自動車・オートバイ・原付バイクの長距離搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカーサービス > 長距離レッカー搬送

長距離レッカー搬送サービス

引越しの際に自動車やバイクを長距離搬送する時、事故や故障でご自宅や修理工場に長距離搬送が必要になった場合にご依頼ください。事前にご予約・お見積もりが必要ですが、お気軽にお電話下さい。

事前予約・お見積りでの長距離レッカー搬送は、緊急対応時の長距離レッカー搬送よりも料金がお安くなっています。

車検切れ車の搬送自動車販売店間での車両搬送などにもご利用ください。

長距離搬送・基本料金(例)

東京都→(千葉・茨城・埼玉・神奈川) 15,000円~
東京都 →(仙台・福島など) 30,000円~
東京都→(大阪・神戸など) 50,000円~
東京都→(北海道など) 70,000円~

出張・作業費用込み、税抜の料金です。(要お見積り)

引っ越しする時の自家用車の長距離搬送

引越し"

引越しの時に自家用車がある場合、便利なようですが長距離の引っ越しの場合は、ただでさえ引越しで疲れるのに長距離の運転でさらに疲れて、引越先で荷物の整理をするということを考えただけでもうんざりするなど、かなりの負担になる場合があります。

近い距離の引越しであれば、貴重品やいつも使用しているものを車に積んで運ぶこともできますので、自分で自家用車を運転していくのも良いかも知れません。しかし、ご自分で運転するのは危険も伴いますし、その体力的負担は大変だと思います。

長距離の運転には、体力や運転技術、車の状態などが大きく影響してきますが、移動途中で故障や事故に遭った場合は引越しが中断してしまいます。少しでも不安がある場合は、積載車で運んでくれる業者を手配した方が良いでしょう。

最近は転勤による引越しの際は、自分がいつも運転している自家用車であっても、労災の関係で自分で運転して移動するのを社内規定で禁止している会社もあります。当社の長距離搬送サービスは予約制ですが、24時間受付可能で搬送料金もお安くなっています。長距離の引越しや事故や故障などで車両搬送が必要になった場合は、お気軽にお問い合わせください。

長距離の引越しで車を搬送してもらうメリット

長距離移動の引越しで自家用車を搬送してもらう最大のメリットは、「自分で長距離の運転をする必要がない」ことです。例えば以下の様な引越しをする場合は、300km以上の長距離を自分で運転しなければいけないことになります。

居眠り運転の危険

一日に何時間運転を続けても平気という人もいるのかもしれませんが、あまり疲れない安全な速度での運転であれば、一般の人であれば1日に300kmくらいが限度だと思います。

特に東京から東方向であれば仙台より先、西方向であれば名古屋から先の場合は、350kmを超える移動距離を運転することになります。居眠り運転や事故のリスクが高くなりますので、自分で運転するのではなく車両の長距離搬送サービスを利用した方が良いでしょう。

また、2台以上の車を所有している場合は、1台は家族で交代しながら運転して、もう1台は長距離搬送サービスを利用して輸送してもらうのが良いでしょう。2台を車を別々に運転して移動すると、事故のリスクも2倍になります。

長距離引越し時の人の移動は公共機関で

長距離の引越して自分で車を運転して移動した場合、慣れない長距離の運転で疲れて休憩し、荷物だけ先に到着してしまうケースも考えられます。この様なリスクを避けるためにも、人の移動は公共の交通機関にして、自家用車は長距離搬送サービスを利用するという選択肢もあります。

業者選びは電話品質と安心の適正価格
ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

ロードサービスの概要説明はこちら→