原市那加桜町1丁目69番地「TEL:058-383-1111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

突然バッテリーの寿命が来ることもある

各務原市(バッテリー上がりトピックス)

ヘッドライトやルームランプの消し忘れなどのうっかりミスで、突然バッテリー上がりに見舞われることもありますが、この様なケースでのバッテリー上がりは、ご自分で注意するしかありません。半ドアでのルームランプ消し忘れが心配な場合は、ルームランプのスイチをOFFにしておくと良いでしょう。

技術の進化とともにバッテリーも高性能化しています。そのため寿命が近づいているサインも出にくくなっているため、突然バッテリー上がりでエンジンがかからなくなる可能性もあります。

バッテリーの平均寿命である2~3年経過したら、時々テスターで点検すると良いでしょう。様々なテスターが販売されていますが、整備工場やカーショップでも点検してくれます。場所によってはガソリンスタンドでもバッテリーの点検をしてくれるところがあるかもしれません。

適切にバッテリーの交換時期を把握するためには、バッテリー交換した日にちを記録して、平均的なバッテリーの寿命年数と車の使い方を照らし合わせて、定期的にバッテリーの状態に気を配ることも大切です。カーショップやガソリンスタンドに点検を依頼すると、相手は商売ですので点検結果が信用出来ないと思う方は、車に詳しい知り合いがいれば、代わりに点検してもらったり、点検に付き合ってもらうと良いでしょう。

バッテリーの規格表示

車のバッテリーは規格品ですので、メーカーが異なってもサイズや端子の位置は共通化されています。バッテリーは「75D23R」というようなJIS規格で区別されています。英数字で構成された文字列ですが、この英数字で「バッテリーの性能、短側面のサイズ、長側面の長さ、端子の位置」が分かります。

先頭文字列の2桁「75」はバッテリーの性能を表していますが、数字が大きいほど高性能なバッテリーです。その他はバッテリーの大きさや、+端子がバッテリー上面の左右どちらにあるかを意味しています。バッテリー購入の際は、本体サイズや端子の位置にご注意ください。

電力消費量が多い装備品

エンジンを始動する時に電力を多く必要としますが、夏によく使う電装品といえばエアコンです。エアコン本体のコンプレサーは、エンジンによって動いていますが、送風ファンが電力を消費します。その他にはヘッドライトやブレーキランプも多くの電力を消費します。その様なことからヘッドライトやブレーキランプ、エアコンを上手に使いこなせば、夏のバッテリー上がりを回避する手助けになります。

エアコンの電力消費を少なくするには、送風を少な目にします。オートエアコンであれば設定温度を上げれば、送風ファンの負担を減らすことができます。

ブレーキを踏まない訳には行きませんが、停止している時間が長くなるようであれば、ブレーキを踏みっ放しにするのではなく、パーキングやサイドブレーキを使ってブレーキランプの点灯時間を減らすと良いでしょう。また、ヘッドライトは渋滞道路や長い信号待ちではポジションランプにすれば、電力消費を抑えることができます。更に電力消費を抑えるのであれば、ヘッドライトとブレーキランプをLEDに交換するのも電力消費量の低減には効果があります。

各務原市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
各務原市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→