長期間放置する時のバッテリー上がり防止について

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり > 長期間放置時のバッテリー上がり防止

バッテリーのメンテナンスの基本

バッテリーのメンテナンス

バッテリーのメンテナンスチェックをする場合は、バッテリー液(電解液)の量や各セルの液面の位置や、それぞれのバラツキをチェックします。バッテリー液(電解液)の量は、バッテリーの側面にUPPER(上)とLOWER(下)のラインと、バッテリー液(電解液)の液面の位置(液量)で確認します。

バッテリー液(電解液)の液面が、UPPER(上)とLOWER(下)の間にあれば正常な状態です。但し、最近の車は各機器の構成が複雑になっている為、バッテリーの搭載位置やバッテリー周りの部品などで、電解液量、バッテリー液(電解液)の液面が見難い車種が多くなっています。そのため、チェック作業に苦労する場合もあります。

LOWER(下)ラインを下回り、バッテリー内の電解液が不足している場合は、電極板が露出して酸化してしまい劣化を促進させるばかりか、その露出した電極板にガスが溜まることで静電気発生が原因になり、バッテリーの破裂事故が発生する場合もあり大変危険です。

バッテリー液が不足している時

バッテリー内の電解液が不足している場合は、カー用品店やホームセンターで販売されているバッテリー補充液を補水します。バッテリー液が頻繁に減っている場合は、バッテリーの製品寿命が近いサインでもありますので、バッテリー交換をご検討ください。

バッテリー補充液は透明ですので、水道水と同じ様に見えますが水道水と同じではありません。水道水は不純物を含んでいますので、微量であっても水道水は入れないように注意してください。

メンテナンスフリーのバッテリーについて

メンテナンスフリーのバッテリーは、プラスチック容器(電槽)の密封性が高く、カルシウム合金などを使用して、電解液の蒸発による補充液の補水頻度を少なく済むように設計されています。

メンテナンスフリーのバッテリーには、バッテリーの上蓋(セルキャップ)を持たない密封型(シールドタイプ)もありますが、上蓋(セルキャップ)に電解液の蒸発を防ぐ為の加工が施されているものもあります。

メンテナンスフリーのバッテリーの場合、バッテリー液の補充や比重のチェックはできませんが、その多くは点検用のインジケーターを備えており、そこに充電不足や液不足が表れるようになっています。メンテナンスフリーと言えども、定期的なバッテリー点検は必要です。


当店は3つの安心を宣言します。
【平等品質】全てのお客様に平等で適正なサービスを提供します。
【請負責任】施工中の事故、例えば作業員がガラスを誤って割ってしまった場合なども保険加入済みで安心。
【安心保証】施行後の不具合は無償で保証修理致します。

トピックス一覧へ

バッテリー上がりやレッカー移動が必要な場合は、急な出費になると思いますが、クレジットカードをご利用いただけますのでご安心下さい。


日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS 受付

バッテリー上がり救援の詳細

業者選びは電話品質と安心の適正価格
ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→