新潟県でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 新潟県

新潟県でのバッテリー上がり救援サービス

新潟県のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

新潟県自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。新潟県のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

新潟県全域および新潟県の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

新潟県でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

新潟県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
新潟県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

新潟県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

新潟県内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

新潟県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

新潟県のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】阿賀野市/糸魚川市/魚沼市/小千谷市/岩船郡-粟島浦村・関川村
  • 【か】柏崎市/加茂市/五泉市/刈羽郡-刈羽村/北蒲原郡-聖籠町
  • 【さ】佐渡市/三条市/新発田市/上越市/三島郡-出雲崎町
  • 【た】胎内市/燕市/十日町市
  • 【な】長岡市/新潟市/中魚沼郡-津南町/西蒲原郡-弥彦村
  • 【は】東蒲原郡-阿賀町
  • 【ま】見附市/南魚沼市/妙高市/村上市/南蒲原郡-田上町/南魚沼郡-湯沢町

※新潟県内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーになるべく負荷をかけない

新潟県(バッテリー上がりトピックス)

バッテリーは充電不足状態で使い続けると、負荷がかかってしまい長持ちしなくなってしまいます。具体的には、充電されていないエンジンを止めた状態でテレビやオーディオ類、ライトなどを点灯していると、放電状態のみが続いてしまいます。

また、エンジンを始動する時には電気を多く消費しますので、エアコンやテレビ、オーディオ類のスイッチをOFFにして、バッテリーに過度な負荷をかけないようにした方が良いでしょう。

それから、車を購入後に電気を多く消費する電装品を後付けしている場合は、バッテリーの容量が不十分になっている可能性がありますので、現在使用中のバッテリーよりも容量が大きなバッテリーに交換した方が良いでしょう。

バッテリー上がりの予防

バッテリー上がりを防ぐためには、原因の多くであるケアレスミスをなくすのが一番の策となりますので、ルームランプやライト類の消し忘れをしない様に、きちんと確認する癖を付けるだけでもかなり違ってきます。最近は車のドアを閉めても数秒間はルームランプが点灯している車も多くなっていますので、夜などであれば車をドアを閉めてからルームランプが消えるのを確認するなど、半ドアも含めルームランプの消し忘れには特に注意が必要です。

また、バッテリー上がりはケアレスミス以外の原因でも起きてしまいます。バッテリーは消耗品ですので寿命があります。バッテリーの交換時期が迫ってきている症状を自分で見極めなければいけません。そのためバッテリー上がりにつながるような症状(エンジンのかかりが悪い、ヘッドライトが暗い時がある、パワーウインドウの動作が鈍い)などに気を付けておくことが大切になります。

アイドリングストップ車やハイブリッドカー

最近はアイドリングストップ車やハイブリッドカーなどが増えてきて、燃費が飛躍的に良くなってきました。アイドリングストップ車は、信号待ちなどで停車した時に自動的にエンジンが停止し、ブレーキペダルを離すと自動的にエンジンがかかり燃料の消費を制限しています。

アイドリングストップ機能がある車のバッテリーは、充電と放電の繰り返しが多く、バッテリーへの負担が大きいため、従来のバッテリーよりも性能が高いものが搭載されており、バッテリー型式の表示方法も異なります。また、ハイブリッドカーのバッテリーも従来のバッテリーとは、表示が異なる部分がありますので、ご自分でバッテリー交換する時は注意が必要です。

バッテリーの寿命を延ばすために

バッテリーの寿命を延ばす手段はいくつもありますが、バッテリーに負担をかけないようにすることがバッテリーの寿命を延ばすポイントになります。

車のバッテリーの電力を一番必要とするのは、エンジンを始動する時ですので、エンジンをかける時や切る時にひと手間加えるだけでも、寿命を伸ばすことにつながります。例えば、エンジンを切る前にエアコンやカーナビ、ライト類などの電源を切るようにすれば、エンジン始動の際に余計な電力を使わずに済むため、バッテリーの負担を軽減することができます。

また、キーを回してエンジンを始動するタイプの車であれば、いきなりキーをONまで回してしまわずに、ACCの位置で5秒ほど待ってからエンジンを始動するようにすると良いでしょう。こうすることで、ポンプによって燃料がエンジンに送られてくるのを待つことになりますので、始動性が良くなりバッテリーの負担を軽減することができます。

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→