タイヤのパンクやバースト時の出張スペアタイヤ交換サービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカーサービス > 出張タイヤ交換

出張スペアタイヤ交換サービス

タイヤがパンクしてしまったり、走行中にバーストして走行できなくなった場合は、当社のロードサービスをご利用いただけます。タイヤ交換した経験が一度もない、タイヤ交換の作業に自信がないなどの状態でタイヤ交換の作業をしてしまうと、取り付けミスや作業中のミスで二次被害が起きるケースもあります。

タイヤ交換やパンク修理だけで済むはずが、ホイールやボディーの損傷、ボルト切れなどで余計な修理費用が必要になったら大変です。

出張タイヤ交換サービスは、お客様が車に積んでいるスペアタイヤへの交換作業になりますが、どうせディーラーや修理工場などで新しいタイヤと交換することになるのであれば、レッカー搬送をご希望になるお客様もいらっしゃいます。スペアタイヤへの交換ではなく、ディーラーや修理工場などへ搬送希望の際は、お電話でご連絡時にお伝え下さい。

最近販売されている車の中には、ジャッキやスペアタイヤではなく、応急パンク修理キットを積んでいる車種も増えてきました。応急パンク修理キットで対処ご希望の際にも、お電話でご連絡時にお伝え下さい。

道路を走行中にパンクした時など、路肩でのタイヤ交換作業は大変危険です。多少でもご自分でのスペアタイヤ交換作業に不安を感じた時は、当社の出張タイヤ交換サービスをご利用ください。

当社は会員登録が必要ない、いつでも誰でも利用できるロードサービスです。夜間や深夜、早朝も24時間スピード対応いたしますので、タイヤのパンクでお困りの際はお気軽にお問い合わせください。

業者選びは電話品質と安心の適正価格
ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

出張タイヤ交換の内容

走行中にパンクしたら・・・

タイヤがパンクしたら

車を運転中にハンドルが一方向に取られるようになったり、いつもと違う負荷を感じた時は、パンクしてタイヤの空気圧が減っている状態です。ハンドルをしっかりと握り、左にウインカーを点滅させて安全を確かめながら路肩まで辿り着く必要があります。この時に急ブレーキや急ハンドルなどの操作を行ってはいけません。車を制御できなくなる可能性があり大変危険です。

走行中であれば路肩などに停車することになってしまうと思いますが、ハザードランプを点灯した状態で後続車に注意しながら車の外に出てタイヤの状態を確認してください。ハンドルが取られるような負荷を感じた場合は、タイヤの空気がかなり抜けていますので、どのタイヤがパンクしたか分かるはずです。

スペアタイヤへの交換でロードサービスを呼ぶ場合は、三角停止表示板などで安全処置を施してから同乗者も車から降ろして、ガードレールの外などの安全な場所で救援車が到着するのをお待ち下さい。

タイヤがパンクする原因

タイヤがパンクする主な原因は、

タイヤの側面を縁石などに擦り付ける

釘や尖ったガラス片がタイヤに刺さる

タイヤの接地面に釘や尖った鋭利なものが刺さるとパンクすることがよくあります。最近のタイヤは釘などが刺さっても、すぐに空気が抜けてしまうことはありません。しかし、次第に空気が抜けていきパンクに気付くことになります。

走行中に周期的に「カチカチ」音がする場合は、タイヤの接地面に何か刺さっていないか点検します。もし、走行可能であれば、刺さっている釘を抜き取らずにパンク修理ができるところまで、あまりスピードを出さずにそのまま走ってしまうのも良いでしょう。

タイヤの側面を縁石などに擦り付ける

タイヤの側面を縁石などに擦り付けたり縁石に乗り上げたりすると、タイヤがダメージを受けている場合があります。気が付かない内に空気が抜けていきパンクしたりバーストする場合があります。

ホイールのリムが変形している

縁石にタイヤをぶつけたり、穴や段差に落ちた時にタイヤホイールのリム(ホイールの外周部分)が変形して空気が抜けてしまうことがあります。

タイヤの空気圧が適正でない

タイヤの空気圧が低い状態で高速道路を走行すると、タイヤが大きく波打って熱を持ちバーストしてしまうことがあります。空気の入れ過ぎも危険ですが、高速道路を走行する前には必ずタイヤの空気圧を点検した方が良いでしょう。

タイヤ交換のチェックポイント

パンクしたタイヤが擦り減っていたり劣化している場合は、その場でタイヤ交換せずにタイヤ交換できる修理工場などにレッカー搬送した方が効率的です。スペアタイヤに交換して、ご自分でパンクしたタイヤを修理工場に持ち込むよりも早くトラブル回避できます。

パンクしたタイヤが以下の条件に当てはまる場合は、レッカー搬送もパンクした時の対応手段のひとつです。

溝がない擦り減ったタイヤ

タイヤのすり減り具合

車検ではタイヤの溝の深さが1.6ミリ以上ないと不合格になりますが、タイヤの溝が減っているとスリップやすくなって大変危険です。新品のタイヤの溝は約8ミリ程度ですが、3ミリ程度まで溝が減っていると性能が低下して危険ですので、パンク修理ではなく新しいタイヤに交換した方が良いでしょう。

ひび割れや亀裂などのキズ

タイヤの側面や溝と溝の間がひび割れていると亀裂になり、走行中にバーストする危険性があります。ひび割れの原因は経年劣化の場合が多いですが、空気圧不足での走行や道路からの熱や紫外線、縁石に乗り上げたり凸凹道を走った時の衝撃などでもひび割れてしまうことがあります。

使用年数

全く走っていない場合でも、タイヤは劣化して硬くなり傷んでしまいます。4年ほど使い続けているタイヤは、交換を検討した方が良いでしょう。使用年数が分からない場合は、タイヤの側面に製造年週が刻印されていますので確認してみてください。

出張タイヤ交換サービスの料金詳細

出張タイヤ交換サービスの料金:12,000円~(出張費・作業費用込み)(税抜)

夜間作業19:00~23:59 の場合 +3,000円
深夜作業00:00~08:59 の場合 +5,000円
作業に特殊工具を使用時 +2,000円~
狭い駐車場内での作業費用 +2,000円~
高速道路サービスエリアでの作業(高速料金実費) +2,000円~
1BOXカーや外車、国産高級車(3ナンバークラス) +2,000円~
スキー場、海水浴場など僻地での作業にも別途料金 +2,000円~
サービスエリア外での遠距離空車回送料金 1km:
100円~200円

別途料金はそれぞれの現場により異なります。目安として現場到着後作業時間が15分を超える場合、特殊工具を使用した場合は別途料金が発生します。

当店は皆様に安心してご利用頂ける様に、電話対応の時点で適切な料金提示に心掛けております。しかし、現場の状況や天候、高速道路上の危険リスクなど、現場の状況により料金が変動する場合がございます。

また、作業ご依頼後のキャンセルにつきましては、現場到着前であっても一律基本料金が発生します。 【9:00-19:00=8,000円】【19:01-23:59=10,000円】【00:00-08:59=12,000円】
【レッカー車出動時は、各時間7,000円~8,000円割増となります】

業者選びは電話品質と安心の適正価格
ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

ロードサービスの概要説明はこちら→