長期間放置する時のバッテリー上がり防止について

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり > 長期間放置時のバッテリー上がり防止

長期間放置する時のバッテリー上がり防止策

長期間放置した自動車

自動車やバイクを使用していない時でも、電力を使用する電装品(時計・カーナビ・オーディオなど)が、バックアップ電源として、バッテリーから供給される電気を常に消費しています。

自動車やバイクを使用していない場合に流れている電気を暗電流と呼ばれています。バッテリーはエンジンを始動することで充電されますので、走行してバッテリーが充電されない状態が長期間続くと、バッテリーに蓄えられている電気がなくなってしまいます。

そして、バッテリー上がりになってしまい、久しぶりに自動車やバイクを利用しようとした時にエンジンがかからなくなってしまいます。

エンジンを始動する時には、多くの電気を必要としますので、バッテリー上がりのほとんどはエンジン始動時に気付くことが多いです。

バッテリー上がりを防止するためにも、最低でも2週間に1度くらいは、エンジンをかけてバッテリーを充電することが必要になります。走行しないでバッテリーアイドリング状態だけでは、バッテリーを充電するために発電するオルタネーターが本来の機能を発揮できません。バッテリーを十分に充電するためには、多少なりとも走行することが必要となります。

諸事情で長期間、自動車やバイクを使う機会がない場合のバッテリー上がり防止として、バッテリーのマイナスターミナルを外して、暗電流による電力の消費や放電を防止するという方法もあります。

バッテリーのターミナルの片方をを外して放置する場合は、間違ってプラスターミナルを外さない様、ご注意ください。プラス側の端子が車体に触れてしまうと、ショートする危険があります。


当店は3つの安心を宣言します。
【平等品質】全てのお客様に平等で適正なサービスを提供します。
【請負責任】施工中の事故、例えば作業員がガラスを誤って割ってしまった場合なども保険加入済みで安心。
【安心保証】施行後の不具合は無償で保証修理致します。

トピックス一覧へ

バッテリー上がりやレッカー移動が必要な場合は、急な出費になると思いますが、クレジットカードをご利用いただけますのでご安心下さい。


日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS 受付

バッテリー上がり救援の詳細

業者選びは電話品質と安心の適正価格
ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→